ChatGPT Enterpriseの価格・料金は非公開!個人向けとの機能面における違いは?

この記事は17分で読めます

ChatGPT Enterpriseはビジネスの現場で革新をもたらすAI技術の最前線に立つソリューションです。企業のセキュリティとプライバシーの要求に応えるこのプランは、無制限のGPT-4アクセスや高度なデータ分析機能を提供します。しかし料金は一般には公開されていません。この記事では多くの企業がどのようにしてこの先進的な技術を活用しているのか、その具体的な事例や導入のメリットについて掘り下げてみましょう。

【個人向けとの違い】ChatGPT Enterpriseの料金・価格以外の機能・特徴

ChatGPT Enterpriseは、OpenAIが提供するChatGPTの法人向けバージョンであり、個人ユーザー向けのサービスと比較して、以下のような企業ニーズに特化した機能が充実しています。

  • セキュリティが大きく強化されている
  • 利用制限がない
  • データ分析のレベルが上がっている

これらの特徴により、企業はChatGPTをより安全に、また、より効率的に活用することが可能になります。特に、機密情報を扱う企業にとって、セキュリティの強化は重要なポイントです。また、利用制限が撤廃されることで、大量のデータに対しても迅速に分析を行うことができ、ビジネスの意思決定を加速させることが期待されます。

セキュリティが大きく強化されている

ChatGPT Enterpriseは、企業が直面するセキュリティ上の課題に対応するために設計されています。特に、データの暗号化、管理機能の強化、そしてエンタープライズグレードのセキュリティ対策が施されている点が注目されます。

まず、ChatGPT Enterpriseは、利用者の情報やプロンプトデータをAIのトレーニングに使用しないポリシーを採用しています。これにより、企業の機密情報が外部に漏れるリスクを最小限に抑えることができます。また、プロンプトや利用データの転送時には全て暗号化されるため、データの安全性が高まります。

さらに、企業が独自にカスタマイズできるよう、APIの無償提供も行われる予定です。これにより、企業は自社のセキュリティポリシーに合わせたカスタマイズが可能となり、より安全にChatGPTを利用できるようになります。

またChatGPT EnterpriseがSOC 2に準拠しており、すべての通信が転送時と保存時の両方で暗号化されることが保証されているという情報もあります。これにより企業は顧客データの安全性を確保しつつ、シングルサインオン(SSO)に対応することでセキュリティの一層の強化を図ることができます。

これらのセキュリティ対策は、企業がChatGPTを利用する上での最大の懸念事項の一つである情報漏洩のリスクを軽減します。企業はこれらの強化されたセキュリティ機能を通じて、安心してChatGPTをビジネスに活用することが可能となります。

利用制限がない

ChatGPT Enterpriseは企業向けに特化したプランであり、従来のChatGPTサービスと比較して利用に関する制限が大幅に緩和されています。この変更は企業が大規模なデータセットを扱う際の柔軟性と効率性を高めることを目的としています。

ChatGPT Enterpriseでは、GPT-4を含む最新のAIモデルを無制限に利用できるようになっています。これにより、企業は任意の規模のデータに対して高度な自然言語処理を行うことが可能となり、ビジネスプロセスの自動化や効率化を図ることができます。また、GPT-4の提供する高度な理解能力と生成能力を活用することで、より複雑な問い合わせに対しても迅速かつ正確な回答を得ることができるようになります。

さらに、利用制限の撤廃は企業がChatGPTを用いて実施するプロジェクトのスケールを拡大することを可能にします。例えば、大量の顧客からの問い合わせに対応するカスタマーサポートの自動化や、膨大な文書データの分析と要約など、従来は人手を要していた作業をAIに委ねることができるようになります。

また、企業が独自にカスタマイズできるAPIの無償提供もこのプランの大きな特徴の一つです。企業は自社のニーズに合わせてChatGPTをカスタマイズし、特定の業務プロセスやワークフローに組み込むことができます。ChatGPTの活用範囲がさらに広がり、企業の生産性向上に大きく貢献することが期待できるわけです。

データ分析のレベルが上がっている

ChatGPT Enterpriseは、企業が直面する複雑なデータ分析のニーズに応えるために、従来のモデルよりも高度なデータ分析機能を提供しています。この進化は、企業が大量のデータから有益な洞察を引き出し、ビジネス戦略を練る上で重要な役割を果たします。

