【初心者】個人事業主が無料で利用できる確定申告ソフト・会計ソフト7選!

この記事は9分で読めます

確定申告シーズンがやってきましたね。皆様は確定申告をする際に手間取った経験はありませんか?

特にソフトウェアを使用して確定申告を行う場合、適切なソフトウェアの選択は非常に重要です。

そこで、本記事では、2023年最新の無料で使える確定申告ソフトのおすすめランキングをご紹介いたします。

確定申告ソフトを選ぶ際には、機能、使いやすさ、セキュリティ性などが重要なポイントとなります。

また、無料で利用できるソフトウェアであることも、費用を節約したい方にとっては魅力的な要素ですよね。

本記事では、これらのポイントを踏まえ、おすすめの確定申告ソフトをランキング形式でご紹介いたします。

さあ、手間のかかる確定申告作業から解放されるために、最適なソフトウェアを見つけましょう!

個人事業主に適した無料の確定申告ソフト選びで知っておきたいこと

個人事業主に適した無料の確定申告ソフトを選ぶときは、3つのポイントに気をつけると良いでしょう。
–個人事業主に適した無料の確定申告ソフト選びで知っておきたいこと–
●無料確定申告ソフトのメリット・デメリット
●無料確定申告ソフトに求められる機能
●確定申告ソフトの選び方のポイント(機能以外)

無料の確定申告ソフトを選ぶからには、安かろう悪かろうではなくある程度の品質があるものを選びたいので要チェックです。
個人事業主に向いている無料の確定申告ソフトを選ぶときのポイントについて、次の見出しから解説します。

無料確定申告ソフトのメリットとデメリット

無料の確定申告ソフトを利用することには、いくつかのメリットとデメリットがあります。

メリット 費用を抑えられます。完全無料のソフトや1ヶ月〜1年無料のソフトは少なくともその期間の費用は浮くので、経費節約にもなるでしょう。
デメリット 機能・サポートに限りがある場合があります。また開発元の信頼性やセキュリティ対策に不備がある可能性も否定できないので、安全性を重視するなら企業情報の確認が重要です。

メリットはもちろん費用がかなり抑えられることで、個人事業主にとっては嬉しいポイントです。
デメリットで大きい点は無料会計ソフトの機能やサポートの制限で、有料の会計ソフトに比べると操作性や機能の充実度が劣ることがあります。
より便利に使いたかったり、専門的なサポートが必要だったりする場合には、有料の会計ソフトを選ぶ方が良いかもしれません。

無料の確定申告ソフトにはこのようにメリットとデメリットがありますので、個人事業主自身のニーズや予算に合わせて適切な選択をすることが重要です。

無料の確定申告ソフトに求められる機能

個人事業主やフリーランスの方々にとって、確定申告ソフトに求められる機能は次の3つです。

まず一つ目は、簡単な操作性です。初めて確定申告をする場合は使いやすいソフトを選ぶに越したことはありません。

二つ目に自動仕訳機能も重要です。確定申告では、収入や経費などの計算が正確に行われる必要があります。
ミスがあると税金の申告漏れや過剰な支払いといった問題が生じる可能性があるので、人為的なミスを起こしにくい自動仕訳が可能なソフトを選ぶと良いでしょう。

三つ目に税務署へのデータ送信機能も重要です。確定申告ソフトがe-Taxと連携してデータを送信できると手間が省け、確認作業もスムーズになります。

これらの機能を備えた確定申告ソフトを利用することで、個人事業主やフリーランスの方々は確定申告の手続きを簡単かつ正確に行うことができます。

確定申告ソフトの選び方のポイント(機能以外)

確定申告ソフトを選ぶ際に押さえておきたい機能以外のポイントをご紹介します。

まずセキュリティ面は重要です。個人情報を扱うため、しっかりとしたセキュリティ対策がされているソフトを選びましょう。信頼できるメーカーが提供しているものや口コミで評判の良いソフトを選ぶと安心です。

さらにサポート体制も確認しておきましょう。万が一のトラブルや疑問点があった場合に、迅速かつ丁寧に対応してくれるサポートがあると心強いです。
完全無料で使えるソフトはサポートに制限がある場合もあります。自分のニーズに合ったソフトを選ぶために、無料版と有料版の違いを比較してみると良いでしょう。

以上が確定申告ソフトを選ぶ際のポイントです。自分に合ったソフトを選び、確定申告の手続きをスムーズに行いましょう。

個人事業主・フリーランス向け|無料で利用可能な確定申告ソフトのおすすめランキング

個人事業主やフリーランスの方々にとって会計ソフトは非常に重要なツールです。以下でランキングを簡単にチェックしてみてください。
–個人事業主・フリーランス向け|無料でも利用可能な確定申告ソフトのおすすめランキング–
●第1位:freee
●第2位:やよいの青色申告
●第3位:マネーフォワードクラウド確定申告

