ChatGPTのライティングプロンプト一覧!記事作成・原稿作成など幅広くご紹介

この記事は19分で読めます

ChatGPTの進化は、文章作成の世界に革命をもたらしました。本記事では、SEOライティングからスピーチ作成まで、ChatGPTを活用する多彩な方法を探ります。プロンプトの例や利用時の注意点を紹介し、あなたのライティングプロセスを効率化するヒントを提供します。この先端技術を駆使して、クリエイティブな可能性を広げましょう。

目次

ChatGPTで作成できる文章とライティングプロンプト

ChatGPTは、多様な文脈や用途に応じた文章生成が可能です。Webライターやコンテンツクリエーターにとって有用なツールとなり得るChatGPTの機能を、以下の項目に分けて探っていきます。

  • SEOライティング(Web記事): Web上での視認性を高めるためのテクニックとしてSEOライティングの重要性を解説し、ChatGPTがどのように役立つかを掘り下げます。
  • コピーライティング: 効果的な広告文やマーケティング用のテキストを作成する際のコピーライティングスキルと、ChatGPTの活用方法について説明します。
  • スピーチ原稿: 公の場で話す際の原稿作成にChatGPTがどう貢献できるか、具体的な使用例を示します。
  • インタビュー: インタビュー記事や質問準備にChatGPTを利用するメリットとテクニックを紹介します。
  • プレスリリース: 企業やイベントの重要なお知らせを効果的に伝えるプレスリリース作成におけるChatGPTの役割を探ります。

このセクションでは、ChatGPTを用いてどのような文章やライティングプロンプトを作成できるのか、各分野ごとに見ていきましょう。

SEOライティング(Web記事)

SEOライティングは、検索エンジンのアルゴリズムを理解し、その基準に合わせてコンテンツを最適化する技術です。このプロセスでは、キーワードの選定と配置、コンテンツの構造、ユーザーの検索意図の理解が重要となります。ChatGPTを活用することで、これらの要素を踏まえた記事の下書きやアイデア出しを効率的に行うことができます。特に、ペルソナ設定からタイトル案の生成、構成案の策定まで、SEOライティングの各段階において役立つプロンプトを提供できる点が大きな利点です。しかし、ChatGPTが生成する情報は最新ではない場合があり、SEO戦略においては最新のトレンドやデータの反映が不可欠であるため、外部のSEOツールや最新の研究を併用する必要があります。また、生成されたコンテンツの事実確認やブランドの声に合わせた微調整も必要となります。これらの活用法を理解し、適切に組み合わせることで、ChatGPTはSEOライティングのプロセスを支援し、より効果的なWebコンテンツの作成に貢献することができます。

コピーライティング

コピーライティングでは、読者の注意を引き、行動を促す強力なメッセージを作成します。ChatGPTはこのプロセスを支援するため、特定の目標に合わせたプロンプトを提供します。たとえば、ターゲットオーディエンスの特定、彼らの関心を引くキャッチコピーの作成、商品やサービスの魅力を伝えるボディコピー、そして購入を促すクロージングコピーなど、コピーライティングの各段階で役立つプロンプトがあります。ChatGPTを用いることで、マーケターやコピーライターは、アイデア生成、リサーチ、そしてコピーの草稿作成を迅速に行うことができます。また、ChatGPTはコピーをさらに魅力的にするための言い回しや表現の提案も提供し、コピーライティングの質を高めることが可能です。

スピーチ原稿

スピーチ原稿の作成は多くの人にとって難しい課題ですが、ChatGPTを利用することでこのプロセスを劇的に改善することが可能です。ChatGPTは、速やかにアイデアを生み出し、構成を整理し、聴衆に響く言葉を選び出すのを助けます。重要なのは、スピーチの目的を明確にし、それに沿った内容をChatGPTに指示することです。これにより、教育的環境、ビジネスプレゼン、特別な機会など、さまざまな場面で使用できる原稿を生成できます。ChatGPTを用いて具体的な情報を整理し、効果的なスピーチ原稿を作成する方法には、目的の設定、必要な情報の具体化、スピーチの流れを論理的に構築することなどが含まれます。このアプローチにより、時間の節約はもちろん、内容の質を高め、聴衆に強い印象を残すスピーチが可能になります。

インタビュー

ChatGPTを活用したインタビュー記事執筆は、ライティングの工数を削減する可能性を秘めていますが、実際の適用には限界があることが実験から明らかになりました。質問の作成、インタビューの実施、文字起こし、記事化、そして校正までの全工程にAIを試用しました。特に、ChatGPTは質問項目の作成や文字起こし後の編集に有効でしたが、文字数制限や内容の深さに課題があることが分かりました。インタビュー記事では、インタビュイーの声やエピソードの細部までを伝えるためには、人の手による微調整が不可欠であり、AIの使用は補助的な役割に留まることが示唆されています。この限界を認識することが、ChatGPTの有効な使用方法を見極める上で重要です。

