【テンプレ・例文あり】初心者Webライター向け リード文とは?書き方・コツなど

この記事は16分で読めます

初心者Webライター向けのリード文作成法

初心者Webライターの書く記事のリード文は読者の注意を引き、記事全体を読んでもらうための重要な要素です。本記事では、リード文の書き方のコツやテンプレート、読者の好奇心を刺激する方法、さらにリライト時のリード文の改善方法について解説します。これらの情報を使いこなし、効果的なリード文を作成して、読者にとって魅力的な記事を提供しましょう。

目次

初心者Webライターが知っておきたい「リード文」とは

リード文の重要性が気になる初心者Webライター

初心者Webライターが知っておくべきリード文とは、文章の冒頭に書く、読者の興味を引きつけるための簡潔な文のことです。リード文は、読者にとって本文を読む意欲を高める重要な役割を果たします。

リード文の書き方には、以下のポイントがあります。

まず、具体的な事例や引用など、興味を引く要素を取り入れることが大切です。読者が興味を持つであろう、具体的な情報を伝えることで、リード文の効果を高めることができます。

また、リード文は簡潔でわかりやすい表現を心がけることが必要です。読者が理解しやすい言葉を使い、わかりにくい専門用語や長文を避けることがポイントです。

さらに、SEO対策としてもリード文は重要な役割を果たします。キーワードを効果的に配置すれば検索エンジン上位表示を狙うことができます。強引にキーワードを盛り込むと読みにくくなるため、自然な形でキーワードを使い初心者Webライターであっても読み手を意識したリード文を書くことが重要です。

リード文の役割は読者にとってわかりやすい文章を提供することにあります。初心者Webライターとして、リード文を使いこなし、読者にとって興味深く、理解しやすい文章を作り上げることが求められます。

リード文の重要性・メリット

初心者Webライターのリード文の重要性を語る人

「もっと読みたい」と思ってもらえる

初心者Webライターはリード文で読者の興味を引くことが大事だと語る人

初心者Webライターが書く記事であっても、リード文は読者の興味を引きつけて記事全体を読むように促す役割を果たします。読者が「これは面白そうだ」と感じるか興味をそそる内容が続くかどうかはリード文で判断します。リード文が魅力的であれば、読者は次の段落に進むことが自然と増えて記事の滞在時間が長くなります。

魅力的なリード文を書くには、次の点に気を付けると良いでしょう。

・「この記事を読むと疑問・悩みを解消できる」と思ってもらえるよう、読者の疑問・悩みを言語化する
・「周辺情報の知識を解説する」とリード文で予告し、「そういえば、それも気になるかも」と思ってもらえるようにする

このような点に注意してリード文を書くことで記事の主題や内容を明確にし、初心者Webライターでも読者にとってわかりやすい記事を作成できます。

このあたりは「読者がどんな情報を知りたいと思っているのか」を正確に把握すれば、高品質なリード文を書けます。

「読者がどんなことを知りたいのか」は、「検索ニーズ」「検索意図」と呼ばれます。

検索ニーズの重要性などについては以下の動画でも語られているので、参考になさってください。

なお検索ニーズは、上手くKWを調べると簡単に予想・把握できます。

「どうやってKWを調べれば検索ニーズを把握できるの?」と思った初心者Webライターの方は以下の記事をご覧ください。

WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

記事の内容を簡潔に伝え、興味を持っている人に読んでもらえる

リード文の工夫で記事を読んでもらえた初心者Webライター

初心者Webライターに限らずリード文は記事の内容を簡潔に伝え、その記事が自分の興味に合うかどうかを判断するための重要な手がかりとなります。リード文が的確に読者の興味を反映していれば興味を持っている人にだけ記事を読んでもらえるため、初心者Webライターでも効果的にターゲットを絞り込むことができます。

SEO対策に役立つ

SEO対策に有効なリード文を書いた初心者Webライター

初心者WebライターのSEO対策においてもリード文は重要な役割を果たします。リード文にはキーワードを含む重要な情報を効果的に配置できるからです。検索エンジンはリード文の情報を元に検索結果を表示するため、適切なキーワードの配置は重要となります。