個人事業主におすすめの確定申告ソフト(無料プランあり)ランキングを次の見出しから見ていきます。

第1位:freee

個人事業主におすすめの確定申告ソフト(無料あり)ランキング第1位はfreeeです。
freeeは以下の優れた点があるため、第1位としています。
−−無料ありの確定申告ソフト freeeの強み−−
・簿記の知識がなくても帳簿や確定申告書が作れる
・スマホでも確定申告書を作成できる
−−
freeeは簿記や会計の知識がまったくなくても帳簿づけから確定申告書類を簡単に作成できるので、初めて確定申告をする個人事業主の方におすすめです。
無料のお試しプランでは以下のような制限がついているので、使いたい方は事前に確認しておきましょう。

取引データの閲覧と編集 直近1ヶ月に登録したデータのみ
仕訳帳の出力 10データ
取引データのCSV出力 一切不可

(参考:【個人】freee会計のプランについて − freeeヘルプセンター
無料のお試しプランがあり個人事業主にもおすすめの確定申告ソフト freeeについて、基本情報を以下にまとめたのでご覧ください。

料金 スターター:1,628円/月〜
スタンダード:2,948円/月〜
プレミアム:43,780円/年
無料期間 お試し期間:30日
※30日を過ぎると無料プランに移行する
e-Tax対応 パソコン・スマホともOK
帳簿のつけやすさ 簡単な入力から詳細内容の入力に至るまで可
スマホアプリの機能 ・帳簿作成
・自動仕訳
・レシート読取りなど
サポート ・チャット・メール:すべてのプラン
・電話:プレミアムプランのみ
公式サイト https://www.freee.co.jp/

無料で使えるおすすめ確定申告ソフト freeeに興味がある個人事業主の方は、上記の公式サイトからご確認ください。

第2位:やよいの青色申告オンライン

個人事業主の方向けの確定申告ソフトで無料期間のあるものでは、やよいの青色申告オンラインもおすすめです。
やよいの青色申告オンラインには、以下の強みがあります。
−−個人事業主が使う無料ありの青色申告ソフト 「やよいの青色申告オンライン」の強み−−
・画面がシンプルで使いやすい
・複式簿記の知識があれば簡単に使える
・1年間は無料で使える
−−
やよいの青色申告オンラインは機能的な強みだけでなく、1年間も機能の制限なく無料で使える点が嬉しいところです。
無料で使える青色申告ソフト やよいの青色申告オンラインについて基本情報をまとめたのでご覧ください。

料金 ・セルフプラン:青色申告9,680円/年
・ベーシックプラン:10,120円/年〜
・トータルプラン:18,480円/年〜
無料期間 1年間
e-Tax対応 パソコンのみ可
帳簿のつけやすさ 簡単(簿記の知識がなくても平易)
スマホアプリ機能 帳簿付け・レシート読取りのみ
サポート ・チャット・メール・電話:青色申告者なら誰でも可
公式サイト https://www.yayoi-kk.co.jp/lp/aoiro-ol-02/

無料で使える確定申告ソフトで、個人事業主にもおすすめのやよいの青色申告オンラインについて気になる方は上記の公式サイトをのぞいてみてくださいね。

第3位:マネーフォワードクラウド確定申告

個人事業主におすすめの無料期間がある確定申告ソフトとして、最後にマネーフォワードクラウド確定申告をご紹介します。
マネーフォワードクラウド確定申告は以下の点において優れたソフトです。
−−個人事業主におすすめの確定申告ソフト マネーフォワードクラウドの強み−−
・4種類の入力画面で便利に帳簿作成ができる
・自動仕訳の取引データを簡単に編集できる
・給与計算や社会保険など、周辺機能が充実している
−−
マネーフォワードクラウド確定申告は青色申告帳簿を作成する際に4パターンで入力できます。
周辺機能も充実していますが入力画面でのサポートはそれほどないので、基本的な簿記の知識がある方におすすめです。
マネーフォワードクラウド確定申告は1ヶ月間無料で利用でき、クラウド会計やクラウド請求書なども使えます。
詳しくは以下のマネーフォワードクラウド公式サイトをご覧ください。
1ヶ月無料トライアルについて|マネーフォワード クラウドの料金・プラン管理使い方ガイド
個人事業主にもおすすめの無料青色申告ソフトであるマネーフォワードクラウド確定申告について、基本情報をまとめました。

