ChatGPTを副業に活かして稼ぐおすすめの方法!ブログ・ライティング・YouTubeなど

この記事は10分で読めます

「ChatGPTって副業に利用できるの?」
「ブログやライティングなどが楽になるって本当?」
このような方のため、当記事ではChatGPTを副業に使うコツをご紹介します。
ChatGPTは正しい方法で使うと、副業レベルでも今までより大きな利益を生み出せる可能性があるツールです。
しかし間違ってしまうと、全く利益が出なくなってしまうかもしれないという怖さがあるのもChatGPT。
「他の人より少しでも早くChatGPTを使いこなし、稼げるようになりたい」
こう思っている方は、ぜひ最後までご覧くださいね。

ChatGPTが利用できる副業の種類

ChatGPTが利用できる副業の種類は以下の7つです。
–ChatGPTが利用できる副業の種類–
●記事制作
●イラスト制作
●動画制作(YouTubeなど)
●SNSの運用
●投資
●AI利用のコンサル
●開発

どのようにChatGPTを活用するかや、メリットについてご確認ください。
ChatGPTを利用できる副業の種類について次の見出しから解説します。

記事制作

ChatGPTを利用できる副業としては、記事制作が挙げられます。
ブログの記事を1本書こうと思えば数時間〜3日ほどかかることが普通で、なかなか早く書こうと思ってもすぐには難しいものです。
しかしChatGPTを使えばものの1時間ほどで完成できる可能性もあり、省力化できます。
ChatGPTを使うと、このように大幅な時間の短縮ができる点が記事制作にぴったりです。

「Web記事制作の経験が浅いから、どのように記事を作っていくかがあいまいだな」
こんな方は、以下の記事をご覧ください。
Web記事の制作手順を一からわかりやすく解説しているので、初心者の方でもコンテンツを書きやすくなるでしょう。
なるべく一度の執筆で納得のいく記事ができるようなコツもご紹介しているので、質を上げていきたいという方にもぴったりの内容となっています。

【最適化】SEO記事作成の手順!後の修正を大幅カットするコツとは

【「Webメディア運営」系関連記事】
Webサイト運営のゴール設定法!コンバージョン・目的達成のコツとは
【構成案テンプレート】SEO記事の構成作りのコツ!手順・注意点など
SEO対策に必須!メタディスクリプションとは?効果的な書き方や文字数・例文などを解説
問題点|ブログを書くメリットデメリット!効果・リスク・得られるものとは
WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

イラスト制作

ChatGPTを利用できる副業には、イラスト制作もあります。
2023年10月からDALL-E 3という画像生成AIがChatGPTで使えるようになり、イラスト制作のハードルが下がりました。
描写したいイラストを指定すれば、ChatGPTで簡単に画像生成が可能です。
ChatGPTを利用できる副業として、イラスト制作がある点も押さえておくと良いでしょう。

動画制作(YouTubeなど)

ChatGPTは、動画制作の副業にも活用できます。
動画制作において、ChatGPTは以下のように使えるからです。
–ChatGPTが動画制作で生きるところ–
・台本(シナリオも)作成
・企画作成

動画を作ろうとするとアイデアが必要な上記の作業で労力を消費しますが、ChatGPTならたたき台が作成できるので楽になります。
このように、動画制作の副業でChatGPTを使えることを知っておいて損はないでしょう。

SNSの運用

ChatGPTは、SNS運用の副業に使うツールとしても選択肢となり得ます。
SNS運用ではChatGPTを以下の用途で活用可能です。
–SNS運用でChatGPTを使えるところ–
・投稿文の作成
・イラスト・画像・図の作成

SNSの投稿に必要な要素のほとんどをChatGPTに代用できることがわかります。
このように、負担のかかるSNS運用でChatGPTの活用が可能です。

投資

ChatGPTは、投資においても役割を果たしてくれるかもしれません。
ChatGPTを利用する場合は、企業の資料を読み込ませるなど手作業だと時間がかかるような作業への活用が一つの手段です。
ChatGPTで投資の判断までをすべて任せるような使い方は2023年12月現在難しいので、人の目でチェックすることが求められます。
このようにChatGPTを投資に活かせる可能性があることも知っておいて損はないでしょう。

AI利用のコンサル

ChatGPTの使い方をマスターすれば、AI利用のコンサルも理論上可能です。
AIコンサルでは、以下のようなことを指南できると考えられます。
–AIコンサルで指南できると考えられる内容–
・業務におけるChatGPTなどAIツールの活用方法
・独自開発されたAIサービス・ツールの紹介