また、リード文が魅力的である場合初心者Webライターの書いた記事でも読者の滞在時間が増え、ページの滞在時間やクリック率の向上にもつながります。

メタディスクリプション・タイトルを書きやすくなる

リード文をもとにメタディスクリプションを書く初心者Webライター

メタディスクリプション・タイトルも記事の要約なので、初心者Webライターでもリード文を書いておけばメタディスクリプション・タイトルを上手く書きやすくなります。

リード文は記事の内容を要約するための重要な部分で、その要約を元にメタディスクリプションやタイトルを書くことができます。リード文が簡潔で分かりやすくキーワードを含むように作成されている場合、その要約をメタディスクリプションやタイトルに反映させることができ、読者にとっても見やすく、初心者Webライターに限らずSEO対策にも役立ちます。

【例文あり】初心者Webライターがリード文を書くコツ

ここでは初心者Webライターがリード文を書くコツを12点解説します。

いずれも難しいものではないので、サクサクとご覧くださいね。

───────────────
【補足】
この記事では初心者Webライターとして依頼されるケースが多い、オウンドメディア系・お役立ち情報系の記事作成時に役立つリード文の書き方について解説します。

大まかに把握いただくため乱暴に言ってしまうと、「このブログのような記事を作る際のリード文の書き方がわかる」ということですね。

───────────────
【参考】
ニュース記事では「5W1H」(What, Who, When, Where, Why, How)を使ったリード文が一般的です。
また、エッセイやレポートでは、問題提起や自己紹介を含むリード文が使われることがあります。リード文は、記事のタイプや目的によって使い分ける必要があります。
───────────────

共感してもらえる文章を書く

初心者Webライターの適切なリード文で書かれた記事を読む人

初心者Webライターが記事を書いた場合でも、リード文は読者に興味を持ってもらうことが最も重要です。そのため、共感してもらえる文章を書くことが求められます。例えば、初心者Webライターが読者の悩みや問題を解決する記事を書くときは「あなたはこんな悩みを持っていませんか?」という形で、読者の気持ちを代弁するようにリード文を書き問題意識を共有すると効果的です。

記事の内容を簡潔に書く

初心者Webライターのリード文で内容がわかった人

初心者Webライターも、「この記事を読めば疑問や悩みを解消できる」と思ってもらえるようにリード文を簡潔に分かりやすく書くことが重要です。読者に読むのをためらわせるような長大な文章や分かりにくい言葉を使ってしまうと、読者の興味を失ってしまいます。初心者Webライターは、リード文において簡単な言葉でわかりやすい文章を心がけることが大切です。

全ての見出しを書いた後にリード文を書く

最後にリード文を書いてスッキリまとめた初心者Webライター

初心者Webライターがリード文を書く際は、全ての見出しを書いた後にまとめて書くと効率的です。記事全体を俯瞰してから書けば全体の流れを考えることができます。また、見出しを書いた際に、リード文で触れるべきポイントを洗い出すこともできます。初心者Webライターは、リード文を最後に書くと覚えておくと良いでしょう。

記事の内容がやさしく簡単に読めることを伝える

リード文により初心者Webライターの記事内容をすんなり理解できた人

読者が読みたくなるリード文は、初心者Webライターの記事であっても大抵やさしく簡単に書かれたものです。難しい言葉や文法、長文を使うと読者が退屈してしまいます。初心者Webライターの書くリード文は、読者に「この記事は簡単に理解できるもの」という印象を与えるように心掛けましょう。

この記事を読まなかった時のデメリットを書く

読まないデメリットを暗にリード文で伝える初心者Webライター

初心者Webライターがリード文にデメリットを書くことで、読者に「この記事を読まないと損だ」と思わせることができます。例えば、健康に関する記事の場合「この記事を読まないと、健康に悪影響を及ぼすかもしれない」といった表現が効果的です。

実際にこのような表現をするかはさておき、なるべく簡潔な書き方が求められます。

この記事を読むとどうなるか(メリット)を書く

初心者Webライターのリード文でメリットがわかった人

初心者Webライターがリード文に「この記事を読むとどうなるか(メリット)を書く」とは、読者がこの記事を読んで得られるメリットを明確かつ具体的に伝えることです。

例えば健康に関する記事であれば、「この記事を読むと腸内環境が改善されて毎日スッキリと過ごせるヒントが見つかる」などといったメリットを示すことができます。また、ビジネスに関する記事であれば、「この記事を読むことで○○のスキルが向上する、キャリアアップにつながる」といったメリットを伝えることができます。

