ドコモの海外利用・設定法を解説!海外パケホーダイ・パケットパック海外オプションは?

この記事は7分で読めます

「ドコモの海外利用・設定法は?」
「ドコモを海外利用すると料金が高くならない?」

ドコモユーザーで、このように悩んでしまう方もいることでしょう。
そこで当記事では、ドコモを海外で使うプラン・設定法を3つご紹介します。
複雑なプランを比較しながら料金や使い方を解説しているだけでなく、海外で使うときに損をしにくい方法も取り上げるので要チェックです。

ドコモをお得・快適に海外で使いたい方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

ドコモの海外利用・設定法:データ通信

ドコモのデータ通信を海外利用する際の設定法やプランについて、以下の3点をご紹介します。

–ドコモの海外利用・設定法:データ通信–
●世界そのままギガ(旧:パケットパック海外オプション)
●世界ギガし放題(旧:海外パケ・ホーダイ)
●ahamo

ドコモの海外利用ができる各プランは少々ややこしい点もあるので、じっくり見比べながらご覧ください。
ドコモのデータ通信を海外利用する際の設定法やプランを、次の見出しから詳しく解説します。

世界そのままギガ(旧:パケットパック海外オプション)

ドコモをデータ通信目的で海外利用する1つ目の方法は、世界そのままギガです。

2023年5月23日以前は「パケットパック海外オプション」と呼ばれていました。

ドコモの世界そのままギガは、日本で契約しているプランを海外で利用できるものです。

世界そのままギガには2種類のプランがあり、それぞれ下記のような違いがあります。

プラン名国・地域限定プラン通常プラン
対象エリア70以上の国・地域200以上の国・地域
料金利用期間に応じた割引あり(下記参照)1日あたり980円

世界そのままギガにおける国・地域限定プランの料金は下記のように定められています(対象エリア内であれば料金は原則変わりません)。

利用期間定額料
1時間200円
24時間980円
2日1,780円
3日2,480円
4日3,280円
5日3,980円
6日4,680円
7日5,280円
8日6,080円
9日6,880円
10日7,580円
11日8,380円
12日9,080円
13日9,880円
14日10,480円

ドコモ「世界そのままギガ」を海外で使うための設定方法は以下です。

①My docomoから世界そのままギガを申し込む

※適用条件は公式サイト世界そのままギガ|NTTドコモ
を参照

②「ドコモ海外利用」アプリをダウンロード
③「ドコモ海外利用」アプリより利用予約する
④海外で「Wi-Fi」「機内モード」をオフにし、ローミングをオンにする

利用開始後に各プランの利用時間が経過するとデータ通信が自動で止まります。
また、ローミングオンにしても予約した利用開始時刻になるか開始操作をしなければデータ通信は発生しません。

ドコモの世界そのままギガを海外で利用する際は、次の2点に注意が必要です。

–注意点–
・複数の国を周遊する場合、「国・地域限定プラン」対象国・地域内であれば国をまたいでも利用可
・「国・地域限定プラン」対象外の国・地域に出るとデータ通信が止まるので、「通常プラン」を使いたい場合は別途操作が必要

ドコモを海外利用する「世界そのままギガ」の速度制限などについては、下記の公式サイトをご覧ください。
世界そのままギガ|NTTドコモ

ここまで、ドコモを海外利用するための設定方法として世界そのままギガ(旧:パケットパック海外オプション)をご紹介しました。

世界ギガし放題(旧:海外パケホーダイ)

ドコモをデータ通信目的で海外利用する2つ目の方法は、世界ギガし放題です。

2023年5月23日までは「海外パケ・ホーダイ」と呼ばれていました。

ドコモの世界ギガし放題は世界そのままギガと異なり、国内で契約しているデータ量を使うプランではありません。

世界ギガし放題の料金は下記です。

–世界ギガし放題の料金–

最大2,980円/日(約24.4MBまで1,980円/日)

世界ギガし放題は利用する際の申込手続きは必要なく、ローミングをオンにするだけで使えます。

データ通信を終了したい場合はローミングをオフにしなければならない点に注意が必要です。

ドコモの世界ギガし放題の対象エリアは以下のように定められています。

アメリカアメリカ(本土)・アラスカ・カナダ・グアム・サイパン・ハワイ
アジア韓国・台湾・中国・香港・インド・インドネシア・カンボジア・
シンガポール・タイ・フィリピン・ベトナム・モンゴルなど
オセアニアオーストラリア・キリバス・クック諸島・ニュージーランドなど
ヨーロッパアイスランド・アイルランド・イギリス・イタリア・オーストリア・オランダ・
ギリシャ・クロアチア・スイス・ドイツ・フランスなど
中東アフガニスタン・アラブ首長国連邦・イエメン・イスラエル・サウジアラビアなど
中南米アルゼンチン・ウルグアイ・エクアドル・コスタリカ・チリ・ブラジル・メキシコなど
アフリカエジプト・ケニア・南アフリカなど