コンサルをするならChatGPTのみならず、さまざまなAIツールに精通している必要がある点には注意が必要です。
このようにChatGPTの習熟度によっては、AIコンサルとしての活動を考えることも視野に入れられます。

開発

ChatGPTを使えば、副業の開発案件も受注できます。
ChatGPTのAPIでPhytonなどプログラミング言語を利用でき、デバッグの検証なども同時に行えるからです。
例えばチャットボットを利用した自動応答システムを組み込み、さまざまなサービスにアクセスできるようなアプリなどを開発できます。
このように、ChatGPTは開発にも利用できるようになった便利なサービスです。

「ChatGPTのAPIについてもっと詳しく知りたい」
そんな方は以下の記事をご覧ください。
ChatGPTのAPIについて、できることや料金について解説しています。
APIは便利ですが特に料金は何も考えずに使うと高くなってしまう可能性があるので、お得に使いたい方は必見です。

【料金】ChatGPTのAPIはいくら?無料枠や上限設定をうまく活用しよう

【「AI・ツール」系関連記事】
【APIは従量課金】ChatGPT Plusの料金は?メリット・支払い方法など詳細にご紹介
chatGPTとは?Webライターの脅威?ブログアフィリエイトなどで賢く使うコツ
【オワコン?】webライターの将来性!飽和・chatGPTに敗北?→むしろノビコン
【初心者】Webライター記事作成の必須ツール20選!文章作成・画像・検索順位ツールなど
おすすめノートパソコン21選!初心者・社会人向けモデルや失敗しない選び方もご紹介
【新品】安いパソコンのおすすめは?Office付き・選び方・周辺機器など

ChatGPTを副業に使うメリット

ChatGPTを副業に使うと大きく分けて2つのメリットがあります。
–ChatGPTを副業に使うメリット–
●コストカット
●先行者利益の可能性

ChatGPTを副業に用いるメリットについて、次の見出しから解説します。

コストカット

ChatGPTを副業に使うと、次のコストを大きく減らすことができます。
–ChatGPTによるコストカットが可能な要素–
・費用
・時間
・人の労力

コストを小さくできれば、その分出来上がりの品質を上げられるので一石二鳥です。
チャットボットなどを除き完全な自動化は難しいものの、それでも確実に今までより時間が少なく済みます。
このようにChatGPTではコストカットができる点が大きな長所となるのです。

先行者利益の可能性

ChatGPTを副業に使うと、先行者利益を受けられる可能性があります。
2023年12月現在で、ChatGPTなどのAIツールを業務で自在に操ることができる人はそれほど多くないでしょう。
簡単に使えると言われることもあるChatGPTの質問一つをとってみても、効率の悪い聞き方をしているとなかなか自分の思っているような答えは返ってきません。

ChatGPTなどのAIツールを業務で使えるレベルまでにしようと思うなら、反復練習を何度も繰り返す必要があるのです。

このようにライバルがそれほど多くない状況だからこそ、ChatGPTを使った副業にチャレンジしてみる価値はあります。

ChatGPTを副業に使うデメリット

ChatGPTを副業に使う際は、メリットだけでなく以下のようなデメリットにも要注意です。
–ChatGPTを副業に使うデメリット–
●事実と異なる可能性がある
●劇的に稼げるわけではない

「ChatGPTを使って稼げると思ったのに、月に2,000円しか稼げなかった…」
このような事態を招かないよう、ChatGPTにある落とし穴を把握しておきましょう。
ChatGPTを副業に使うときの注意点を次の見出しから解説します。

事実と異なる可能性がある

ChatGPTを副業で使う場合は、事実と異なる回答を返される可能性にも注意する必要があります。
以下のように、ChatGPTでは出力できる情報のレベルが決まっているからです。
※()内はChatGPT Plusで可能なレベル。

期間 2021年9月まで
(執筆時点での最新情報)
具体性 低い
(不明)

上記とは別に、参照元の情報が誤っている可能性も十分に考えられます。
このように、ChatGPTを副業で使う際は事実と異なる答えが返ってくる可能性を頭に入れておくことが必要です。