プレスリリース

プレスリリースの作成にChatGPTを活用することは、広報・PR活動に新たな可能性をもたらします。ChatGPTを用いることで、明確な質問を通じて、テーマに即した内容の提案、文章作成の指示、さらにはタイトル案の生成までが可能になります。特に、文章作成が苦手な方や具体的な構成に悩んでいる方にとって、ChatGPTは有効なサポートツールとなり得ます。ただし、利用する際にはChatGPTの文字数制限や質問の具体性が重要となり、これらを踏まえた上で質問を工夫することが成功の鍵となります。このようにして、ChatGPTはプレスリリースの作成プロセスを効率化し、質を向上させるための強力なアシスタントとして機能します。

SEOライティング・Web記事作成でChatGPTを使えるポイント

SEOライティングとWeb記事の作成は、検索エンジンでの視認性を高めるために欠かせないプロセスです。ChatGPTを活用することで、このプロセスがより効率的かつ効果的になります。テーマやペルソナの設定から始まり、構成の下書き、魅力的なタイトルの作成、読み手を引き込むリード文の作成、文章の校正、そして要約まで、ChatGPTは記事作成のあらゆるステップで有用です。これらのポイントを抑えることで、読み手の関心を引き、検索エンジンでのランキングを向上させることが可能になります。各ステップでChatGPTを如何に活用するかが、SEOライティングとWeb記事の質を決定します。

  • テーマ・ペルソナ設定
  • 構成の下書き
  • タイトル
  • リード文
  • 文章校正

テーマ・ペルソナ設定

テーマとペルソナ設定は、SEOライティングとWeb記事作成において極めて重要なステップです。ChatGPTを利用する際には、まず記事の目的やターゲットとなる読者(ペルソナ)を明確にすることが求められます。この過程で、記事が解決すべき問題や提供すべき価値を特定し、それに基づいて適切なキーワードやテーマを選定します。ChatGPTに正確な情報を提供しておくことにより、ターゲット読者の興味やニーズに合致した内容の提案を得ることができ、結果として検索エンジンで上位に表示できる可能性が高くなります。このようにテーマとペルソナの設定を丁寧に行うことが、効果的なSEOライティングへの第一歩となります。

構成の下書き

構成の下書き作成では、ChatGPTを使って記事の骨組みを構築することが可能です。このプロセスでは、導入部、本文、結論の流れを計画し、それぞれのセクションで読者に伝えたい主要なポイントを明確にします。特に、SEOを意識した構成を考える際には、ターゲットとするキーワードを適切に配置し、読者が検索する可能性の高い質問に答える形で内容を組み立てることが重要です。ChatGPTは、このような構成案の作成を支援し、より効果的なSEO対策が施された記事を生み出すための強力なツールとなります。記事の構成を事前にしっかりと計画することで、読者の興味を引きつけ、検索エンジンでの視認性を高めることができます。

タイトル

タイトルの作成はSEOライティングにおいて重要な要素です。ChatGPTを使用してタイトルを生成する際には、上位に表示したいキーワードを適切に含めることが必要ですが、それだけでは上位表示を目指せる記事を書くことはできません。読者の関心を引き、クリックを促すような魅力的で具体的な表現を用いることが重要です。また、タイトルは検索結果において記事の内容を正確に伝えるものである必要があります。このプロセスを通じて、ChatGPTは異なるスタイルや表現を試すことで、最も効果的なタイトルを見つけるのを助けます。SEO対策だけでなく、読者の興味を惹きつけるタイトルの作成は、記事の成功に直結します。

リード文

リード文の作成は、SEOライティングとWeb記事作成で読者の注意を惹きつける上で重要な役割を果たします。効果的なリード文は、記事の内容を簡潔に要約し、読者に対して続きを読むための興味を喚起します。ChatGPTを使用してリード文を作成する際には、記事の主要なキーワードを自然に組み込みつつ、読者の好奇心を刺激する情報や質問を提供することがポイントです。記事を読んでもらうように仕向けることがリード文の大きな役割なので、リード文の出来が成約率アップにつながるといっても過言ではありません。このようにして、リード文はSEOの観点からも読者エンゲージメントの観点からも、記事の成功に不可欠な要素となります。

文章校正

文章の校正は、SEOライティングとWeb記事作成の過程で極めて重要なステップです。校正を行うことで、文の流れをスムーズにし、誤字脱字や文法的な誤りを修正することができます。また、校正を通じて、SEOにおけるキーワードの適切な配置や密度を再確認し、記事全体の品質を向上させることが可能です。もし校正をしないと、読者が記事を途中で読まなくなってしまうかもしれません。そうなると結果的に成約率を下げることになってしまい大きな損失が出てしまいます。ChatGPTを利用することで、文章の自然さや読みやすさを改善し、より魅力的なコンテンツを作成するための提案を得ることができます。このプロセスは、検索エンジンでのランキングを向上させるだけでなく、読者の満足度を高め、ウェブサイトへの再訪意欲を促すことにも繋がります。