特に、ChatGPT Enterpriseでは、GPT-4の導入により、より高度な自然言語理解と生成能力が利用可能になっています。これにより、企業は複雑なデータセットをより深く分析し、その結果を基に具体的なアクションプランを立てることができます。GPT-4は、その前世代のモデルに比べて、より長いコンテキストを理解し、より精度の高い内容を生成することが可能です。これは、市場のトレンド分析、顧客の感情分析、競合分析など、様々なビジネスシナリオでの応用が期待されます。

また、ChatGPT Enterpriseでは、「Code Interpreter」という新機能が追加されています。この機能により、企業はプログラミングの知識がなくても、複雑なデータ分析や集計を瞬時に実行できるようになります。例えば、販売データの集計、顧客データベースの分析、SNS上のトレンドの追跡など、従来は専門のデータアナリストやプログラマーの介入が必要だった作業を、ChatGPT Enterpriseを通じて迅速に行うことが可能です。

さらに、ChatGPT Enterpriseは、企業レベルのセキュリティ対策と組み合わせることで、データの安全性を保ちながら高度な分析を行うことができます。これにより、企業は機密性の高いデータを扱いながらも、ビジネスインサイトの獲得と意思決定のスピードを向上させることができます。

データ分析のレベルが上がることで、企業は市場の変化に迅速に対応し、競争優位性を確保するための戦略を立てることが容易になります。ChatGPT Enterpriseの高度なデータ分析機能は、企業が直面する様々な課題を解決し、ビジネスの成長を加速させるための強力なツールとなるでしょう。

【契約方法】ChatGPT Enterpriseの価格・料金|日本で使い方を知る

ChatGPT Enterpriseを日本で導入するための契約方法は、企業がAI技術を活用してビジネスの効率化やイノベーションを推進する上で重要なステップです。このプロセスは、OpenAIの公式サイトから始まり、必要な情報の提供を通じて進められます。以下のステップに従って、ChatGPT Enterpriseの契約方法について解説します。

  • ①OpenAI公式サイトにアクセスする
  • ②フォームに必要な個人・組織の情報を入力する

これらのステップを踏むことで、企業はChatGPT Enterpriseの強力なAI機能を活用する準備を整えることができます。次に、これらのステップについて詳しく見ていきましょう。

①OpenAI公式サイトにアクセスする

ChatGPT Enterpriseを導入するための最初のステップは、OpenAIの公式サイトにアクセスすることです。OpenAIは、ChatGPT Enterpriseを含む様々なAI関連サービスを提供しており、その中で企業向けのサービスとして特にChatGPT Enterpriseが注目されています。

公式サイトでは、ChatGPT Enterpriseの概要や特徴、セキュリティ対策、無制限のGPT-4・Code Interpreterへのアクセスなど、企業が知りたい情報が詳細に説明されています。また、セキュリティとプライバシーへの配慮、大規模導入向けの機能(分析ダッシュボードなど)、4倍長いプロンプトの入力が可能な点など、企業利用における利点が強調されています。

導入を検討している企業は、まず公式サイトを訪れて、ChatGPT Enterpriseに関する基本情報を把握することが推奨されます。サイト内には、ChatGPT Enterpriseに関するFAQや、セキュリティポリシー、さらにはプライバシーに関する詳細情報へのリンクも提供されており、企業が安心してサービスを利用できるようになっています。

また、導入に関する問い合わせ方法も公式サイトから行うことができます。具体的な契約方法や料金については、直接OpenAIへの問い合わせが必要となりますが、公式サイトでは「Contact Sales」や問い合わせフォームを通じて、簡単に連絡を取ることが可能です。

このステップは、ChatGPT Enterpriseを企業内で活用するための入口となりますので、導入を検討している企業は、まず公式サイトにアクセスし、提供されている情報を確認することから始めましょう。

②フォームに必要な個人・組織の情報を入力する

ChatGPT Enterpriseの導入プロセスの次の重要なステップは、OpenAIの公式サイト内にある問い合わせフォームに必要な個人・組織の情報を入力し、具体的な契約条件や料金に関する相談を行うことです。このプロセスは、企業がChatGPT Enterpriseを自社のビジネスに適用するための具体的な手続きを開始するためのものです。