料金 パーソナルミニ:1,078円/月〜
パーソナル:1,408円/月〜
パーソナルプラス:39,336円/年
無料期間 1ヶ月
※1ヶ月を過ぎると無契約状態となる
e-Tax対応 スマホのみ可
帳簿のつけやすさ 普通(簿記会計の基礎がわかっていればOK)
スマホアプリ機能 ・帳簿つけ
・確定申告書の作成
サポート ・チャットサポート:すべてのプラン
・電話:パーソナルプラスのみ
公式サイト https://biz.moneyforward.com/blue_return/

無料で使える確定申告ソフトで個人事業主にもおすすめのマネーフォワードクラウド確定申告について気になる方は、上記の公式サイトからご覧ください。

「青色申告ソフトを使うなら、複式簿記の知識を身に着けておいたほうがよさそうだな」
こんな方には、以下の記事をご参考ください。
仕訳帳の記帳方法に絞って複式簿記の基本を解説しているので、収支をどのように書けば良いかが理解できるでしょう。
初めて青色申告をする方・次回の申告から青色申告にしたい個人事業主の方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Webライター向けに帳簿のつけ方を解説!仕訳・勘定科目・借方・貸方とは?

【「帳簿・確定申告」系関連記事】
【裏ワザぶっちゃけ】個人事業主の節税方法!経費計上のコツ・青色申告など
確定申告で間違えたらどうなる?間違い後に連絡くる?対処法・よくあるミス・罰則など
Webライターの税金は何税がかかる?節税方法・確定申告の手順など
Webライターの経費とは?賢く節税して収入をMAXに!按分のやり方は?

個人事業主・フリーランス向け|完全無料で利用できる確定申告ソフトのおすすめランキング

個人事業主向けの完全無料で利用できる確定申告ソフトのおすすめランキングは以下のようになっています。
–個人事業主・フリーランス向け|完全無料で利用可能な確定申告ソフトのおすすめランキング–
●第1位:やよいの白色申告オンライン
●第2位:円簿会計
●第3位:フリーランスのための会計アプリ aoiro
●第4位:フリーウェイ経理Lite

ランキングには有料プランのある確定申告ソフトも含まれますが、基本機能は永年無料で利用できることから「完全無料」としています。
個人事業主におすすめの完全無料で利用できる確定申告ソフトについて、次の見出しから解説します。

第1位:やよいの白色申告オンライン

個人事業主に最もおすすめできる無料の確定申告ソフトは、やよいの白色申告オンラインです。
やよいの白色申告オンラインは以下のような強みを持っています。
–無料の確定申告ソフト やよいの白色申告の強み–
・取引データの自動仕訳ができる
・簿記の知識は不要
・スマホアプリでも操作可能

やよいの白色申告は、無料版でもやよいの青色申告オンラインと遜色ない機能を利用可能です。
「かんたん取引入力」などの補助機能により、簿記の知識がまったくなくても悩まずに使えるようになっています。
白色申告専用の確定申告ソフトなので、青色申告をしたい方は当然ながらやよいの青色申告オンラインをお使いください。
ただし青色申告の事前準備(青色申告承認申請書・開業届の提出)が遅れたことで当年度を白色申告しなければならない方は、やよいの白色申告オンラインを使うのも手です。
個人事業主におすすめの無料確定申告ソフト やよいの白色申告オンラインについて、基本情報をまとめました。

料金 完全無料
e-Tax対応 パソコンのみ可
帳簿のつけやすさ 簡単(簿記の知識がなくても平易)
スマホアプリ機能 帳簿付け・レシート読取りのみ
サポート なし(公式サイトにガイドのページはある)
公式サイト https://www.yayoi-kk.co.jp/shinkoku/shiroiroshinkoku/

個人事業主におすすめの無料確定申告ソフト やよいの白色申告オンラインが気になる方は、上記の公式サイトからチェックしてみてくださいね。

第2位:円簿会計

個人事業主におすすめの無料確定申告ソフトとして、円簿会計をご紹介します。
円簿会計は以下の強みを持つ青色申告ソフトです。

−−無料の確定申告ソフト 円簿会計の強み−−
・青色申告に必要な主要簿・補助簿がすべて作れる
・Yahoo!IDで登録できる(メアド登録の必要なし)
−−

円簿会計では主要簿・補助簿をすべて作成でき、基本的な機能は有料の確定申告ソフトにも引けをとりません。
freee・弥生会計・マネーフォワードクラウド確定申告にある取引の自動取込ができない点・複式簿記の知識が必要な点はデメリットなので、そこが気にならない方なら利用しても良いでしょう。
個人事業主におすすめの完全無料な確定申告ソフトである円簿会計の基本情報をまとめましたので、ご覧ください。

