【コスパ◎】青色申告は無料ソフトでも可能!エクセルなどを活用して効率良く行おう

この記事は10分で読めます

「青色申告をしたいけど、エクセルや無料ソフトをどう使いこなせばいいのかわからない」
「そもそも青色申告って何がいいの?」
個人事業主の中には、このようにお考えの方もいるでしょう。
そこで当記事では、青色申告のためにエクセルや無料ソフトを使う方法を解説します。
さらに青色申告とは何かやメリット・デメリット・エクセルや無料ソフトを使った具体的な管理方法や節税術まで、初心者から経験者まで役立つ情報をご紹介しています。
各無料ソフトの機能比較やユーザーの評価・評判も取り上げるので、自身に最適な方法を見つけられれば青色申告を少しでも楽に行えるでしょう。

目次

【エクセル・無料ソフト利用】そもそも青色申告とは

青色申告とは、所得税法に基づき、一定の条件を満たした経営者が自主的に選択することができる申告書作成の一種です。主な特徴としては、帳簿をつけて経費を詳細に報告することで節税ができるというメリットがあります。この制度は個人事業主や法人を含むすべての事業者を対象に設けられていて、利用者は最低でも10万円・最高で65万円の青色申告特別控除を受けられます。経理の知識が少なくてもエクセルや無料のソフトを活用すれば、簡単で確実な申告が可能となります。ここではエクセルを使った青色申告の方法とそのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

青色申告のメリット

青色申告を行う最大のメリットとして、所得赤字の繰越控除や損失の所得控除が可能という点が挙げられます。具体的には、ある年度における所得が赤字となった場合、その額を翌年度の所得から差し引くことができるのです。これにより、所得が減少し税負担が軽減されます。また、事業用の設備を新たに導入した際には、そのダメージを抑えるための経費控除も可能です。さらに、青色申告者には65万円の青色申告特別控除があります。これは所得税の税額から控除できるので、非常に節税効果が高いのです。

青色申告のデメリット

一方で、青色申告にはいくつかのデメリットも存在します。第一に、経理の手間が増えるという点が挙げられます。青色申告には帳簿記帳の義務があり、毎日の経営状況を的確に把握し、適切に経理を行うことが求められます。これには相応の時間と労力、経理知識が必要です。また、ビジネスの規模が小さい場合、青色申告の節税効果を享受するために必要なコストや手間がかえって負担になることもあります。

知らなきゃ損 スプレッドシートで管理する青色申告

これらのデメリットを克服するためには、エクセルや無料のソフトウェアを活用することが有効です。例えば、Googleスプレッドシートを利用すれば、自動で計算やデータ分析が行えるため、経理の手間を大幅に減らすことができます。また、クラウド上でデータを保存・共有できるので、場所や時間を選ばずに経理作業ができ、作業効率を向上させることが可能です。さらに、テンプレートを利用すれば、帳簿の作成も簡単に行うことができます。これらのツールを活用すれば、青色申告の負担を軽減し、効率的な申告作業を実現することができるのです。

【エクセル・無料ソフト利用】青色申告に必要な帳簿

青色申告に必要な帳簿について迫っていきましょう。帳簿とは、事業の収支や財産の状況を記録しておく為のツールです。具体的には、売上や経費などの収支を日々記録していくもので、これが税務署に提出する確定申告の基礎資料となります。この帳簿を作成する際、エクセルや無料の会計ソフトを活用することができます。今回は、その中でも特に青色申告に必要な主要簿、補助簿、所得税の節税術について詳しく解説していきます。

主要簿

主要簿とは仕訳帳・総勘定元帳のことを指します。具体的には、取引が発生した際の日付、相手方の名前、取引の内容、金額を記入します。今日では手書きで行うよりも、エクセルや無料の会計ソフトを利用して帳簿を管理する方が多くなっています。これらのツールを活用すれば、煩雑な計算も自動で行ってくれるため、会計の知識がない方でも簡単に帳簿を作成することが可能です。また、エクセルや無料の会計ソフトでは、データの保存や検索機能も充実しているため、必要な情報をすぐに探すことができます。こうした主要簿の作成は、青色申告をスムーズに進めるための基盤となるのです。

補助簿

青色申告時に作成する必要がある帳簿の一つが補助簿です。補助簿は現金出納帳・仕入帳・支払手形記入帳などが該当します。補助簿が必要な理由は、複数の取引先や複数の事業所からの収入、支出を一元管理する為です。具体的には、個別の取引先や事業所ごとの収支を記録し、それぞれの経済的な状況を把握することができます。この補助簿をきちんと作成しておくと、将来的に税務調査が入った際にも正確な資料を提出できるのです。クラウド会計ソフトやエクセルを活用すれば、任意の条件で補助簿を作成・閲覧することも可能になるため、ビジネスの効率化にもつながります。