劇的に稼げるわけではない

ChatGPTを副業で使ったからといって、今までよりも劇的に稼げるようになるわけではないのです。
Web広告で以下のような見るからに怪しい文言を見たことがあるかもしれません。
「ChatGPTを使って稼ぐための方法を教えます」
「ChatGPTであなたも1,000万円稼げます」
冷静に考えれば、これだけの大金を稼げる方法をやすやすと教えることはないでしょう。
詐欺まがいの広告にひっかからなくても、ChatGPTを使ったからと言って副業で必ず稼げる保証はありません。

ChatGPTという言葉を悪用した詐欺まがいの行為は、クラウドソーシングにあってもおかしくはありません。
利用規約に違反していると判断・削除されて遭遇しない場合もありますが、万が一のために悪質な案件の回避方法は知っておきたいものです。
快適にクラウドソーシングで案件を受注したい方は、手遅れになる前に以下の記事をご覧ください。

【実名】クラウドワークスのやばい悪質クライアント特徴ランキングTOP11!見極め方&騙された際の対処法とは

【「クラウドソーシング」系関連記事】
クラウドワークス「やばいライター」の口コミ評判!おすすめのクラウドソーシングサイト3つをご紹介
【稼ぐコツ16】クラウドワークスで全然稼げない7の理由!月収40万主婦の稼げるスキルとは?
【年齢制限】高校生におすすめのクラウドソーシング7選!確定申告・バイトとの違いなど
【初心者】主婦におすすめの在宅ワーク!データ入力・シール貼り・月収・求人サイトなど
主婦におすすめのポケット型Wi-Fiランキング14選!レンタル・購入・無制限など
【安全】主婦におすすめの短期間で稼ぐ方法12選!在宅で月20万円は本当?
データ入力|シュフティの収入は?ママワークスとの比較・危険性・初心者が稼ぐコツ!
採用されないWebライターの共通点とは?

関連記事:クラウドワークス やばい

ChatGPTを使った副業で稼ぐためのコツ

ChatGPTのデメリットを回避しながら副業で稼ぐためには、次の3つに気を配ると良いでしょう。
–ChatGPTを使った副業で稼ぐコツ–
●出力された内容は必ずチェックする
●ターゲットを決める
●集客する
●事例を知る

後半2点はマーケティングの基本ともなる内容ですが、1つ目のポイントはChatGPT特有の重要なポイントなので特に気をつけてくださいね。
ChatGPTを使った副業で稼ぐコツを次の見出しから解説します。

出力された内容は必ずチェックする

ChatGPTを使った副業で稼ぐためには、以下の観点から必ず内容をチェックします。
–ChatGPTの内容チェックポイント–
・ChatGPTで出力された回答が誤っていないか
・内容が期待していたものと違っていないか(具体性を欠いているなど)

ChatGPTの答えをそのまま利用してしまうと、著作権を侵害してしまう可能性もあるので十分な注意が必要です。
またWeb記事を作成する場合は自分のオリジナリティを出さなければ評価を得られません。
このように、ChatGPTで出力されたコンテンツの内容は必ずチェックすることに留意すると良いでしょう。

コンテンツの内容をチェックする必要があるのは、Webライターやブロガーも同じです。
特にコピーコンテンツと判定されてしまうとサイトの評価が大きく下がってしまうので、神経を使います。
Webライターやブロガーにおすすめのコピペチェックツールは以下の記事でご紹介しているので、今のうちにぜひチェックしてみてくださいね。

【Webライター】コピペチェックの重要性・判断基準・対策・ツール・よくある質問を紹介

【「Webライター ツール」系関連記事】
【Webライター】「無料&有料」校正ツールの基礎知識から最新のAI校正ツールを10選紹介!
【無料】Webライターにおすすめのスマホアプリを一挙ご紹介!執筆用は必須
副業webライターの始め方!在宅でやってみた稼ぐコツを解説!
【文章フレームワーク】仕事で使えるPREP法とは?例文・悪い例

ターゲットを決める

ChatGPTを副業に使うなら、ターゲットなしではなかなか稼げません。
適切な市場で存在するニーズに沿っていないといくら自分が良いと思う作品を作っても売り出せないからです。
また先に述べた「内容のチェック」も、ターゲットに沿った形でなければなりません。
ChatGPTを副業に使うときは、誰(どこ)に向けたサービス・作品を作るのかをよく考える必要があるのです。