要約

要約の作成は、SEOライティングとWeb記事の効果を高めるために欠かせない工程です。ChatGPTを利用してこの部分を作成する際には、記事全体の内容を簡潔にまとめ上げ、読者が持ち帰るべき中心的なメッセージや学びを明確に伝えることが重要です。良質な要約は、記事の主要な議論点や結論を抽出し、それらを読者に分かりやすく提示します。このようにして、読者の理解を深め、記事の価値を高めることができます。また、SEOの観点からも、要約にキーワードを適切に含めることで、検索エンジンによるより良い評価を受ける可能性があります。要約は、記事の品質を示すとともに、読者の記憶に残る強い印象を与えるための最後のチャンスでもあります。

SEOライティング・Web記事作成にChatGPTを使うメリット

SEOライティングとWeb記事作成にChatGPTを活用することには、多くのメリットがあります。

  • 時短になり質を上げやすい
  • 思いつかない観点から記事を作れる可能性がある
  • ライティングの型習得に役立つ
  • ライティングスキルの向上
  • 記事を量産できる

時間の節約が最も顕著なメリットの一つであり、高品質なコンテンツをより速く提供することができます。ChatGPTは予期しない観点からのアイデアを提供することができ、記事の多様性と深みを増すことが可能です。またライティングの型を習得しスキルを向上させるための素晴らしいツールとなり得ます。これにより、一貫性があり読み手を引きつける記事を量産することが可能になります。

時短になり質を上げやすい

ChatGPTの活用はSEOライティングやWeb記事作成のプロセスを大きく加速させ、従来は時間を要した作業を劇的に短縮します。この時短効果の最大の利点は、ライターやコンテンツクリエーターが創造的な思考や革新的なアイデアの開発により多くの時間を割けるようになることです。例えば、ChatGPTを利用して初稿を作成した後、その時間を用いて深いリサーチを行ったり、記事の視覚的な要素を強化したり、読者とのエンゲージメントを高める戦略を練ることが可能になります。このようにして、ChatGPTは単に作業の効率化を図るだけでなく、コンテンツの質を高め、読者にとってより価値のあるものを提供するための余地を生み出します。このアプローチは、コンテンツ制作の質と速度の両方を改善することに寄与し、競争の激しいデジタルマーケティングの世界での成功に不可欠です。

思いつかない観点から記事を作れる可能性がある

ChatGPTの使用は、従来のアプローチでは見落としがちな新しい視点やアイデアを提供することができます。これにより、記事作成のプロセスが豊かになり、読者に新鮮な内容を提供することが可能になります。ChatGPTは、多様なデータソースや情報に基づいて、様々な角度からのアプローチを提案することができるため、記事の内容をより深める可能性があります。上位記事や他の有力な競合サイトには見られない視点が得られるかもしれません。このように、ChatGPTを活用することでコンテンツの質を向上させるとともに読者の関心をより強く引くことができるため、SEOライティングやWeb記事作成において大きなメリットをもたらします。

ライティングの型習得に役立つ

ChatGPTを活用することで、ライティングスキルの向上に役立つ点は非常に重要です。ChatGPTによるフィードバックや提案を受けながら、さまざまなライティングスタイルやジャンルにおける文章作成の技術を学ぶことができます。これにより、ライターは自らの表現力を磨き、読者にとってより魅力的なコンテンツを作成する能力を高めることが可能になります。このプロセスは、従来の試行錯誤による学習方法に比べても完璧ではないものの少なくとも効率的であり、集中的に短期間でライティングスキルを向上させることが期待できます。このように、ChatGPTはライティングスキルの向上において貴重なツールとなり得るのです。

記事を量産できる

ChatGPTの活用により、記事の量産は非常に効率的なプロセスへと変化します。ChatGPTの優れた技術を使用することで、特定のテーマやニーズに応じた高品質な記事を短時間で大量に生産することが可能になります。コンテンツの多様性を確保しつつ一貫した品質を維持させやすいため、ChatGPTはWebサイトやブログの視認性とエンゲージメントを向上させる大きな手段となります。また、ChatGPTを利用することで、ライティングの工程を自動化し、創造的な作業により多くの時間を割くことが可能になり、コンテンツの質と量の両方を向上させることができます。

以上がSEOライティングと記事作成にChatGPTを用いるメリットです。

【対処法あり】SEOライティング・Web記事作成にChatGPTを使う際の注意点

SEOライティングやWeb記事作成でChatGPTを使用する際には、いくつかの注意点があります。これらを理解し、適切に対処することで、ChatGPTの力を最大限に活用することが可能です。

  • 有料版でないと最新情報を得られない
  • 記事をすべて書いてもらえない(自動生成そのままはNG)
  • 信頼できない情報が含まれる可能性がある
  • 個人情報は入力しない