問い合わせフォームには、以下のような情報が必要となります。

  • 企業名:あなたの組織または会社の正式名称。
  • 連絡先情報:連絡先のメールアドレスや電話番号など、OpenAIからの返信を受け取るための情報。
  • 企業のウェブサイト:あなたの組織または会社の公式ウェブサイトのURL。
  • 興味のある製品やサービス:ChatGPT Enterpriseを選択し、さらに具体的な利用シナリオや機能についての質問や要望を記入します。
  • 導入規模:導入を検討しているライセンスの数や、企業の規模に関する情報。

この情報を提供することで、OpenAIの営業チームはあなたの組織のニーズを理解し、カスタマイズされた提案や料金プランを提供することが可能になります。また、セキュリティ対策やプライバシーポリシーに関する質問、特定の機能のリクエストなど、企業がChatGPT Enterpriseを利用する上で重要と考える点についても、この段階で相談することができます。

フォームの入力と送信後、OpenAIからの返信を待ちます。返信には、さらなる詳細情報の提供依頼や、契約条件に関する相談のためのミーティング設定などが含まれる場合があります。このやり取りを通じて、ChatGPT Enterpriseの導入に向けた具体的なステップが進められます。

企業がChatGPT Enterpriseを導入する際には、このプロセスを通じて、自社のビジネスニーズに最適な形でAI技術を活用するための準備を整えることが重要です。

ChatGPT Enterprise以外の価格・料金

ChatGPT Enterpriseの導入を検討する際には、他のOpenAI提供のサービスとの価格・料金を比較検討することも重要です。OpenAIは、個人ユーザーから大企業まで幅広いニーズに対応するために、複数のプランを提供しています。ここでは、ChatGPT Enterprise以外の主なサービスであるChatGPT PlusとChatGPT APIの料金について解説します。

ChatGPT Plusの料金

ChatGPT Plusは、OpenAIが提供するChatGPTの有料サブスクリプションプランです。このプランは、個人ユーザーを対象としており、より高速なレスポンス速度、サーバーへの優先アクセス、そして最新のAIモデルへのアクセスなど、追加の利点を提供します。

主な特徴と利点:

  • 高速レスポンス: ChatGPT Plusユーザーは、通常のユーザーよりも高速にレスポンスを受け取ることができます。これは、ピーク時でもスムーズにChatGPTを利用したいユーザーにとって大きなメリットです。
  • 優先アクセス: サーバーが混雑している時でも、ChatGPT Plusユーザーは優先的にアクセスできるため、待ち時間を短縮できます。
  • 最新AIモデルへのアクセス: ChatGPT Plusでは、OpenAIによって開発された最新のAIモデルを利用することができます。これにより、より高品質なテキスト生成や、精度の高い情報提供が可能になります。

料金:

  • 月額20ドル(約2,900円)

ChatGPT Plusは、頻繁にChatGPTを利用する個人ユーザーやより快適な利用体験を求めるユーザーに適したプランです。特に、研究・コンテンツ制作・学習支援など、多様な用途でChatGPTを活用したい場合におすすめです。

料金やサービス内容については、OpenAIの公式サイトや公式アナウンスメントで最新の情報を確認することが重要です。サービスの詳細や料金体系は変更される可能性があるため、契約前に最新の情報をチェックしましょう。

ChatGPT APIの料金

ChatGPT APIは、開発者が自分のアプリケーションやサービスにChatGPTの機能を組み込むことを可能にするAPIサービスです。このAPIを利用することで、カスタマーサポートの自動化、コンテンツ生成、言語翻訳など、様々な用途でChatGPTの能力を活用することができます。

OpenAIのAPI、特にChatGPTに関連するAPIの料金は、使用するAPIのバージョンやモデル(例えば、GPT-3.5、GPT-4など)、そしてAPIを通じて処理するリクエストの量に基づいて計算されます。料金は主に以下の2つの要素に基づいています:

  1. リクエストされたトークン数:APIを通じて生成または分析されるテキストの量。トークンは、大まかに言えば、単語や句読点などのテキストの断片を指します。一般的に、1トークンは約4文字の英文に相当しますが、言語や内容によって異なる場合があります。
  2. 使用するモデルの種類:GPT-3.5、GPT-4など、異なるモデルは異なる料金設定です。新しいモデルやより高度なモデルは、より高い料金が設定される傾向にあります。

OpenAIの公式ウェブサイトに記載されているChatGPT APIの料金についての情報は以下の通りです。

  • GPT-3.5-turbo:
    • プロンプトトークン: 0.002ドル / 1,000トークン
    • 完成トークン: 0.002ドル / 1,000トークン
  • GPT-4:
    • プロンプトトークン: 0.03ドル / 1,000トークン
    • 完成トークン: 0.06ドル/ 1,000トークン

APIを通じて行われるリクエストの量や生成されるテキストの量によって料金が加算される従量課金制を採用しています。

注意点は以下の通りです。

  • 無料枠: OpenAIは、特定の条件下でAPIの無料利用枠を提供している場合があります。この無料枠を利用することで、小規模なプロジェクトや試験的な利用においてコストを抑えることが可能です。
  • 料金の更新: OpenAIの料金体系は変更されることがあるため、プロジェクトを開始する前にOpenAIの公式プライシングページで最新の情報を確認することが重要です。

ChatGPT APIを利用することで、カスタマーサポートの自動化、コンテンツ生成、言語翻訳など、様々な用途でChatGPTの能力を活用することができます。適切な計画と予算管理のもとでこのAPIを活用することで、ビジネスの価値を大きく高めることができるでしょう。

価格・料金が不明なChatGPT Enterpriseなど|各プランにおすすめな人

ChatGPTの提供するさまざまなプランは、個々のニーズや使用状況に応じて選択することができます。ここでは、ChatGPTの主なプランと、それぞれのプランがおすすめな人について解説します。

ChatGPT

ChatGPTの無料版は、OpenAIによって提供されるAIベースの自然言語処理ツールです。このバージョンは、基本的な質問応答、文章生成、テキストベースのタスクを実行するための機能をユーザーに提供します。無料版のChatGPTは、GPT-3.5モデルを使用しており、一般的な会話や簡単なコンテンツ作成に適しています。

ChatGPTの無料版は、以下のようなユーザーに特におすすめです。

  • AI技術に興味がある個人:AIの基本的な機能を試してみたいと考えている人にとって、無料版は手軽に利用できる良い選択肢です。AIの可能性を探求したい学生や研究者にも適しています。
  • 基本的なテキスト生成が必要なユーザー:ブログ記事のアイデア生成、簡単な文章の作成、日常的な質問への回答など、基本的なテキスト関連タスクを実行したい個人や小規模ビジネスに最適です。
  • コストを抑えたいユーザー:AIツールを利用してみたいが、コストをかけたくない個人やスタートアップ企業にとって、無料版はリスクなしでChatGPTの機能を試す機会を提供します。

無料版のChatGPTは、高度な機能や特定のビジネス向けのカスタマイズオプションは提供していませんが、AIとの対話を通じて基本的なニーズを満たすための入門ツールとして非常に有用です。また、AIの動作原理や応用範囲について学びたいユーザーにとって、実践的な学習ツールとしても機能します。

ChatGPT Plus

ChatGPT Plusは、OpenAIが提供するChatGPTの有料サブスクリプションプランです。このプランは、無料版のChatGPTに比べていくつかの追加機能と利点を提供します。主に、サーバーへの優先アクセス、高速なレスポンスタイム、そして最新のAIモデルへのアクセスが含まれます。月額20ドル(約2,800円)の料金で提供され、AIをより積極的に活用したい個人やプロフェッショナルに適したオプションです。

ChatGPT Plusは、以下のようなユーザーに特におすすめします。

  • 頻繁にChatGPTを使用する個人:日常的にChatGPTを使用してテキスト生成や質問応答を行うユーザーは、サーバーへの優先アクセスと高速なレスポンスタイムにより、よりスムーズな体験を享受できます。
  • 高品質なコンテンツ生成を求めるユーザー:ブログライターやコンテンツクリエイターなど、質の高いテキスト生成を必要とするプロフェッショナルには、最新のAIモデルへのアクセスが大きなメリットとなります。
  • AIの最新機能にアクセスしたいユーザー:AI技術の最前線に触れたいと考えているテクノロジーエンスージアストや研究者にとって、ChatGPT Plusは最新のAIモデルを利用できるため魅力的な選択肢です。