対象エリア・ドコモの世界ギガし放題全般について、詳しくはそれぞれ下記をご覧ください。

対象国・地域|NTTドコモ

世界ギガし放題|NTTドコモ

ここまで、ドコモを海外で使う方法として世界ギガし放題をご紹介しました。

ahamo

ドコモをデータ通信目的で利用する際、ahamoを契約していると世界そのままギガ・世界ギガし放題は使えません。
ahamoユーザーはローミングをオンにするだけで海外82カ国で使えるようになりますが、次の2点に注意が必要です。

–注意点–
・月間に使えるデータ量20GBを超えると、通信速度は最大1Mbpsになる
・15日を超えて連続で海外利用すると通信速度が最大128kbpsとなる

ahamoユーザーのドコモ海外利用について詳しくは、下記をご覧ください。

海外で利用することはできますか?|よくあるご質問|ahamo

ドコモの海外利用法:国際電話

ドコモの海外利用法として、続いては国際電話をご紹介します。
–ドコモの海外利用法:国際電話–
●海外から日本へかける
●日本から海外へかける

無料通信アプリを使っている方も多い近年ですが、国際電話のかけ方を知っておいて損はありません。

ドコモを海外利用する方法としての国際電話について、次の見出しから詳しく解説します。

海外から日本へかける

ドコモを海外利用中に、日本へ国際電話をかけるには下記のようにします。

–海外から日本への国際電話–

+「81」「相手方の電話番号」
※0で始まる場合は最初の0を除いてダイヤルする

料金の例として、ここでは台湾からかける場合を示します。

日本への発信175円/分
着信145円/分

その他海外の国・地域におけるドコモの国際電話の料金については、下記をご覧ください。

【海外利用】国際ローミングの対応エリアと利用料金|NTTドコモ|NTTドコモ

日本から海外へかける

海外利用している人にドコモユーザーが日本からかける方法についてもご紹介します。

–日本から海外への国際電話–

+「相手方の国番号」「相手方の電話番号」で発信
※0から始まる場合は最初の0を除いてダイヤル

料金の例として、ここでも台湾へかける場合を示します。

平日昼間57円/30秒
平日昼間以外・土日祝49円/30秒

その他海外利用している地域にドコモユーザーがかける場合の料金については、下記から調べられるのでご利用ください。

国際電話をかける|NTTドコモ

ドコモを海外で損せずに使うコツ

ドコモを海外で損せずに使うコツは以下の4つです。

–ドコモを海外で損せずに使うコツ–
●必要ないならデータローミングをオフにする
●Wi-Fiスポットを利用する
●モバイルWi-Fiを契約する
●現地のSIMを使う

海外でも日本国内と変わらず快適に使うためにも、ぜひチェックしてみてください。
ドコモを海外で損せず使うコツについて、次の見出しから詳しく解説します。

必要ないならデータローミングをオフにする

ドコモを海外で損せず使う1つ目のコツは、必要ないならデータローミングをオフにすることです。

通話はローミングなしでできるので、「日本国内の家族と電話したい」などという場合は実践してみましょう。
※世界そのままギガの場合、事前に予約した利用時刻内であればデータローミングのオンオフを気にする必要はありません。
国際電話の料金については、「海外から日本へかける」をご覧ください。

このように、ドコモを海外で損せず使うにはデータローミングのオフが有効です。

Wi-Fiスポットを利用する

ドコモを海外で損せず使う2つ目のコツは、Wi-Fiスポットの利用です。

公共施設のWi-Fiを使えばデータローミングの必要はありません。

※Wi-Fiスポット完備の宿泊施設で過ごす時間帯は世界そのままギガの予約時刻から外しておくとお得です。

このように、ドコモを海外で損せず使うにはWi-Fiスポットを積極的に利用することが求められます。

モバイルWi-Fiを契約する

ドコモを海外で損せず使う3つ目のコツは、モバイルWi-Fiの契約です。

人気のモバイルWi-Fiを以下にまとめました。

Wi-Fi渡航先での容量・料金(1日あたり)
グローバルWi-Fi300MB・870円〜
イモトのWi-Fi500MB・620円〜
WiFiBOX500MB・390円〜
HIS モバイルWi-Fi500MB・590円〜
楽天トラベルグローバルWi-Fi300MB・870円〜
jetfi350MB・878円〜

各モバイルWi-Fiについて詳しくは、それぞれの公式サイトをご覧ください。

このように、ドコモを海外で損せず使うにはモバイルWi-Fiの契約も検討すると良いでしょう。

現地のSIMを使う

ドコモを海外で損せず使う4つ目のコツは、現地のSIMを入れることです。

使っているスマホがSIMフリーになっていれば他のSIMを挿入できるので、ぜひお試しください。

ドコモでは2021年8月27日以降の新発売機種であればSIMロック解除手続きは不要ですが、それ以外の端末では手続きが必要となる場合があります。

ドコモのSIMロック解除について、詳しくは下記をご覧ください。

SIMロック解除|お客様サポート|NTTドコモ

このように、ドコモを海外で損せず使うには現地のSIMを入れることも有力な選択肢です。

ドコモの海外利用についてよくある質問

ドコモの海外利用についてよくある質問は次の4つです。

–ドコモの海外利用についてよくある質問–
●海外パケットパックと海外パケホーダイの料金体系はどう違う?
●ドコモの海外利用を長期にわたって行うなら、SIMはどうする?
●ドコモ海外利用アプリはインストールが必須?
●世界そのままギガ・世界ギガし放題でテザリングは使える?