これらの点に注意しながらChatGPTを賢く活用すれば、SEOライティングとWeb記事作成の効率と品質を向上させることができます。

有料版でないと最新情報を得られない

ChatGPTの無料版を使用する場合、最新情報の取得が限られる可能性があります。特にSEOライティングやWeb記事作成では、時事性の高い情報や最新のトレンドを取り入れることが重要です。この課題に対処するためには、有料版へのアップグレードや他の情報源からの補足が有効です。有料版では、更新されたデータベースへのアクセスが可能になり、より正確で現代的なコンテンツの作成を支援します。ChatGPTの有料版にはWebブラウジング機能が備わっており、これにより最新の情報やデータにアクセスすることが可能なためです。この機能を利用することでSEOライティングやWeb記事作成時に、時事性の高い内容やトレンドに即した情報を取り入れることができます。信頼性の高い情報を確保するためにはChatGPTで得た情報を確認し、必要に応じて補足調査を行うことが重要です。

記事をすべて書いてもらえない(自動生成そのままはNG)

ChatGPTを使った記事作成では、生成された内容をそのまま使用すること、いわゆる「記事の丸投げ」は避けるべきです。これは、自動生成されたテキストが必ずしも最新かつ正確な情報を反映しているとは限らないため、また、オリジナリティのある質の高いコンテンツを提供するためには人間の編集者の介入が不可欠であるためです。ChatGPTの生成する内容が何らかのコンテンツの「パクリ」になっている可能性もゼロとはいえません。もしそのようなコンテンツを公開すると、サイト自体がペナルティを受けてしまい他の記事にも影響が出てしまうでしょう。記事の品質を保証して読者に価値ある情報を提供するには、ChatGPTによって提供された草稿を基に、適切な編集や情報の追加、確認作業を行うことが重要です。

信頼できない情報が含まれる

ChatGPTを使用してWeb記事やSEOコンテンツを作成する際には、自動生成された内容が常に正確であるとは限らないため、信頼できない情報が含まれる可能性があります。Webブラウジング機能やGPTsにナレッジを読み込ませたとしても、その情報が誤っているか誤解釈をしてしまう可能性も否定できないためです。この問題に対処するためには、生成された内容を検証し、信頼性の高い情報源を参照して補足することがとても重要になります。また、情報の正確性を確保するためには最新の研究や公式の発表などを直接確認することが強く求められるのです。このような慎重なアプローチを取ることで、読者に提供する情報の信頼性と価値を高めることができます。

個人情報は入力しない

ChatGPTや他のAIツールに個人情報や機密情報を入力しないことは極めて重要です。これらの情報を入力することは、データの漏洩や不正利用につながるリスクがあります。AIは膨大なデータを処理し、学習するため、入力された情報が意図しない形で外部に露出する可能性があります。また、個人情報の保護は法律で定められているため、これを遵守することは法的責任を果たす上で不可欠です。

ただし、ChatGPTを利用するときにデータを学習させないようにすることは可能なのでリスクを低く押さえることは可能です。それでも安全なコンテンツ作成環境を維持するために、個人情報の入力は極力避け、常にデータのプライバシーとセキュリティを最優先に考えるべきでしょう。

SEOライティング・Web記事作成のプロンプト

SEOライティングとWeb記事作成において、ChatGPTを効果的に使用するためのプロンプトを紹介します。これらのプロンプトは、記事の質を向上させ、検索エンジンでの視認性を高めることを目的としています。

  • キーワード設定
  • テーマ・ペルソナ設定
  • タイトル
  • 構成
  • 要約
  • 校正

これらのポイントに注目し、各ステップでChatGPTを活用することで、効率的かつ効果的にSEOに強いWeb記事を作成することができます。

キーワード設定

キーワード設定はSEOライティングとWeb記事作成において基礎となるステップです。適切なキーワードを選定し、それらを記事内で自然に使用することで、検索エンジンによる記事の評価が高まります。このプロセスには、ターゲットとなる読者層の検索傾向を理解し関連性の高いキーワードやフレーズを選び出すことが含まれます。
例えば以下のようなプロンプトが考えられるでしょう。

・「家電製品」に関するSEOキーワードを20個列挙してください。

・「MacBook」に関するSEOキーワードを30個列挙してください。

ちなみにキーワードの過剰使用を避け、内容の質を損なわないように配慮することも重要です。効果的なキーワード戦略は、記事の検索エンジンでの可視性を高め、より多くの読者に到達するための鍵となります。

テーマ・ペルソナ設定

テーマとペルソナの設定は、ターゲットとなる読者層の興味やニーズに合わせたコンテンツを作成するために重要です。これにより、記事が読者に響き、SEO効果も高まります。記事のテーマを決定する際には、読者が求める情報や解決したい問題を理解し、それに応える内容を考えます。ペルソナ設定では、具体的なターゲット読者のプロファイルを作成し、その人物が関心を持ちそうな話題やキーワードを選定します。