ChatGPT Plusプランは、AIを活用したテキスト生成や質問応答の精度と速度を重視するユーザーにとって、価値のある投資と言えます。また、AIの進化を間近で体験しながら、自身のビジネスやプロジェクトに活かしたいと考えている人々にも適しています。

ChatGPT Enterprise

ChatGPT Enterpriseは、OpenAIが2023年8月に発表した、企業向けの生成AIサービスです。このサービスは、GPT-4を搭載しており、従来のChatGPTに設けられていた一定の制限を撤廃し、向上した機能性とセキュリティ、プライバシーの安全性を提供します。ChatGPT Enterpriseは、最大2倍の速さで応答可能であり、より長い文章や資料への対応、高度なデータ分析機能、カスタマイズオプションなどを無制限で利用できる点が特徴です。

ChatGPT Enterpriseは、以下のような企業に特におすすめします。

  • 大規模な企業:フォーチュン500企業の80%以上が業務でChatGPTを活用しているというデータがあり、特に大規模な企業での導入が進んでいます。これらの企業は、大量のデータ分析や複雑な顧客対応など、高度なAI機能を必要としています。
  • セキュリティとプライバシーを重視する企業:ChatGPT Enterpriseは、エンタープライズグレードのセキュリティ対策を提供し、顧客データの暗号化や外部共有のない環境を保証します。これにより、機密情報を扱う企業でも安心して利用できます。
  • カスタマイズ可能なAIソリューションを求める企業:無制限のカスタマイズオプションを提供することで、企業は自社のニーズに合わせたAI機能の開発や統合が可能になります。これにより、独自のビジネスプロセスやワークフローにChatGPTを柔軟に適用できます。

※フォーチュン500:フォーチュン誌により発行される、全米トップ500社の収入ランキング。

ChatGPT Enterpriseの導入は、企業がAIを活用してビジネスプロセスを効率化し、顧客サービスを向上させるための強力なツールとなり得ます。特に、技術的なチームだけでなく、非技術的なチームも情報を瞬時に分析できる高度なデータ分析機能や、ビジネスに特化した新たな機能が多数追加されている点が魅力です。

【価格不明】ChatGPT Enterpriseを使ってみた声

ChatGPT Enterpriseの導入により、多くの企業がその高度な機能とセキュリティの恩恵を受けています。ここでは、実際にChatGPT Enterpriseを導入した企業の声を紹介します。これらの企業は、ChatGPT Enterpriseの機能を活用してビジネスプロセスを改善し、効率化を実現しています。

Klarna

Klarnaは、オンライン決済サービスを提供するスウェーデンの企業です。ChatGPT Enterpriseを導入することで、顧客サービスの自動化と効率化を実現しました。特に、顧客からの問い合わせに対する自動応答システムの精度が向上し、顧客満足度の向上につながっています。

CEO Sebastian Siemiatkowski氏のコメントをご紹介します。

“At Klarna, we are constantly seeking innovative solutions to strengthen our employees’ abilities and enable them to best serve our 150 million active users across the globe. With the integration of ChatGPT Enterprise, we’re aimed at achieving a new level of employee empowerment, enhancing both our team’s performance and the customer experience.”

Introducing ChatGPT Enterprise

翻訳:「Klarna では、従業員の能力を強化し、世界中の 1 億 5,000 万人のアクティブ ユーザーに最大限のサービスを提供できるようにする革新的なソリューションを常に模索しています。 ChatGPT Enterprise の統合により、当社は従業員のエンパワメントを新たなレベルに引き上げ、チームのパフォーマンスと顧客エクスペリエンスの両方を向上させることを目指しています。」

Asana

Asanaは、チームの仕事を管理するためのプロジェクト管理ツールを提供しています。ChatGPT Enterpriseの導入により、内部のコミュニケーションとタスク管理プロセスが大幅に改善されました。AIを活用した自動化により、チームメンバーがより創造的な作業に集中できるようになりました。

データシステム・統合部門責任者 Jorge Zuniga氏のコメントをご紹介します。

“ChatGPT Enterprise has cut down research time by an average of an hour per day, increasing productivity for people on our team. It’s been a powerful tool that has accelerated testing hypotheses and improving our internal systems.”