このように、リード文では読者にとって具体的なメリットを示すことで興味を引きつけ、初心者Webライターも自身の記事を読んでもらうことができます。ただし、メリットを過剰に膨らませたり実際に得られないメリットを伝えたりすると信頼を失ってしまいます。初心者Webライターに限らず、リード文では記事の内容と整合性がとれるように適切なメリットを伝えるようにしましょう。

メリットを書くことでリード文の質を高めるWebライティングテクニックについては、以下の動画でも語られています。

その他にも共感してもらえる文章を書く重要性や簡潔に記事の内容を書くことについても解説してくれている動画なので、ぜひお役立てくださいね。

ターゲットを絞りすぎない

初心者Webライターの狭すぎるターゲティングに困惑する人

初心者Webライターが記事・リード文を書く上で、大切なことの一つに「ターゲットを絞りすぎない」ということがあります。
「ターゲットは狭いほど良い」と聞いたことがある方もいるかもしれませんが、ターゲットを絞りすぎると特定層以外の読者が興味を持たなくなる可能性があるためです。

例えば「初心者Webライターとして稼ぐためにパソコンを買いたい」という人への記事を書く場合に住む地域や年齢まで細かく設定する必要はないのです。
「この記事は東京都大田区に住む31歳独身男性に向けた記事にしよう」などとするのは良くありません。
もっと細かくできますが、細かくするほど読まれなくなるリスクが高まるからです。
「私、大田区というか、東京にすら住んでないし」
「男性向けの記事なら、私にはあまり当てはまらないかな」
などと、本来読み進めてくれる人が離脱してしまう可能性が高くなります。

またターゲットを絞りすぎてしまうと特定の層にアピールし過ぎて、信頼性が下がる場合もあります。初心者Webライターであっても記事やリード文において情報を客観的かつ正確に提供することが大切であり、特定の層のみに都合のいい情報だけを切り取って伝えることは避けるべきです。

したがって、初心者Webライターは記事やリード文で記事のターゲットを明確にしつつも広い層の読者にアピールできるような内容を提供することが求められます。こうすることでより多くの人が興味を持ち、記事を読み進めてくれる可能性が高まります。

具体的に書く

初心者Webライターに具体的な記述をリード文に書くよう求める人

初心者Webライターがリード文を具体的に書くためには、次のテクニックを使います。

数字を使う リード文に数字を使うと、初心者Webライターでも書いた記事の信頼性をアップできます。例えば「「〇〇個の理由で、〇〇するべきである」「〇〇%の人が、〇〇に悩んでいる」といったような形が有効です。
統計や事例を挙げる 「総務省の●●年度の統計によると、○○という驚くべき結果が示されています」「アフィリエイト6ヶ月にして月収20万円を達成できた」などという形が有効です。珍しい事実や意外な見解が裏付けされていればなお読者の興味を引くことができるでしょう。

上記のようなリード文を書くと、読者の興味を引き付けやすいです。
クライアントからも「質の高いリード文だ」「スキルのある初心者Webライターさんだから報酬をアップしよう」などと思ってもらいやすくなります。リード文にこれらの方法を使用すると、読者は自分自身が実践できる方法や結果を知ることができるため、初心者Webライターの記事であっても読む価値があると感じます。

知的好奇心を刺激する文章を書く

初心者Webライターのリード文で知識欲が出てきた人

初心者Webライターは、リード文で読者の知的好奇心を刺激することも重要です。
具体的には以下のような方法があります。

疑問形を使う 初心者Webライターがリード文で「○○って本当に効果があるの?」「なぜ△△が必要なのか?」などと書くと、同様の疑問を感じていれば記事を読んでもらいやすくなります。
他の記事にない観点・切り口で書く 独自の視点・経験などを活かした内容に仕上げます。
興味を惹く言葉を使う 「最新の」「注目の」「驚きの」などといった、新鮮な情報を示唆する言葉は効果的です(もちろん嘘はいけません)。

上記の方法をリード文に取り入れることで、初心者Webライターであっても記事を読んでもらいやすくなります。

著者が信頼に足る人物であることをアピールする

専門性(初心者Webライターのリード文に必要な要素)

初心者Webライターが書く記事のリード文では、著者自身をアピールすることが重要です。読者は記事の信憑性について心配することがあります。そのため、リード文に著者自身が信頼できる人物であることをアピールすることで、読者に安心感を与えることができます。