例えば以下のようなプロンプトが考えられます。

「(特定の興味や問題を持つペルソナ)を想定し、そのペルソナに合わせた記事のテーマを提案してください」

「(指定されたターゲットオーディエンスの特徴)に基づいて、関心を引く可能性の高い記事のアイデアを生成してください」

このようなプロンプトでテーマ・ペルソナ設定ができたら、タイトル設定に進みます。

タイトル

タイトル設定はSEOライティングにおいて非常に重要です。魅力的なタイトルは、検索エンジンの結果ページで目立つことを保証し、潜在的な読者を引きつける役割を持ちます。タイトルは記事の内容を正確に反映し、読者が求める情報が含まれていることを示す必要があります。キーワードを効果的に組み込むことで、SEOのパフォーマンスを最適化し、より多くのトラフィックを獲得することが可能になります。

例えば以下のようなプロンプトが考えられるでしょう。

・「記事タイトルを10個提案してください。このとき、「カーテン」「長い」の語句を必ず盛り込むようにしてください」

・「記事テーマに即したタイトルを5個考えてください。このとき、疑問符や感嘆符は使わないようにしてください。その上で、「レンチン」「パスタ」の語句を必ず使ってください」

提示されたタイトルに納得がいかなければ、もう一度生成してもらいましょう。

続いて構成作りに進みます。

構成

構成作りも検索上位に表示するための重要な工程です。

構成を作るときは、以下のようなプロンプトが考えられます。

・「指定されたキーワードに基づいて、記事の構成案を提案してください」

・「特定のテーマに対する導入部・中心部・結論の概要を作成してください」

・「見出しの数は5個以上にして、記事の構成を3つ提案してください」

これらのプロンプトを使用することで記事が検索エンジンでより良く評価され、読者にとって魅力的な内容になるように、効果的な構成を考えることができます。

要約

要約の作成に関するプロンプトは、記事の主要なポイントを簡潔に伝え、読者に記事の価値をすぐに理解させるために重要です。効果的な要約には、記事の核心を捉え、主要な議論や結論を明確にすることが求められます。また、SEOを意識した要約では、重要なキーワードを自然に組み込み、検索エンジンの評価を高めることも重要です。

例えば以下のようなプロンプトが考えられます。

・「今から提示する文章を、300字程度で要約してください」

・「以下の文章を、300字以上350字未満で要約してください。

その上で、重要なポイントを3つ抜き出して箇条書きにし、各ポイントを50字程度で解説してください」

SEO記事以外にも要約するシーンはあるはずなので、このプロンプトはフル活用できるでしょう。

校正

校正のプロセスでは、ChatGPTを使用して文章の明瞭さ、一貫性、および誤りのない表現を確保することが重要です。この段階では、文法やスペル、句読点の誤りを修正し、文章の流れを改善することで、読みやすく理解しやすいコンテンツを作成します。また、SEOにおいて重要なキーワードの自然な使用や適切な配置を再確認し、記事全体の品質を高めることができます。

例えば以下のようなプロンプトが考えられます。

・「以下の文章について、論理的におかしな箇所を訂正してください。

このとき、論理的にどのような誤りが生じているのかも解説してください」

・「以下の文章について、表記ミスと思われる箇所を正しく表記してください」

・「以下の文章について、キーワード「カーテン 長い」が含まれていない見出しに「カーテン 長い」を入れて訂正してください」

このようにChatGPTを用いて校正すれば、Web記事の上位表示が期待でき、成約率アップにつながるでしょう。

コピーライティングのプロンプト

コピーライティングにおいて、ChatGPTを活用することで、創造的なキャッチコピー、説得力のあるボディコピー、効果的なクロージングコピーを作成するためのプロンプトを用いることができます。これらのプロンプトは、ターゲットオーディエンスに響くメッセージを伝え、製品やサービスに対する関心を喚起するのに役立ちます。

  • ターゲット設定と商品リサーチ
  • キャッチコピー
  • ボディコピー
  • クロージングコピー

このアプローチにより、コピーライティングの各段階でChatGPTを効果的に使用し、読者の行動を促す魅力的なコピーを作成することができます。

ターゲット設定と商品リサーチ

ターゲット設定と商品リサーチはコピーライティングにおいて不可欠です。このプロセスでは、製品やサービスの理解を深め、ターゲットオーディエンスのニーズや関心を明確に把握します。この情報を基に、魅力的なキャッチコピーを作成し、読者の注意を引きつけることができます。