ドコモを海外で安心して使うためにも、疑問を解決しておきましょう。
ドコモの海外利用についてよくある質問に、次の見出しから答えていきます。

海外パケットパックと海外パケホーダイの料金体系はどう違う?

ドコモを海外利用する世界そのままギガ(旧:パケットパック海外オプション)と世界ギガし放題(旧:海外パケ・ホーダイ)の料金体系には、下記のような違いがあります。

世界そのままギガ世界ギガし放題
料金980円/日〜(通常プラン)最大2,980円/日
データ量日本で契約しているデータ量どれだけ使っても可
(日本で契約しているデータ量でない)
速度制限日本で契約中のデータ量超過時なし

世界ギガし放題は1日あたりの料金が高い分速度制限なくデータ通信が可能です。
「国内で契約しているドコモのデータ量が小さいけど、海外ではいっぱい使いたい」
こんな方は世界ギガし放題のほうが向いています。
反対に国内で契約しているデータ量が大きい方は、世界そのままギガを使うとお得です。

ドコモを海外利用する世界そのままギガと世界ギガし放題には以上のような違いがあることを押さえておくと良いでしょう。

ドコモの海外利用を長期にわたって行うなら、SIMはどうする?

ドコモの海外利用を留学や海外赴任など長期にわたって行う場合、現地におけるSIMの購入がおすすめです。

SIMフリーまたはSIMロック解除可能なスマホを持っていればこの方法を使えます。

ただしSIMロック解除ができない機種や現地の周波数帯に対応していないときは、現地でのスマホ調達が必要です。

このような場合、ドコモの電話番号保管サービスを使って日本で契約している電話番号とメールアドレスを保持できます。

詳しくは下記の公式サイトをご覧ください。

長期間利用されないとき(海外赴任・留学など)の電話番号保管・解除|お客様サポート|NTTドコモ

以上のように、ドコモの海外利用を長期にわたって行うときは事前にSIMフリー・ロック解除可能であるかどうかを確認して最適な方法を取れるようにしておくと良いでしょう。

ドコモ海外利用アプリはインストールが必須?

ドコモ海外利用アプリは、世界そのままギガ・世界ギガし放題を使うにあたって原則必須と考えておきます。

世界そのままギガ公式サイト(世界そのままギガ|NTTドコモ)によると利用予約は専用Webサイトからでもできるようですが、利用開始操作も同様かどうかは定かでないからです。

ドコモ海外利用アプリを使えば残り時間やデータ量など利用状態の確認もできるので、渡航を予定している方はぜひインストールをしておきましょう。

このように、ドコモ海外利用アプリは世界そのままギガ・世界ギガし放題を使うなら必要と考えておいて良いでしょう。

世界そのままギガ・世界ギガし放題でテザリングは使える?

ドコモの海外利用にあたって、世界そのままギガ・世界ギガし放題の両方でテザリングを利用可能です。

iPhoneでテザリングをする場合は、以下のような手順で始めます。

①設定アプリからiPhoneの名前を本名以外に設定
②「モバイル通信」→「インターネット共有を設定」から「ほかの人の接続を許可」をオンにする
③「Wi-FiとBluetoothをオンにする」を選び、Wi-Fiのパスワードを登録する
④ネットに接続するデバイスの設定画面で、自分のiPhoneが出ているアクセスポイントに接続

ドコモを海外利用する際に使えるiPhone・その他のスマホにおけるテザリング設定方法はそれぞれ下記をご覧ください。

iPhone(親機)でのテザリング設定方法|テザリング|サービス・機能|NTTドコモ

海外でのテザリング|NTTドコモ

【まとめ】海外でドコモをお得に使ってみよう

海外でドコモを使う方法について、最後に重要ポイントをまとめます。

–当記事の重要ポイント–

●海外でドコモを使う方法には世界そのままギガ・世界ギガし放題があるが、ahamoユーザーは両プランを使えない
●世界そのままギガと世界ギガし放題は、料金体系と利用できるデータ量に違いがある
●ドコモの海外利用が長期にわたる場合は、現地のSIMを使う手もある

「ドコモ 海外」について理解しておくと、高額請求に悩まされずにドコモスマホを使えるようになります。
自分に合ったプラン・方法を吟味して、海外でもお得・快適にスマホを使ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1時間に2000文字を書く初心者Webライター
  2. Webライターの経費計上について