例えば、「私はこの分野のエキスパートであり、○○年以上の経験があります。この記事では、私の知識を元にしたノウハウをご紹介します。」など、著者の経歴や実績を示します。

「専門的な知識がほとんどなかったら、リード文はおろか記事のネタも思いつかないんじゃないの?」
そんな初心者Webライターの方には、下記の関連記事がおすすめです。
ブログで記事を書く練習をしながら専門分野を作っていくと、自分のサイトで収益を上げながらライティングの案件を獲得できる幅が広がるという状態を作れるチャンスが出てきます。
リード文に書けるような専門知識・分野がなくて困っている初心者Webライターの方は、今すぐブログを始めてみましょう。

Webライター未経験者のブログの始め方!主婦や在宅での副業もOK

結論を書く

結論を言う人(初心者Webライターのリード文に必要な要素)

初心者Webライターはリード文で結論を書いておけば、読者は最初に記事の最重要ポイントをチェックできます。この一手間で、読者にとって非常に役立つ記事に仕上がるのです。

初心者Webライターは「リード文で結論を書き、詳しくは本文・記事内容をしっかり読んでもらう」という意識で書くと、簡潔でわかりやすいリード文になりやすいです。

このあたりは以下の動画でも語られているので、あわせて参考になさってくださいね。

なお最初に結論を書くというテクニックはPREP法にも共通しています。

PREP法は結論を最初に書き、その結論に至った理由やデータなどを解説しながら理解を深めてもらうために役立つ文章術です。

初心者WebライターさんがPREP法をマスターすれば、確実にワンランク上の記事を書けるようになります。

まだPREP法をチェックされていない場合は、この機会に以下の記事でサクッとチェックしておきましょう。

【文章フレームワーク】仕事で使えるPREP法とは?例文・悪い例

最初の文にKWを入れる

SEO(キーワード挿入が初心者Webライターのリード文に重要)

初心者Webライターに限らずリード文の最初の一文に、キーワード(KW)を入れることはSEO的にも効果的です。リード文は、読者を引き込むためだけでなく、検索エンジンの評価にも影響する重要な要素とされているため、最初の一文にキーワードを入れることで、検索エンジンから高い評価を得ることができます。

例えば料理のレシピ記事でKWが「ハンバーグ プロの味 簡単」なら、次のように書くと良いでしょう。

───────────────

「プロの味がするハンバーグを簡単に作りたいけど、どうやったら良いかわからない」
定番の夕食をちょっと変えてみようと考えたは良いものの、なかなかレシピを見つけられず困った経験はないでしょうか。

───────────────

※初心者Webライターに限らず、KWはリード文だけでなく記事タイトルにも「簡単に作れるプロの味!今夜の夕食におすすめ ハンバーグレシピ」のように組み込むことが大切です。

初心者Webライターに限らずSEO対策として有効なのは、リード文などにKWを入れることだけではありません。

下記の記事では画像によるSEO対策を解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

画像SEO対策のコツ・注意点|altテキスト・サイズ・イラスト・データファイル名は?

慣れるまではテンプレを使う

テンプレでリード文を書く初心者Webライター

「リード文の書き方に慣れるまではテンプレを使う」というのは、初心者のライターにとって非常に重要なことです。初めて記事を書く場合どこから手をつけていいのかわからず、不安やストレスを感じてしまうことがあります。そのようなときは、テンプレートを利用すれば手軽にリード文を書くことができます。

一般的なテンプレートとしては、次のようなものがあります。

───────────────

「誰に」「何を」「どのように」を説明する
「問題点」「解決策」「メリット」を示す
「実際に」「何をどうしたら」「どんな結果が出たか」を示す

───────────────

これらのテンプレートを使って、初心者Webライターは自分が書きたい記事に合ったリード文を作成することができます。ある程度書き方に慣れてきたら、自分で作成したテンプレートを使うことで、より自分らしいリード文を作成することができます。

ただし、テンプレートを使って初心者Webライターがリード文を書く場合でも、読者に届くように言葉を工夫することが大切です。また、同じテンプレートを使い続けると読者が飽きてしまうこともあります。初心者Webライターはリード文にテンプレートを使っても、ある程度のバリエーションを加えて書くように心がけることが必要です。