料金 完全無料
e-Tax対応 なし
※PDF形式で青色申告決算書・所得税申告書を出力できるので、確定申告の際は国税庁のe-Taxに読み込ませる
帳簿のつけやすさ 普通(簿記会計の基礎がわかっていればOK)
スマホアプリ機能 アプリなし
サポート なし
公式サイト https://www.yenbo.jp/service-info/kaikei.html

個人事業主にもおすすめの、完全無料で利用できる確定申告ソフト「円簿会計」に興味がある方は、上記の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

第3位:フリーランスのための会計アプリ aoiro

無料で利用でき、個人事業主におすすめの確定申告ソフトとして「フリーランスのための会計アプリ aoiro」をご紹介します。
aoiroは以下の強みを持つ確定申告ソフトです。
–個人事業主におすすめの無料確定申告ソフト aoiroの強み–
・ヘルプページが具体例とイラスト付きで理解を助けてくれる
・青色申告の書類(主要簿・補助簿)のうち、仕訳帳・総勘定元帳・損益計算書・貸借対照表までを作成できる

aoiroは個人が開発したインストール型の無料ソフトで使い勝手の良さが売りですが、Macをお使いの方は有料版(3,980円)しかないのでご注意ください。
Windowsユーザーで青色申告ソフトの完全無料版をお探しの方にはおすすめの確定申告ソフトです。
aoiroの基本情報をまとめましたのでご覧ください。

料金 完全無料
e-Tax対応 なし
帳簿のつけやすさ 易しめ(ガイドページを見ながら十分記帳できる)
スマホアプリ機能 なし
サポート なし
公式サイト https://aoiro.app/

無料で利用可能なインストール型確定申告ソフト フリーランスのための会計アプリaoiroについて興味を持った方は、上記の公式サイトからチェックしてみてくださいね。

第4位:フリーウェイ経理Lite

個人事業主におすすめの無料確定申告ソフトとして、最後にフリーウェイ経理Liteをご紹介します。
フリーウェイ経理Liteは以下の強みを持つインストール型確定申告ソフトです。
–個人事業主におすすめの無料確定申告ソフト フリーウェイLiteの強み–
・複式簿記の知識があってもなくても快適に利用できる
・青色申告・白色申告どちらも可能

フリーウェイ経理Liteの取引入力方法は仕訳帳と出納帳形式とで選べるようになっているので、誰でも利用しやすくなっています。
ただし銀行口座・カード明細などの取引データを自動取込・仕訳することはできないので手入力でも良い方なら検討の価値があるでしょう。
またMacでは動作しないので、Windowsユーザーに限られるのもデメリットとなります。
個人事業主におすすめのインストール型無料確定申告ソフト フリーウェイ経理Liteについての基本情報を以下にまとめています。

料金 完全無料
e-Tax対応 なし(法人のみ)
帳簿のつけやすさ 簡単(複式簿記の知識の有無は問わない)
スマホアプリ機能 なし
サポート ・チャットサポート:すべてのプラン
・電話:パーソナルプラスのみ
公式サイト https://freeway-keiri.com/

完全無料で利用可能な確定申告ソフト フリーウェイ経理Liteについて興味がある方は、上記の公式サイトからチェックしてみてくださいね。

【まとめ】個人事業主は無料の確定申告ソフトも活用してみよう

「2023年最新の無料確定申告ソフトのおすすめランキング」では、利用者の評価や機能性を考慮し、厳選したソフトを紹介しています。ランキング上位には使いやすさと信頼性が高いソフトがランクイン。一部または全部を無料で利用できるため、予算に制約のある方にもおすすめです。確定申告時の手続きをスムーズに進めるために、ぜひこのランキングを参考にしてみてください。

「会計ソフトではなく、エクセルを利用して慣れた方法で帳簿をつけたい」
こんな方は、テンプレートを利用して効率良くエクセルで記帳すると良いでしょう。
以下の記事ではエクセルテンプレートの例や活用法をご紹介しているので、ぜひご利用くださいね。

【コスパ◎】青色申告は無料ソフトでも可能!エクセルなどを活用して効率良く行おう

【「確定申告」系関連記事】
【超高性能】ハイスペックなおすすめパソコン10選!最強スペックを引き出す周辺機器は?
おすすめノートパソコン21選!初心者・社会人向けモデルや失敗しない選び方もご紹介
【副業】webライターの確定申告!青色・白色申告や所得基準は?
【裏ワザぶっちゃけ】個人事業主の節税方法!経費計上のコツ・青色申告など
副業サラリーマンにおすすめの節税方法!赤字の確定申告・注意点など
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高校生のwebライターの始め方
  2. フリーランスエージェントとは?
  3. スケジュール副業Webライターの1ヶ月・1週間・1日!予定の立て方・儲け方などのアイキャッチ画像
  4. Webライターの税金のあれこれ(消費税・源泉徴収・所得税の確定申告・節税など)