Introducing ChatGPT Enterprise

翻訳:「ChatGPT Enterprise により、調査時間が 1 日あたり平均 1 時間短縮され、チームメンバーの生産性が向上しました。これは仮説の検証と社内システムの改善を加速する強力なツールです。」

Canva

Canvaは、オンラインでグラフィックデザインを作成できるプラットフォームです。ChatGPT Enterpriseを利用することで、ユーザーがデザインに関する質問やサポートを必要とした際の応答速度が向上しました。また、ユーザーエクスペリエンスの向上にも寄与しています。

AIプロダクツ部門責任者 Danny Wu氏のコメントをご紹介します。

“From engineers troubleshooting bugs, to data analysts clustering free-form data, to finance analysts writing tricky spreadsheet formulas—the use cases for ChatGPT Enterprise are plenty. It’s become a true enabler of productivity, with the dependable security and data privacy controls we need.”

Introducing ChatGPT Enterprise

翻訳:「バグのトラブルシューティングを行うエンジニアから、自由形式データをクラスタリングするデータアナリスト、扱いにくいスプレッドシートの数式を作成する財務アナリストまで、ChatGPT Enterpriseの使用例は数多くあります。私たちが必要とする信頼性の高いセキュリティとデータプライバシーの制御により、高い生産性を真に実現するものとなっています。」

これらの企業の声からは、ChatGPT Enterpriseが提供する高度なAI機能とセキュリティ対策が、様々な業界でのビジネスプロセスの効率化と顧客サービスの質の向上に貢献していることがわかります。企業規模や業界を問わず、ChatGPT Enterpriseは多くのビジネスにおいて有効なツールとなっています。

【価格不明なChatGPT Enterprise】参考:ChatGPTの活用事例

ChatGPT Enterpriseの導入は、多くの企業にとって革新的な変化をもたらしています。ここでは、ChatGPTを活用している企業の事例をいくつか紹介します。これらの事例は、ChatGPTの潜在能力を最大限に活用し、ビジネスプロセスを効率化し、顧客体験を向上させる方法を示しています。

ConnectAI(パナソニックコネクト)

パナソニックコネクト株式会社では、ConnectAIというChatGPTを活用した社内サービスを導入しています。このサービスの目的は、業務生産性の向上、社員のAI活用スキルの向上、そしてシャドーAI利用リスクの軽減です。ConnectAIの導入により、社内でのAI活用に関する実績を上げており、初期の想定を大きく上回る活用が報告されています。具体的には、導入当初に想定した1日1,000回の利用を大幅に超える利用実績があり、社員が日常的に業務に利用していることが示されています。また、専門領域や製造業らしい素材などに関するプロンプトが多数作成され、身近なアシスタントとして有効利用されていることが分かりました。ConnectAIは、パナソニックコネクトにおけるAI技術の活用事例として、その成果と評価を通じて、企業内でのAI活用の可能性を広げています。

SAKUBUN(NOVEL)

※SAKUBUN(サクブン)は、マーケター向けのAIライティングツールとして位置づけられています。ウェブサイトのタイトルから、SAKUBUNは特にマーケティング分野でのコンテンツ作成を支援することを目的としていることがわかります。しかし、残念ながら、技術的な問題により提供されたURLからは具体的な内容を取得することができませんでした。

Benefitter 他(伊藤忠商事)

Benefitterは、伊藤忠商事が提供する福利厚生サービスです。ChatGPTを活用して、従業員が福利厚生プログラムに関する質問をするとAIが即座に回答を提供します。これにより従業員の満足度の向上とHR部門の業務負担の軽減を実現しています。

伊藤忠商事は、大手商社としては早い段階で全社員約4200人を対象にChatGPTの本格展開を開始しました。この導入は、業務の生産性向上にChatGPTがどの程度貢献できるかを確認するためのものです。伊藤忠では、ChatGPTを社内でのコミュニケーション、議事録の作成、一部の調査業務など、さまざまな業務に活用することを視野に入れています。また、セキュアな環境での利用を大前提としており、情報漏洩リスクに対する対策も重要視しています。