【初心者Webライター向け】リード文のテンプレ

初心者Webライターのリード文テンプレを示す人

初心者Webライター向けのリード文のテンプレは、以下の通りです。
例の(a)(b)は同じ記事に書く文章なので、この例を見ればリード文を書く流れがわかります。
例のまとめは、次の項目で解説します。

───────────────

①利用者の悩み・希望・疑問を書く

(a)「Webライターにおすすめのクラウドソーシングを知って、効率良く稼ぎたい!」
(b)「悪質クライアントの特徴を把握して、Webライターとしての収入をガンガン上げたい!」など

②上記の悩み・希望・疑問に共感する文章を書く

(a)「効率良く稼げるクラウドソーシングを把握しておけば、Webライターとして稼ぎやすくなり、どんどん前向きに取り組めますよね」
(b)「報酬未払いなどのリスクを下げて効率良く稼ぐため、どんなクライアントに関わるとやばいのか知りたいという人は少なくありません」など

③結論(①に対する答え)を書く

(a)「結論として、クラウドソーシングを使うならランサーズ・クラウドワークスの2つがおすすめです」
(b)「やばいクライアントには指示が曖昧・連絡が遅いなどの特徴があり、気づいた際には上手く関係を断つことをおすすめします」など

④この記事を読まないデメリットを書く

(a)「Webライターにおすすめのクラウドソーシングを把握しないまま仕事を始めると、案件探しや低単価の案件で搾取されるなどのリスクが高まります」
(b)「悪質クライアントの特徴や避け方を把握しておかないと、稼げないどころか詐欺に遭ってお金を騙されるかもしれません」など

⑤この記事で解説する主な内容を書く

(a)「この記事ではWebライターにおすすめのクラウドソーシングや、選び方のコツなどを解説します」
(b)「そこで当記事では悪質・詐欺業者の特徴ややばい案件の内容の他、悪質クライアントに出くわした際の対処法などをまとめました。」

⑥この記事を読むことで得られるメリット

(a)「最後までこの記事を読むと、Webライターにおすすめのクラウドソーシングがわかるだけでなく、あなたに合うクラウドソーシングを選ぶコツなどがわかり非常に稼ぎやすくなります」
(b)「悪質クライアントの特徴や避け方などを把握すれば、その分良い案件に巡り合いやすく、Webライターとしての収入を高めやすくなります」

⑦「こんな人におすすめの記事です」とわかりやすく書く

(a)「Webライターにおすすめのクラウドソーシングを把握してガンガン稼いでいきたい人や、自身にピッタリのクラウドソーシングを見つけて前向きにお仕事したい人は必見です」
(b)「やばいクライアントを避けてWebライターとして成功したい人に役立つ情報を見ていきましょう」など

【テンプレをすぐ活用したい初心者Webライター用】リード文の例

リード文のテンプレを活用する初心者Webライター

「Webライターにおすすめのクラウドソーシング」の記事を書く時のリード文

サムアップ(初心者Webライターのリード文で内容がわかった人)

テンプレをすぐに活用したい初心者Webライター向けに、リード文の実例を書いてみました。

「Webライターにおすすめのクラウドソーシングを知って、効率良く稼ぎたい!」
①利用者の悩み・希望・疑問を書く

効率良く稼げるクラウドソーシングを把握しておけば、Webライターとして稼ぎやすくなり、どんどん前向きに取り組めますよね。
②上記の悩み・希望・疑問に共感する文章を書く

結論として、クラウドソーシングを使うならランサーズ・クラウドワークスの2つがおすすめです。
③結論(読者の悩み・希望・疑問に対する答え)を書く

Webライターにおすすめのクラウドソーシングを把握しないまま仕事を始めると、案件探しや低単価の案件で搾取されるなどのリスクが高まります
④この記事を読まないデメリットを書く

「この記事ではWebライターにおすすめのクラウドソーシングや、選び方のコツなどを解説します」
⑤この記事で解説する主な内容を書く

「最後までこの記事を読むと、Webライターにおすすめのクラウドソーシングがわかる他、あなたに合うクラウドソーシングを選ぶコツなどがわかり稼ぎやすくなります」
⑥この記事を読むことで得られるメリット

Webライターにおすすめのクラウドソーシングを把握してガンガン稼いでいきたい人や、自身にピッタリのクラウドソーシングを見つけて前向きにお仕事したい人は必見です
⑦「こんな人におすすめの記事です」とわかりやすく書く

