ChatGPT APIの使い方!できること・活用事例や料金を抑えるコツも解説

この記事は7分で読めます

「ChatGPTのAPIってどんな使い方があるの?」
「ChatGPTのAPIでできることを知りたい」
そんな方のため、当記事ではChatGPT APIの利用方法や利用事例について解説します。
初めてChatGPT APIで開発を行う方はぜひ参考にしてみてください。

【使い方を知る前に理解】ChatGPT APIとは

ChatGPT APIの使い方を知る前に、基本的な知識を2つの観点から解説します。
–ChatGPT APIとは–
●ChatGPT APIの仕組み
●ChatGPTとの関係

ChatGPT APIの基本的な情報を以下から把握すれば、ChatGPT APIが何であるかがざっくりと理解できるでしょう。
ChatGPT APIの基礎について次の見出しから解説します。

ChatGPT APIの仕組み

ChatGPTのAPIは、ChatGPTを他のアプリケーションと連携させるために用いるインターフェース(連絡装置のようなもの)です。
ChatGPTのAPIを使うと、さまざまな既存のアプリケーションをさらに使いやすくすることができます。
ChatGPTのAPIをどのように使えるかは後段でお伝えするのでぜひ最後までご覧ください。
ChatGPT APIの仕組みがわかったところで、ChatGPTとの違いを確認しましょう。

ChatGPTとの関係

ChatGPTはAIチャットであり、ChatGPTの公式サイト上でしか使えません。
ChatGPT APIはChatGPTの外でもChatGPTを間接的に利用できるので、ChatGPT APIとChatGPTは同じではないのです。
ChatGPTとChatGPT APIの違いがわかったところで、ChatGPT APIのメリットとデメリットを簡単にご紹介します。

ChatGPT APIのメリット・デメリット

ChatGPT APIにはメリット・デメリットが存在します。
–ChatGPT APIのメリット・デメリット–
●メリット
●デメリット

それぞれについて把握し、効率良くChatGPT APIを使えるようにすると良いでしょう。

メリット

ChatGPT APIのメリットは以下です。

利用者の満足度アップ 自動応答システムや条件に応じた文章作成システムを作れば、顧客や社員などがその場で疑問やタスクを解決しやすくなります。
開発の手間削減 ChatGPTに蓄積されているデータを使えば、自社でAIを開発しなくても容易に開発できます。

ChatGPT APIを使って開発を行えば、ユーザーだけでなく開発担当者にとっても便利になることがわかります。
そんなChatGPT APIはメリットが大きいように思えますが、デメリットも存在するので知っておくことが必要です。

デメリット

ChatGPT APIには以下のデメリットがあります。

アプリケーションが重くなる可能性 既存のアプリケーションに別でChatGPT APIのシステムが組み込まれるので、動作に支障をきたす可能性もあります。
セキュリティ上のリスク 入力した情報などは外部に漏れないよう対策されていますが、情報漏洩した際は自己責任です。

ChatGPT APIのデメリットはChatGPTそのもののデメリットと重複する部分もあるので、ChatGPTの使い方から見直すことも有力です。
またすべての作業をAPIによる省力化で対応しようとせず、別の方法も検討してみましょう。
ChatGPT APIのデメリットがわかったところで、ChatGPT APIでできることを見ていきます。

【使い方を知る前に】ChatGPT APIで実現できること

ChatGPT APIを使えば以下のことを実現できます。
–ChatGPT APIで実現できること–
●チャットボットによる自動応答
●文章作成
●翻訳

ChatGPTのAPIでできることを次の見出しからご確認ください。

チャットボットによる自動応答

ChatGPT APIを利用すれば、チャットボットによる自動応答システムを構築できます。
例えば初めてサイトに来訪した人はどこに見たいページがあるか理解していないケースもあるので、ナビゲートするといった具合です。
また、社員やスタッフなどに業務上の不明点が出た際に答えを返してくれるシステム開発も有力な選択肢として考えられます。
このようにChatGPT APIを使って自動応答システムを作成可能です。

文章作成

ChatGPT APIを利用して、次のように特定のシチュエーションに応じた文章の作成もできます。
–ChatGPT APIを利用した文章作成–
・授業や講義の計画
・インタビューや取材の質問
・社内に共有するメモ
・コードの記述解説
・議事録

やや複雑になりがちな文章も形にはめて作ることができ、一から考えるよりも手間が削減できるでしょう。

翻訳

ChatGPT APIでは、さまざまな翻訳も可能です。
–ChatGPT APIを利用した翻訳–
・外国語の翻訳
・プログラミング言語の翻訳

プログラミング言語の中でも、Phytonのソースコードにバグが発生している場合は修正も可能になっています。
このようにChatGPT APIを使うと多様な翻訳が利用可能です。