集客する

ChatGPTを副業に使うとき、場合によっては集客が必要なことがあります。
例えばChatGPTを使って書いた記事をブログに掲載する場合、検索結果の上位に記事を表示させなければ紹介するサービスの成約につなげにくいことがほとんどです。
記事質アップを主にして検索上位を狙い、ChatGPT利用の効果をさらに高めましょう。
このように、ChatGPTを副業に使う場合は集客の工夫も必要です。

「自サイトの記事を上位表示するためには、何が必要なの?」
この答えは複雑ですが、初心者でも取り組みやすい方法がキーワードの利用です。
キーワードは正しく使えば記事の評価を上げることができ、集客アップにもつながります。
今すぐ実践できるキーワードの使い方は、以下の記事をご覧くださいね。

WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

【「Webライターのテクニック」系関連記事】
初心者Webライターに向いているテーマの選び方と、サンプル記事を書くコツ
初心者Webライターが1時間に2000文字を書くコツと重要性!いくら稼げる?
【無料あり】独学でWEBライターを始める方法は?おすすめ教材・選び方など
chatGPTとは?Webライターの脅威?ブログアフィリエイトなどで賢く使うコツ
問題点|ブログを書くメリットデメリット!効果・リスク・得られるものとは

事例を知る

ChatGPTを副業に活用するなら、事例の把握も必要です。
ChatGPTなどを活用して稼ぐ方法として、以下が紹介されています。
下記の表はスクロールできます

ツイート番号 ツイートの翻訳
18歳の子供でもAIとノーコードツールを駆使して月に1万ドルを稼いでいる。まさに紙幣印刷機を造っているようだ。オンラインで100ドルから20万ドルを稼ぐために役立つリソースを紹介しよう。
ChatGPTとノーコードツールで3時間に530ドルを稼いだ。それは特にテクニカルなスキルを使わずとも行える方法だ。AIとノーコードツールで稼いだ方法を示そう。
ChatGPTはまだ始まりにすぎない。9つのびっくりするような反則レベルのAIツールがこれだ(※)。
ChatGPTを暗号通貨収益マシンに変える準備はいいか?1ペニーもかけずに自分のブランドで月に5,000ドルを稼ぐことを想像してほしい。あなたは最初の成功者となる機会を得ている。
ChatGPTのチートシートはこれだ。ChatGPTを使って稼ぐ6つの方法!

※Eightify・Chatsonic・Jasper AI・Bard・Copilot Perplexityなどが紹介されている






「文言がどうも怪しいし、誇大広告気味な気がするな…」
このように思うのも無理はありませんが、日々の仕事や生活にChatGPTなどのAIツールを本格的に使える日はそう遠くないはずです。
副業に最初から使おうと気負わず、ChatGPTに今のうちから慣れておきAIツールへの抵抗をなくすことから始めてみるくらいのスタンスでも構いません。

【まとめ】ChatGPTは注意しながら副業に活用しよう

ChatGPTを副業に使うコツについて解説してきた当記事について、最後に重要ポイントをまとめます。
–当記事の重要ポイント–
●ChatGPTは記事制作などをはじめ、副業や付随する作業に幅広く活用できる
●ChatGPTを使えばコストカットができるが、ファクトチェックなどが欠かせない

ChatGPTは、正しく使えば副業にも大きな利益を生み出す可能性のあるツールです。
内容のチェックをするなどの注意点を守りながら業務の一手段として用いれば、利益アップのチャンスがあります。

「ChatGPT以前に、記事の書き方を基本から学びたい」
こんな方には、藤崎のWebライター講座がおすすめです。
自分のペースでライティングの基本を実践的に学べるのが強みの講座なので、気になる方は一度以下の記事で概要をご覧ください。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

【「Webライター」系関連記事】
【詐欺?】Webライターが胡散臭い8の理由!未経験者必見の正しい儲け方とは
【スケジュール】副業Webライターの1ヶ月・1週間・1日!予定の立て方・儲け方など
スマホwebライターの始め方!パソコンない主婦も安心の副業候補!
高校生のwebライターの始め方!バイトよりも稼げる副業か?
【やめとけ?】大学生webライターの始め方!就活OKの在宅バイト
【知識なし】主婦のwebライターの始め方!未経験から始める副業!
未経験からの在宅Webライター!正社員・バイト・副業の求人は?
例文|Webライター未経験者の自己PR・志望動機・プロフィールの作り方
採用されないWebライターの共通点とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 文字単価3円のWebライターになる方法は何か調べてみた
  2. 短期間で稼ぐ 主婦アイキャッチ画像
  3. テレビで紹介されたスマホ副業