初心者Webライターの方は、上記のリード文例を参考にしてみてください。

「やばい悪質クライアントの特徴・避け方」に関する記事を書く時のリード文

初心者Webライターのリード文で内容が理解できた人

初心者Webライターがすぐに使えるリード文の実例をもう一つご紹介します。

「悪質クライアントの特徴を把握して、Webライター収入をガンガン上げたい!」
①利用者の悩み・希望・疑問を書く

報酬未払いなどのリスクを下げて効率良く稼ぐため、どんなクライアントに関わるとやばいのか知りたいという人は少なくありません
②上記の悩み・希望・疑問に共感する文章を書く

やばいクライアントには指示が曖昧・連絡が遅いなどの特徴があり、気づいた際には上手く関係を断つことをおすすめします
③結論(読者の悩み・希望・疑問に対する答え)を書く

悪質クライアントの特徴や避け方を把握しておかないと、稼げないどころか詐欺に遭ってお金を騙されるかもしれません
④この記事を読まないデメリットを書く

そこで当記事では悪質・詐欺業者の特徴や、やばい案件の内容の他、悪質クライアントに出くわした際の対処法などをまとめました。
⑤この記事で解説する主な内容を書く

悪質クライアントの特徴や避け方などを把握すれば、その分良い案件に巡り合いやすく、Webライター収入を高めやすくなります
⑥この記事を読むことで得られるメリット

やばいクライアントを避けてWebライターとして成功したい人に役立つ情報を見ていきましょう
⑦「こんな人におすすめの記事です」とわかりやすく書く

以上の2例を活用して、初心者Webライターの方も自在にリード文を作成してみましょう。

テンプレをフル活用していない初心者Webライターが書きがちなリード文の例

バツ印を掲げる人:初心者Webライターのまずいリード文

参考までに、初心者Webライターが書きがちな「こういうリード文は多いけど、ちょっと不十分かな」というリード文の例を2つご紹介します。

当記事で紹介したテンプレを十分活用できていないと以下のようなリード文となり、クライアントから「少し訴求力に欠けるかな」と思われやすくなります。

そのため、初心者Webライターは「ここで見たちょっと不十分というリード文だと報酬アップにつなげづらくなるのか」と一つずつチェックしていきましょう。

不十分な例①「初心者Webライターに向いてる人の特徴」の記事を書く時のリード文

初心者Webライターにリード文が変だと伝える人

初心者Webライターになることは夢のようなものかもしれませんが、実際に収益を上げることができるのは、専門性の高いスキルを持つ人たちです。しかし、どんな分野でも、あなたには独自の知識や経験があります。それを活かすことができるのが初心者Webライターです。この記事では、初心者でも稼げるWebライターになるための方法を解説します。具体的なステップを踏んで、効率的にスキルを身につけ、クライアントから信頼される存在になりましょう。

【解説】

このリード文では、一見読者が興味を持つであろう「初心者でも稼げるWebライターになる方法」を端的に伝えているように見えますが不十分と判断できます。

第一文に次のような2つの問題があるからです。

KWが入っていない 「向いてる人」が抜けています。
読者の疑問を真っ向から否定しようとしている 「初心者がWebライターになったとしてもクライアントに貢献できず稼げませんよ」と突き放しているような印象を受ける読者がいるかもしれません。事実であっても読者が不快になるような書き方は避けたいところです。

第二文以降はさほど大きな問題はありません。第二文で読者の立場に立って「あなたには独自の知識や経験があります。それを活かすことができるのが初心者Webライターです。」と訴求することで、共感を得ようとしています。また「具体的なステップを踏んで、効率的にスキルを身につけ、クライアントから信頼される存在になりましょう。」という明確なメリットを提示することで、読者に記事を読む価値を感じてもらえるよう工夫しています。

このように、初心者Webライターがリード文を書くとき第一文でつまずくケースがあります。「KWを盛り込む」「疑問を提示する」の二点を頭に置いて作ると、まとまったリード文を作ることができるでしょう。

不十分な例②「初心者Webライターに向いてる人の特徴」の記事を書く時のリード文

つかみどころのない初心者Webライターのリード文に戸惑う人

もう一つ、初心者Webライターが書きがちなリード文を見てみましょう。

初心者Webライターに向いている人の特徴は何でしょうか?記事を書くことが好きな人や、文章力がある人が初心者Webライターに向いていると思われがちですが、それだけではありません。実は、初心者Webライターに必要なのは、コツコツと地道に文章を書き続けることができる忍耐力や、自己管理能力などの特徴が重要です。本記事では、初心者Webライターに向いている人の特徴を詳しく解説していきます。