ChatGPT APIの料金

ChatGPT APIの料金について以下2観点から解説します。
–ChatGPT APIの料金–
●従量課金制
●安くするコツ

ChatGPT APIの料金システムを理解しておかないと、高額な請求に驚いてしまうかもしれません。
損をして後悔しないよう、ChatGPT APIの料金を次の見出しからご確認ください。

従量課金制

ChatGPT APIは以下のような従量課金制をとっています。

GPT-3.5 Turbo GPT-4 Turbo
・入力:0.0015ドル
・出力:0.002ドル
・入力:0.03ドル
・出力:0.06ドル

ChatGPT APIにユーザー登録をすると、別途5ドル(18ドルとの情報あり)分のクレジットが無料で付与されます。
英語と日本語ではトークンあたりの字数が変わってくるので注意が必要です(後述)。

安くするコツ

ChatGPT APIの料金を安くするには、次のような方法の実践をおすすめします。

安くする方法 解説
過去のやり取りを制限する 過去のやり取りもトークン消費量としてカウントされるため、回数を2〜4程度に制限する。
英語でリクエストを行う 日本語は1字あたり2〜3トークン消費する一方、英語は1字が1トークン程度なので確実に料金を安くできる。
質問・要求は簡潔に 使用者の文章が長くなると入力のトークンが多くなる。
多すぎる業務をAPIに委ねない 自動化・省力化できる業務のみをAPI経由で行う

便利なChatGPT APIだからこそ、費用面の管理はしっかりしておきたいものです。

「ChatGPT APIなど事業にかかった費用はどう記録すればいいの?」
こんな方は以下の記事をご覧ください。
帳簿のつけ方について、迷いやすい複式簿記の方法を解説しています。
特に経理まですべて一人で行うことが多い個人事業主の方は必見です。
※「Webライター」という文言が出てきますが、Webライターでなくともご参考いただけます。

Webライター向けに帳簿のつけ方を解説!仕訳・勘定科目・借方・貸方とは?

【「お金の記録」系関連記事】
【無料・WEBライター必見】青色申告にエクセル帳簿のテンプレートを活用しよう
【裏ワザぶっちゃけ】個人事業主の節税方法!経費計上のコツ・青色申告など
Webライターが節税するコツ!経費計上・副業・事業所得・青色申告のあれこれ
副業サラリーマンにおすすめの節税方法!赤字の確定申告・注意点など
【選び方・無料あり】個人事業主におすすめの会計ソフトランキング5選!
Webライターの経費とは?賢く節税して収入をMAXに!按分のやり方は?
確定申告で間違えたらどうなる?間違い後に連絡くる?対処法・よくあるミス・罰則など

ChatGPT APIの始め方

ChatGPT APIは以下の要領で初期設定を行います。
–ChatGPT APIの始め方–
①アカウントを開設する
②APIキーを取得する

ChatGPT APIの始め方を次の見出しから解説します。

①アカウントを開設する

ChatGPT APIを使う前に、まずはOpenAIのアカウントを開設します。
にアクセスして「Get started」をクリックすればアカウント作成の画面が出てくるので、後は指示に従ってください。

②APIキーを取得する

ChatGPT API利用のためにOpenAIのアカウントを作成できたら、APIキーを取得します。
画面右上(デバイスや環境によって異なる場合あり)にある「+Create new secret key」をクリックすればAPIキーを発行可能です。
APIキーは一度しか表示されないので、必ず保存してください。
ChatGPT APIのキーが取得できたら、いよいよプログラミング言語で利用できます。

【Phyton】ChatGPT APIの使い方

ChatGPT APIをPhytonで利用する方法を解説します。
–ChatGPT APIの使い方–
①APIを登録する
②設定する

Phytonに慣れていればChatGPT APIの設定はそれほど難しい作業ではないので、以下からサクッとご確認ください。

①APIを登録する

ChatGPT APIをPhytonで使う場合、まずはライブラリをインストールします。
ターミナルでコマンドを実行するとインストール可能です。

!pip install openai
import open ai

さらに以下のコマンドを実行します。
openai.api_key = "ここにAPIキーを入力する"

②設定する

ChatGPTをコードに実装するため、ChatGPTに質問したい内容を定義します。

#応答の生成
prompt = "質問 \n条件\n条件"
response = openai. ChatCompletion.create(
model = "gpt-4-turbo-32k-0314",
messages = [
{"role": "system", "content": "You are a helpful assistant."},
{"role": "system", "content": prompt}
],
temperature=0
)

#ChatGPTによる応答の表示
text = response['choices'][0]['message']['content']
print(text)