例えば以下のようなプロンプトが考えられます。

「あなたはWebマーケターのエキスパートです。2〜3万円台のカメラをほしいと思う人の属性を思いつく限り挙げてください」

このようなプロンプトを使うと、正しくターゲットを定めて成約率の上がるコピーライティングができるようになる可能性があります。

キャッチコピー

キャッチコピーは一言で購買欲を高めるようにする必要があります。例えば以下のようなプロンプトが考えられるでしょう。

・「製品名とその主な利点を用いて、一文で消費者の好奇心を刺激するキャッチコピーを生成してください。」

・「ターゲットが直面している問題を解決する製品の機能を強調するキャッチコピーを作成してください。」

・「製品の使用感や体験を想像させる感情的なキャッチコピーを提案してください。」

・「競合他社との差別化を明確にする、製品のユニークな特徴を前面に出したキャッチコピーを考えてください。」

いろいろなプロンプトを試しながら、最適なキャッチコピー案を手に入れましょう。

ボディコピー

ボディコピーは、製品やサービスの価値を深く掘り下げ、読者に具体的な利益を提示するのに大きな役割を果たすものです。

ボディコピーの作成には以下のようなプロンプトを用いると良いでしょう。

・「製品の特徴と利点を詳細に説明し、その情報を基に読者が興味を持つようなボディコピーを作成してください。」

・「ターゲットが直面する問題点を特定し、提供するサービスがどのようにそれを解決するかを示すボディコピーを生成してください。」

キャッチコピーと同じくプロンプトを色々と試しながらボディコピーを厳選してみましょう。

クロージングコピー

クロージングコピーは、広告やプロモーション文章の結びに位置し、読者に具体的な行動を促すメッセージです。この部分は、製品やサービスへの関心を行動に変えるための最後の押しとなるため、強い印象を残すことが重要です。例えば、「今すぐ登録して、特典を受け取ろう!」や「限定オファーを見逃すな!今すぐクリック」といった表現が含まれます。これらの例は、読者に直接的なアクションを促し、キャンペーンや製品への関心を高める効果が期待できます。

このように効果的なクロージングコピーを作るには以下のようなプロンプトを用いると良いでしょう。

  1. 「製品の購入を迷っている読者に対し、行動を促すクロージングコピーを作成してください。」
  2. 「限定オファーを強調し、即時行動を促すクロージングコピーを考えてください。」
  3. 「読者に無料トライアルへのサインアップを促すためのクロージングコピーを提案してください。」
  4. 「製品レビューや体験談を読んだ後に、購入ページへのリンクとともに提示するクロージングコピーを生成してください。」

このようなプロンプトを用いて、成約率を高めるクロージングコピーを作ってみましょう。

コピーライティングにChatGPTを使うメリット・デメリット

コピーライティングにChatGPTを使うメリット・デメリットについて見ていきましょう。

・メリット

・デメリット

ChatGPTをコピーライティングに活用することで創造的なプロセスを助け、多くのアイデアを迅速に生成できます。

しかし、常に最新の情報を反映させることや完全にパーソナライズされたコンテンツを作成することには限界があると認識する必要があるでしょう。

メリット

コピーライティングにChatGPTを使うメリットは以下の通りです。

・マーケティングの知識に乏しくてもコピーを作成できる

・より効果的なコピーを生成できる

・たたき台の数を増やせる

ChatGPTを用いると、コピーライティングの専門家でなくてもある程度の質が担保されたコピーを作ることはできます。人間と違って物理的な限界がないので、さまざまな案を比較検討したい場合にも有効でしょう。

ChatGPT以外にもコピーライティングに特化したAIツールもあるので、これらと併用するとより効果を発揮します。

デメリット

コピーライティングにChatGPTを使用するデメリットとして、生成されるコピーが常に最新の市場動向や消費者の感情を反映していない可能性があります。また、ChatGPTが生成するコンテンツにはパーソナライズの深さが欠けることがあり、ブランド独自の要素や個性を表現するのに限界がある場合があります。さらに生成されたコピーをそのまま使用することは著作権の問題を引き起こすリスクもあり、常にオリジナリティと法的な側面を考慮する必要があります。

ChatGPTを使って生成されたコピーは一見魅力的であっても、必ず修正が必要となる点には留意しておかなければなりません。

スピーチ原稿作成のプロンプト

効果的なスピーチ原稿を作成するには、聴衆、目的、重要なメッセージを注意深く考慮する必要があります。作成プロセスのプロンプトをいくつかの工程に分けて示します。

・前提条件の整理
・整理した条件・情報をもとにした原稿作成

これらのスピーチ原稿作成に役立つプロンプトを見ていきましょう。

前提条件の整理

心に響くスピーチをしたいのなら、まずはスピーチの下地となる前提条件をはっきりさせる必要があります。前提条件を指定するためには、例えば以下のようなプロンプトを入力すると良いでしょう。

「大学合格体験に関するスピーチ原稿を作成したいです。 ChatGPTを用いてスピーチ原稿を作成するために、どのような情報が必要でしょうか。 箇条書きにして、考えうる限り列挙してください。 できれば具体例もお願いします。」

このプロンプトを入力すると、以下のような回答が得られます(一例)。

大学合格体験に関するスピーチ原稿を作成する際に考慮すべき情報は以下の通りです:

  1. 自己紹介
    • 自分の名前、出身地、興味関心のある分野など
  2. 合格した大学や大学院の選択理由
    • なぜその大学や大学院を選んだのか
    • 学部や専攻の選択理由
  3. 合格までの道のり
    • 勉強方法や準備期間について
    • 受験科目や志望校の選定基準
  4. 困難や挑戦
    • どのような困難や挑戦があったか
    • それらを乗り越えるためにした努力や工夫
  5. 応援やサポート
    • 家族、友人、教師などからのサポートや励ましの言葉
    • 応援してくれた人々への感謝の意を述べる
  6. 目標や夢について
    • 大学生活での目標や夢について語る
    • その目標や夢を達成するための取り組み方
  7. 将来への展望
    • 大学卒業後のキャリアや進路についての展望
    • 自身の将来像や社会貢献への考え
  8. 感謝と締めくくり
    • 再度、サポートしてくれた人々への感謝の言葉
    • スピーチを聞いてくれた人々への感謝と締めくくり

具体例として、これらの情報を組み合わせたスピーチ原稿の一部を示します:

(以下具体例・略)

これでほぼ骨組みは完成します。この工程が済んだら次に進んでください。

整理した条件・情報をもとにした原稿作成

ChatGPTから得られた回答をもとに、具体的な情報を入力して原稿を作っていきます。

先ほどの例であれば、以下のようなプロンプトを入力すると良いでしょう。

以下の情報をもとにスピーチ原稿を作成してください。

  1. 名前:◆◆
    出身:××県
    興味関心のある分野:◇◇(実際に専攻中)
  2. 合格した大学:イロハ大学
    なぜその大学や大学院を選んだのか:考古学で著名な実績のあるXY教授がいるため、前々から興味があった△△について深く学べると思ったから
  3. 勉強方法や準備期間:通塾なし、2年の春から本格始動
    受験科目や志望校の選定基準:受験科目は必ず数学を入れつつ、それほど奇問が多くないところを選んだ
  4. どのような困難や挑戦があったか:

(以下略)

できあがった原稿は自分の手、もしくはChatGPTの助けを借りながら添削し、聞きやすく読みやすい文章に仕上げていきます。

インタビューのプロンプト

インタビューのためのプロンプトは、質問の準備、インタビュー対象者の選定、インタビューの目的やテーマを明確にすることから始まります。効果的なインタビューは、対象者の興味深い話や見解を引き出す質問を用意することが重要です。また、インタビューの流れをスムーズにするためのガイドラインや、対話を促進するためのフォローアップ質問の準備も含まれます。

・質問

・ケバ取り

・校正

質問

※参考とするURL内の内容を読み取れず生成できなかった

ケバ取り

※参考とするURL内の内容を読み取れず生成できなかった

校正

※参考とするURL内の内容を読み取れず生成できなかった

プレスリリースのプロンプト

プレスリリース作成のプロンプトには、テーマ設定から始まり、ターゲットオーディエンスの関心を引くタイトルの作成、重要な情報や発表内容を簡潔に伝える構成の策定が含まれます。これらのステップを通じて、効果的にメディアや公衆の注目を集めるプレスリリースを作成することができます。

・テーマ設定

・タイトル

テーマ設定

テーマを設定して、どのような内容を盛り込むべきかをChatGPTからヒントをもらいたい場合、例えば以下のようなプロンプトが有効でしょう。

あなたはPR会社に勤める広報のプロです。 我々は△△年2月にプロ野球選手による野球教室の開催を予定しています。 野球教室の開催のプレスリリースを作成するにあたって、どのような情報を盛り込めばいいかを教えてください。

これに以下のような答えが返ってきます(例)

プロ野球選手による野球教室の開催に関するプレスリリースを作成する際には、以下の情報を盛り込むと良いでしょう:

  1. イベントの概要: まず、野球教室のイベントの概要を紹介します。日時、場所、開催内容などの基本情報を明確に伝えます。
  2. 主催者: イベントを主催する組織や企業の情報を提供します。PR会社や共催者、スポンサーなど関係する団体の紹介を行います。
  3. 参加者: 野球教室に参加するプロ野球選手や指導者の情報を明記します。彼らの実績や経歴を簡単に紹介し、参加者に対する魅力を示します。
  4. 参加資格と申し込み方法: 野球教室への参加資格や申し込み方法を明確に説明します。参加条件や申し込み期限、参加費用(もしあれば)などの詳細を提供します。
  5. プログラム: 野球教室の内容やスケジュールを紹介します。具体的には、どのような技術や戦術が教えられるのか、どのような形式で行われるのかなどを説明します。
  6. 特記事項: イベントに関連する特記事項や注目すべきポイントを強調します。例えば、特別ゲストの登場や特典、スポンサーからのサポートなどが含まれます。
  7. お問い合わせ先: 参加希望者やメディアからのお問い合わせ先を明記します。連絡先の電話番号やメールアドレスを提供し、必要に応じて担当者の名前や役職を明記します。
  8. ロゴや画像: イベントに関連するロゴや画像を添付して、プレスリリースを視覚的に豊かにします。