さらに、伊藤忠では「生成AI研究ラボ」を設立し、ChatGPTのビジネス利用に向けた実証研究を進めています。このラボでは、伊藤忠内の担当部門に加え、ブレインパッドや資本業務提携を結ぶ戦略コンサルタントのシグマクシス、システムインテグレーターの伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)などが参加し、生成AIのビジネス利用に向けたシステム開発や検証を行っています。

伊藤忠におけるChatGPTの活用は、商社業務におけるAIの可能性を探る貴重な事例となっており、将来的には伊藤忠独自の情報を活用した「伊藤忠に特化した生成AI」の実現も目指しています。これにより、伊藤忠は業務プロセスの効率化だけでなく、新たなビジネスモデルの創出にもつながる可能性を秘めています。

ChatGPT Enterpriseの価格・料金に関連してよくある質問

ChatGPT Enterpriseの導入を検討する際に、多くの企業や個人が持つ疑問や質問に対して、いくつかの回答を提供します。

ChatGPT Enterpriseは個人事業主でも使えるの?

ChatGPT Enterpriseの契約方法は、企業向けの問い合わせフォームからの申し込みが必要となっており、特定の料金設定は公開されていません。料金は導入規模などに応じて変動するため、具体的な料金体系についてはOpenAIへの直接問い合わせが必要です。

この契約方法が企業向けに特化しているため、現時点では個人での契約は難しいと考えられます。しかし、OpenAIから将来的に新たな課金プランが発表される可能性もあるため、今後の更新情報に注目することが推奨されます。

日本からChatGPT Enterpriseの契約を申し込む場合は、ChatGPT Enterpriseの公式紹介ページにアクセスし、「Contact sales」を選択して、必要事項を英語で入力し送信します。その後、OpenAIからの連絡を待つ形となります。

ChatGPT Enterpriseは、セキュリティや使用制限の面で多くのメリットを提供しますが、契約は主に企業や組織を対象としています。個人での利用を検討している場合は、ChatGPT Plusなどの他のプランを検討するか、OpenAIの今後のプラン更新に注目する必要があります。

ChatGPT Enterpriseは代理店を通さなければ導入できないの?

ChatGPT Enterpriseの導入に代理店が必須かどうかは、地域や契約の条件によって異なる場合があります。一般的にはOpenAIの公式ウェブサイトを通じて直接申し込みが可能ですが、特定の地域や条件下では、OpenAIのパートナー企業や代理店を通じて導入することが推奨されることもあります。導入を検討している場合は、OpenAIの公式サイトで最新の情報を確認するか、直接問い合わせを行うことが最善です。

具体的な代理店の企業については執筆時点(2024年2月28日)で情報がなく、ここで詳細に説明することはできません。

ChatGPT Enterpriseの導入企業は?

ChatGPT Enterpriseを導入している企業には、以下のような名前が挙げられます。

  • Asana: プロジェクト管理ツールを提供するAsanaは、ChatGPT Enterpriseを導入してリサーチに費やす時間を1日平均1時間短縮しました。これにより、仮説の検証や社内システムの改善を加速させる強力なツールとして活用しています。
  • Block: 決済サービスを提供するBlockもChatGPT Enterpriseのユーザーです。
  • Canva: オンライングラフィックデザインツールを提供するCanvaは、クリエイティブな作業の支援にChatGPT Enterpriseを利用しています。
  • Carlyle: グローバルな投資会社であるCarlyleも、ChatGPT Enterpriseをビジネスに導入しています。
  • The Estée Lauder Companies: 化粧品大手のエスティローダーも、ChatGPT Enterpriseを活用しています。
  • PwC: 会計・コンサルティングサービスを提供するPwCは、複雑なビジネス上の質問への対応にChatGPT Enterpriseを使用しています。
  • Zapier: 自動化ツールを提供するZapierも、ChatGPT Enterpriseを導入して業務を効率化しています。

これらの企業は、ChatGPT Enterpriseを通じてコミュニケーションの改善、コーディングタスクの迅速化、複雑なビジネス質問への対応、クリエイティブな作業の支援など、様々な分野での業務効率化を実現しています。

ChatGPT Enterpriseを使わずにChatGPTを便利に使う方法は?