この記事を読めば、自分が初心者Webライターに向いているかどうか、自己評価ができるようになります。また、初心者Webライターに必要なスキルや、どのようにスキルアップしていくかも学べます。さらに、初心者Webライターとして仕事をする際に抑えておくべきポイントや、注意すべき点も紹介しています。

初心者Webライターに向いている人の特徴を知り、自分に備わっているスキルを確認することで、自分に合った職業を見つけることができるかもしれません。初心者Webライターとしてのキャリアを積んでいくには、コツコツと地道に努力することが必要です。本記事を読んで、自分自身が初心者Webライターに向いているかどうかを見極め、自分に合ったキャリアパスを考えてみてください。

【解説】

この文章は簡潔でないところに問題があります。リード文で記事の内容を長々と書いてしまっては、読者が離脱する原因になりかねません。
また第一文において「初心者Webライターに向いている人の特徴は何でしょうか?」と書いていますが、読者が「わからないからこの記事を見にきたんだけど、何なのこれ」と思ってしまうでしょう。
このような的を得ない文章は、執筆のはじめにリード文を書くことによって生じるケースがあります。最初にリード文を書いてしまっている初心者Webライターの方は、記事の本文を全て書き終えてから書くようにしてみると良いでしょう。

「Webライターが自分に合っているのかわからない」
上記のリード文例を見て、こう感じた方もいるかもしれません。
そんな方には、以下の関連記事がおすすめです。
Webライターに向いている人の条件は意外と楽にクリアできることや、実際に案件をもらう方法まで解説しているのでぜひご覧ください。

【適性】Webライターに向いてる人・向いていないは?必要スキル・儲け方など

リード文が気になる初心者Webライターによくある質問

初心者Webライターのリード文関連の事項を質問する人

リード文とメタディスクリプションの違いは?

リード文関連で疑問に思う初心者Webライター

初心者Webライターがメタディスクリプションと間違いやすいリード文は記事の冒頭にある文章で、読者の注意を引き、記事の内容を要約し、興味を引くことが目的であり、記事のクリック率に影響します。一方、初心者Webライターが書くこともあるメタディスクリプションは、検索結果ページに表示される短い文章で、記事の内容を要約し、読者の注意を引くことが目的であり、SEOに影響します。

【参考】
───────────────
メタディスクリプションは、検索結果ページで表示される短い文章で、記事の内容を要約し、読者の注意を引くことが目的です。メタディスクリプションは、検索結果ページの下部に表示され、記事のタイトルの下に表示されるため、読者が記事をクリックする前に表示されます。メタディスクリプションは、検索エンジンによって、記事の内容やテーマを理解し、ランキングに影響を与えるために使用されます。
───────────────

このようにリード文とメタディスクリプションはどちらも読者の注意を引き、記事をクリックしてもらうために非常に重要ですが、それぞれ異なる役割を持っています。初心者Webライターは適切なリード文とメタディスクリプションを使用することで、記事のクリック率やSEOランキングを向上させることができます。

リライトする時に上手くリード文を改善するコツは?

リード文の改善法を気にする初心者Webライター

初心者Webライターがリライトする際にリード文を改善するコツは、記事全体の内容をふまえて再度調整することです。

例えばリライト時に新しい内容を付け足した場合には、リード文にも「●●も解説しています」などと付け足しましょう。

他にもリライト時にリード文を見直すことで、「この文章、よく考えると不要だな」などと改善点が見つかることはあります。

リライト時にリード文の改善点が見つかりやすい理由は、新鮮な目で改めて見直せるからです。

「3ヶ月経って改めてリライト時にリード文を見直すと、読者目線で読めたから、改善点が見つかった!」
初心者Webライターでなくても、リード文を見てこのように感じることは決して少なくありません。

リライト時にググっと記事の質を高められれば、それだけ検索順位が上がりやすくなり、収益も伸びやすくなるでしょう。

そのため初心者Webライターの方は、リライト時にリード文の改善にも注力しましょう。

リード文と見出しの違いは?