これらの情報を明確に伝えることで、野球教室の開催に関心を持つ人々やメディアに対して興味を引き、参加者の獲得やイベントの露出を促進することができます。

あとは指示に従って具体的な情報を埋め、ChatGPTに「以下の情報をもとにしてプレスリリースを作成してください」と投げればたたき台が完成します。

タイトル

タイトルを考案する際も、以下のようなプロンプトを入力すると良いでしょう。

(例)

このイベントのプレスリリースにふさわしいタイトルにするには、どのような情報が必要でしょうか。箇条書きで教えて下さい。

(回答例)

プレスリリースのタイトルにふさわしい情報は以下の通りです:

  • イベントの名前または主題
  • 開催日時および場所
  • 主催者または共催者の名前
  • 参加するプロ野球選手や特別ゲストの名前(もしあれば)
  • イベントの特色や目的

これらの情報を組み合わせて、興味を引くタイトルを作成することが重要です。

具体的な情報をまだ与えていないのでざっくりとした回答になっていますが、これらの情報を埋めて再度ChatGPTに「以下の情報をもとにしてタイトルを○個作成してください」などと入力するとたたき台が得られます。

ChatGPTのライティングプロンプトに関してよくある質問

ChatGPTで文章作成するとバレるの?

ChatGPTで作成した文章がその由来であることがバレるかどうかは、文章の内容や読者の知識レベルによります。ChatGPTは一般的な知識を基にして文章を生成するため、特定の専門知識を必要とする内容や、個人の特徴的な表現スタイルを模倣する場合には限界があります。そのため、専門性が高いテーマや、特定の個人のスタイルを反映した文章を生成する際には、その出典がChatGPTであることを見抜かれる可能性があります。文章の使用目的や公開する場に応じて、生成された内容を適切に編集し、オリジナリティを確保する工夫が必要です。

また、ChatGPTのテキストパターンを特定する技術が発展しているため、高度な分析を行うことでAIによって生成された可能性があるテキストを特定することは理論的には可能です。

ChatGPT以外に文章を作成できるAIツールはある?

※AIライティングツールの記事が完成してから執筆

ChatGPTを活かした副業は?

ChatGPTを活用した副業は、ライティング・データ分析・プログラミングなど、多岐にわたる分野で可能性を持っています。

ChatGPTを活用できる副業の種類は以下の通りです。

  • 記事制作
  • イラスト制作
  • 動画制作(YouTubeなど)
  • SNSの運用
  • 投資
  • AI利用のコンサル
  • 開発

これらの副業は、ChatGPTの強力なテキスト生成能力や、特定のプラグインとの連携を通じて、効率的に作業を進めることが可能です。このような幅広い分野でChatGPTを活用することができます。

ChatGPTを使って在宅Webライターに取り組めるの?

ChatGPTを使えばライティングの作業を効率化できるので、在宅Webライターに取り組みやすくはなるでしょう。ただし以下の点に留意する必要があります。

WebライティングにChatGPTを用いる際には、生成されたコンテンツの正確性を確認すること・オリジナリティを保つこと・読者の関心を引く質の高いコンテンツを提供することが何よりも重要です。ChatGPTは確かに有用なツールですが、特定・固有の専門知識が必要なトピックや最新の情報を扱う場合には、追加のリサーチや情報の検証が必要になることがあります。また、著作権の問題を避けるためにも、生成されたテキストをそのまま使用せずに独自の内容に編集することが重要です。

ChatGPTを他のアプリケーションと連携できる?

ChatGPTを他のアプリケーションと連携するには、APIを利用します。

ChatGPTをAPI経由で他のサービスと連携したいなら、まずOpenAIが提供するAPIキーを取得します。次に、連携したいサービスの開発ドキュメントを参照してAPIリクエストを送信する方法を確認します。プログラミング言語に応じたHTTPリクエストライブラリを使用して、ChatGPT APIエンドポイントにリクエストを送信し、必要なパラメータ(プロンプトテキスト、トーンの設定など)を含めます。成功したレスポンスには、ChatGPTによって生成されたテキストが含まれます。このプロセスによりWebアプリケーションやモバイルアプリケーション内でChatGPTを活用できます。

【まとめ】ChatGPTのライティングプロンプトを活用しよう

この記事では、ChatGPTを活用したライティングプロセスの様々な側面を掘り下げました。SEOライティング、コピーライティング、スピーチ作成、インタビュー準備、プレスリリース作成など、幅広い用途でChatGPTの利用が可能であることを示しています。また、ChatGPTを効果的に使用するための具体的なプロンプトの例や、使用する際の注意点についても言及しています。これらの情報は、ChatGPTをライティングの各段階で上手に活用し、時間を節約しながら質の高いコンテンツを作成するための貴重なリソースとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 色んなお金の画像
  2. 「Webライターはやめとけ」との噂を痛感した人
  3. シュフティ高校生稼ぐコツのアイキャッチ画像
  4. テレビで紹介されたスマホ副業
  5. ママワークスの評判の記事のアイキャッチ

目次