このときmax_tokens:intで最大トークンの数を指定すると、料金を安く抑えることにつながります(初期値は1です)。

ChatGPT APIの使い方を実践した活用事例

ChatGPT APIは、企業・個人を問わず有効に活用できます。
–ChatGPT APIの使い方を実践した活用事例–
●企業での例
●個人の例

企業での事例や個人で使う方法などをチェックし、使用する際のイメージをふくらませるとスムーズに導入できるでしょう。
ChatGPT APIの活用について次の見出しからご覧ください。

企業での例

ChatGPT APIは、企業で以下のように使われています。

Duolingo Duolingo Maxにて文法チェッカーにChatGPT APIを実装し、利用者の傾向から学習を進めやすくしている。
Khan Academy Khanmigoにて、家庭教師と授業アシスタントとして個々の生徒に合わせた学習を提案する。質問への自動応答・プロンプトを利用している。
Stripe 開発者のサポートやDiscordにおける悪質ユーザーのバンに活用されている。
マネーフォワード i マネーフォワード Adminaにて、さまざまな情報検索をテキスト入力のみで完結できるようにする。
しみずがおか幼稚園 Chatworkと連携させてAI連絡帳を作り、自動生成された文章を参考として連絡帳を書けるようにする。

日本の企業や団体でもChatGPT APIが活用されており、今後さらに企業で利用が増えていくことが予想されます。

個人で使う例

ChatGPTを個人で使う場合、以下の用途で利用可能です。

スプレッドシート ChatGPTの回答をシートに保存
Excel Microsoft Power Automate for Excelのアドインを使い、入力作業を効率化する
Googleドキュメント ChatGPTの文章をドキュメントに出力できる

ここに挙げた使い方はあくまでも一例であり、実際には多様な活用が見込めます。
日常業務で多く使いそうなものは上記の3つなので、まずはどれかをお試しくださいね。
※より手軽に使いこなしていきたい場合、cURLを利用すればコーディングをせずにChatGPTを活用できるので有力な選択肢です。
また、APIの最新情報はChatGPT API公式ドキュメントで随時チェックできます。

「Webライターに必要なのはどんなツールなの?」
こう思った方は以下の記事をご覧ください。
Webライターが揃えておきたいツールを20個厳選してご紹介しています。
必須・おすすめ・あると便利なツールに分けているので、ご自身のレベルや状況に応じて選んでみてくださいね。

【初心者】Webライター記事作成の必須ツール20選!文章作成・画像・検索順位ツールなど

【「Webライター ツール」系関連記事】
おすすめノートパソコン21選!初心者・社会人向けモデルや失敗しない選び方もご紹介
【Webライター】コピペチェックの重要性・判断基準・対策・ツール・よくある質問を紹介
【Webライター】「無料&有料」校正ツールの基礎知識から最新のAI校正ツールを10選紹介!
【超高性能】ハイスペックなおすすめパソコン10選!最強スペックを引き出す周辺機器は?
【無料】Webライターにおすすめのスマホアプリを一挙ご紹介!執筆用は必須

【まとめ】ChatGPT APIの使い方をマスターしよう

ChatGPT APIの使い方を解説してきた当記事の重要ポイントを最後にまとめます。
–当記事の重要ポイント–
●ChatGPT APIは他のアプリケーションでChatGPTを使えるようにする便利なシステム
●ChatGPT APIを使うと自動応答・文章作成・翻訳などが便利になる
●ChatGPT APIの初期設定は簡単

ChatGPT APIは、さまざまなアプリケーションと連携して便利に使えるツールです。
料金の高騰や初期設定ミスに注意しながら、活用事例をチェックしつつ自分の業務などにどう生かすか検討してみましょう。

「ChatGPTを新しいビジネスに活用したい」
こんな方は、以下の記事をご覧ください。
ChatGPTを使った副業を7つご紹介しています。
ChatGPTを業務で活用できるレベルまで使いこなせると仕事の幅が広がってくるので、今のうちにChatGPTを使って稼いでみましょう。

ChatGPTを副業に活かして稼ぐおすすめの方法!ブログ・ライティング・YouTubeなど

【「副業」系関連記事】
【評判】副業Webライターやってみた人の口コミ!報酬額・始め方・儲けるコツなど
【ばれる】副業初心者はクラウドソーシングで稼げない?ライター・データ入力など
Webライターの副業収入!報酬形態・口コミ評判・必要スキル・やり方など
【スケジュール】副業Webライターの1ヶ月・1週間・1日!予定の立て方・儲け方など
スマホwebライターの始め方!パソコンない主婦も安心の副業候補!
アナザーワークス(複業クラウド)の口コミ評判は?料金や自治体・for sportなど
【副業】webライターの確定申告!青色・白色申告や所得基準は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アナザーワークスの口コミと評判の記事
  2. クラウドワークス発注方法コツのアイキャッチ画像
  3. ストアカの口コミ評判