リード文と見出しを混同する初心者Webライター

初心者Webライターが混同する「リード文」と「見出し」の違いは、記載する場所や役割にあります。リード文は記事の先頭にあり、読者を引き付けるための文章です。

一方、初心者Webライターも設定する見出しは記事内の見出し(目次名)の内容を要約した簡潔な文章です。見出しは、その記事を構成する見出し名・目次名を表します。見出し名は、その見出しに書いてある内容を簡潔に示すことが目的です。なお見出しは30文字以内で書かれるケースが多いです。

初心者Webライターはリード文と見出しの違いを区別して、クライアントの要求に応えられるようになりましょう。

リード文は何文字くらい書くと良い?

リード文の字数を調べる初心者Webライター

通常、初心者Webライターに限らずリード文の長さは300〜500文字程度と考えられます。リード文の長さは、読者の注意を引きつけるのに十分な情報を提供するだけの短い長さが理想的です。短すぎると読者の興味を引くことができず、長すぎると読者の注意を引きつける前に退屈させる可能性があります。

重要なのは、リード文が読者に続きを読む理由を提供して記事の内容に関心を持たせることです。そのため初心者Webライターはリード文を書く前に、記事の中心的なアイデアや情報をまとめ、その中から最も興味を引けそうな部分を選択することが重要です。

また、リード文はSEOにも影響を与えますので、記事のターゲットキーワードを含めることが望ましいです。リード文は記事全体を象徴する重要な役割を果たすため初心者Webライターも丁寧に検討し、最も魅力的で興味を引く文章にしましょう。

なお、リード文ではなくWebライターがどれだけの字数を書けるようになると良いかについては、下記の記事をご覧ください。

初心者Webライターが1時間に2000文字を書くコツと重要性!いくら稼げる?

リード文の質を高めてワンランク上の初心者Webライターになろう!

初心者Webライターのリード文の書き方をまとめる人たち

初心者Webライターにとって、リード文は非常に重要な要素の一つです。リード文が魅力的で読み手の注意を引けば、記事全体が読まれる可能性が高くなります。ここでは、初心者Webライターに役立つリード文に関する情報についてまとめました。

まず、共感してもらえる文章を書くことが重要です。読者が興味を持ち、共感する内容を書くことで、読者が記事を読む動機が生まれます。

また、リード文の中には、記事の要点を簡潔に表現する必要があります。読者にとって重要な情報を簡潔にまとめることで、記事全体が理解しやすくなります。

さらに、記事全体を読んでからリード文を書くことも有効です。これによって、記事の重要なポイントを把握し、それをリード文に盛り込むことができます。

また、記事の内容が読みやすく、分かりやすいことも大切です。言葉遣いや文体にも注意を払うことで、読みやすさを高めることができます。

逆に、読者がこの記事を読まなかった場合のデメリットや、読んだ場合のメリットをリード文に盛り込むことも効果的です。読者に何かしらのインセンティブを与え、記事を読み進めさせることができます。

さらに、記事を書く際には、ターゲット層を絞りすぎないことも大切です。ある程度幅広い層に向けて書くことで、記事の読者層が増える可能性があります。

初心者Webライターにとってリード文は、記事の読者を惹きつけるために非常に重要な要素です。リード文には、共感を得られる内容や要点を簡潔に表現すること、記事全体を理解した上で書くこと、読みやすさを意識すること、デメリットやメリットを盛り込むこと、ターゲット層を絞りすぎないことなど、多くのポイントがあります。初心者Webライターは、これらのポイントを把握し、練習することで、より魅力的なリード文を書くことができるようになるでしょう。

「リード文の書き方など、Webライティングのテクニックをもっと詳しく知りたい!」
そんな初心者Webライターの方には、藤崎のWebライター講座がおすすめです。
個々に最適な指導を自分のペースで受けられる点が魅力の当講座について、口コミ評判を交えながら解説しています。
少しでも気になる初心者Webライターの方は、サクッとご確認くださいね。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ブログライティング講座5選【無料あり】
  2. 40代主婦の仕事探しのコツアイキャッチ画像
  3. スケジュール副業Webライターの1ヶ月・1週間・1日!予定の立て方・儲け方などのアイキャッチ画像
  4. Webライターの始め方・おすすめライティング講座が知りたい中学生
  5. Schooの悪い評判(Schoo for Business含む)・料金など

目次