ChatGPTの無料版は、日常的な質問応答や基本的なテキスト生成には便利ですが、より高度な機能やサービスを求めるユーザーには、ChatGPT Plusがおすすめです。ChatGPT Plusは、月額20ドル(約2,900円)で提供される有料サブスクリプションプランで、以下のような追加のメリットを提供します。

ChatGPT Plusの主なメリットをまとめました。

  1. 優先アクセスと高速レスポンス:
    • ChatGPT Plusユーザーは、サーバーが混雑している時でも優先的にアクセスできます。これにより、ピークタイムでも待ち時間なくスムーズにChatGPTを利用できるようになります。
  2. 最新のAIモデルへのアクセス:
    • ChatGPT Plusでは、OpenAIによって開発された最新のAIモデル(例えば、GPT-4)へのアクセスが可能です。これにより、より高品質なテキスト生成や、精度の高い情報提供が可能になります。
  3. 利用制限の緩和:
    • 無料版のChatGPTでは一定の利用制限がありますが、ChatGPT Plusではこれらの制限が緩和され、より多くのリクエストを行うことができます。

ChatGPT Plusがおすすめな人は以下の通りです。

  • 頻繁にChatGPTを使用するユーザー:
    • 日常的にChatGPTを利用して作業を行うユーザーは、優先アクセスと高速レスポンスにより、作業の効率化が図れます。
  • 高品質なコンテンツを求めるクリエイターやライター:
    • ブログ記事、マーケティングコンテンツ、創作物など、高品質なテキスト生成を求めるクリエイターやライターには、最新のAIモデルへのアクセスが大きなメリットとなります。
  • ビジネスでChatGPTを活用したい企業や個人事業主:
    • ビジネスプロセスの自動化、顧客サポートの向上、マーケティング資料の作成など、ビジネスでの利用を考えている企業や個人事業主にも、ChatGPT Plusの機能は魅力的です。

ChatGPT Plusは、これらの追加機能により、ユーザーのニーズに応じた柔軟な利用が可能となります。無料版では満足できないユーザーは、ChatGPT Plusの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ChatGPTを使った文章作成ツールはある?

※AIライティングツールに関する記事が公開され次第作成

【まとめ】ChatGPT Enterpriseの価格・料金は非公開

ChatGPT Enterpriseは、ビジネス向けに特化したChatGPTのプレミアムバージョンであり、セキュリティ、プライバシー、カスタマイズ性、無制限のアクセスなど、企業が必要とする高度な機能を提供します。しかし、その価格や料金についてはOpenAIから直接的に公開されていません。

価格・料金に関するポイントは以下の通りです。

  • 個別見積もり: ChatGPT Enterpriseの料金は、企業のニーズ、導入規模、カスタマイズの要求度合いによって異なります。そのため、具体的な料金を知るには、OpenAIに直接問い合わせて個別の見積もりを取る必要があります。
  • カスタマイズオプション: ChatGPT Enterpriseは、企業が独自のニーズに合わせてChatGPTをカスタマイズできるオプションを提供します。これにより、特定の業務プロセスやワークフローに最適化されたAIソリューションを構築できますが、これらのカスタマイズが料金にどのように影響するかは、契約の内容によります。
  • セキュリティとプライバシー: ChatGPT Enterpriseは、企業のセキュリティとプライバシー要件を満たすための高度な機能を提供します。これには、データの暗号化、アクセス管理、コンプライアンス対応などが含まれますが、これらの機能が料金体系にどのように反映されるかは、具体的な契約条件に依存します。

ChatGPT Enterpriseは高度な機能とカスタマイズ性により、多くの企業にとって魅力的なオプションです。しかし料金体系が非公開であるため、導入を検討している企業はOpenAIに直接問い合わせて自社のニーズに合ったプランと料金を確認する必要があります。ChatGPT Enterpriseの導入は、企業がAIを活用してビジネスプロセスを効率化し新たな価値を創出するための強力な手段となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Webライターの税金のあれこれ(消費税・源泉徴収・所得税の確定申告・節税など)
  2. 未経験からWebライターに転職する方法
  3. Hint - ヒントの口コミ評判
  4. ココナラのホームページ