青色申告における所得税の節税術

青色申告をする際のメリットは節税です。青色申告を行うことで確定申告時に最大65万円の控除が受けられるという大きなメリットがあります。さらに、青色申告をすることで経費の範囲が拡大し、必要経費として計上できる項目が増える(高額な支出も一括で経費に計上できる場合がある)ため、所得税が下がる可能性が高まります。例えば、事業に必要なパソコンやソフトウェアの代金を経費として計上することが可能になる場合があるでしょう。しかし、これらの節税術を生かすためには、主要簿や補助簿を正確に管理することが必須となります。エクセルや無料プランのある会計ソフトを活用して、青色申告に必要な帳簿作成を行うことが必要です。

無料ソフトでなくエクセルを活用した青色申告の効率化

エクセルは、オフィス作業に欠かせないツールであり、会計事務などにも広く用いられています。中でも青色申告のような作業においては十分な機能を発揮することが可能なのです。無料ソフトの良さばかりを語られてしまいがちですが、エクセルの多機能性を活かすことでさらに効率的な青色申告が可能となります。ここでは、その具体的な方法と活用例にしっかりと目を向けていきましょう。

エクセルのフォーマットで効率的に青色申告

エクセルの強みは何といってもその自由度の高さと自動計算機能です。毎月の売上や経費を日々入力するだけで自動的に計算され、年間の損益が一目で分かるようになります。そのため、エクセルのテンプレートを使って青色申告を行うと煩雑な計算や確認作業から解放され、効率的に作業を進めることが可能です。さらにグラフ機能を活用することで、視覚的に売上の推移や経費の内訳などを把握することもできます。これらの機能を活用すれば、確定申告期間に余裕をもって準備ができるでしょう。

テンプレートの活用法

エクセルには数多くのテンプレートが用意されており、青色申告に特化したものもあります。もちろん、自分で作成することも可能ですが、初めての方や時間がない方は以下のようなテンプレートを活用することをおすすめします。
下記の表はスクロールできます

名称 特徴 公式サイト
弥生会計のテンプレート 勘定科目・摘要などを入力するだけで簡単に使える
※各シートは連携していないので別途関数を設定する必要あり
https://www.yayoi-kk.co.jp/shinkoku/oyakudachi/chobo-tempureto/
freeeの現金出納帳テンプレート 日付・勘定科目・摘要・入出金・差引残高を記入して使える https://www.freee.co.jp/kb/kb-accounting/cashbook_excel/
売掛帳・買掛帳 得意先・仕入先ごとに残高を管理できる https://www.mi-cpa.com/form.html
固定資産台帳 固定資産を一覧にして把握できる https://template.k-solution.info/2006/12/01_excel_1_30.html
経費帳 経費を一覧にして把握できる
※Excel2013で作成されている点に注意
https://bizroute.net/download/keihi-list01

テンプレートでは、必要な項目がすでに設定されており、そのまま使用するだけで青色申告のための帳簿作りが可能です。独自の項目を追加することも可能なので、自分のビジネスに合わせたカスタマイズも可能です。これにより、確定申告自体に特別な知識がなくても無理なくできます。

応用:マクロを使用した会計処理の効率化

エクセルを活用する最大の魅力は、マクロ機能による自動化です。繰り返し行う作業をマクロに記録すれば、次回からはボタン一つで同じ作業を実行することができるため、作業時間を大幅に短縮できます。このマクロ機能を利用して青色申告を行うことにより、より効率的な管理が実現します。ただし、マクロを自作するには一定の知識と技術が必要ですので、初めての方は逆に手間が増えてしまうかもしれません。そんな場合は、インターネット上で公開されているマクロを活用するのも一つの方法です。これらを利用すれば、より深くエクセルを活用して青色申告を行うことが可能となるでしょう。

【無料あり】オンラインの青色申告ソフトとエクセルの比較

近年、青色申告を行う際にオンラインの確定申告ソフトが注目を集めています。しかし、一方でオンラインソフトだけでなくエクセルを活用した方法も存在し、いったいどちらが青色申告に向いているのでしょうか。そこで今回は、無料で利用できるオンラインの青色申告ソフトとエクセルを比較し、そのメリットを掘り下げていきます。また、読者の皆さまが自分に最適な青色申告の方法を選ぶための参考になれば幸いです。

オンライン青色申告ソフトのメリット

オンラインの青色申告ソフトは、さまざまなメリットを持つことから注目を集めてきました。ひとつ目のメリットは、導入が非常に容易である点です。専門知識がなくても簡単に操作でき、またソフト上で複雑な計算も自動で行ってくれます。さらに、電子申告やクラウド保存といった機能も充実しており、どこからでも申告の操作が可能です。二つ目のメリットは、ソフトが持つ初心者向けのサポート機能から学べる点です。青色申告に関する知識が少ない方でも、ソフト上の使い方ガイドやサポート体制の充実を活用すれば、スムーズに申告を行うことが可能となります。

エクセル帳簿を用いた青色申告のメリット

次に、エクセル帳簿を用いた青色申告のメリットについて説明します。まず大きなメリットとして挙げられるのは、自由度の高さです。エクセルであれば自分自身で細かく設定をすることができ、個々の業務に合ったテンプレートを作ることが可能です。また、マクロやVBAの活用により、様々な自動化や効率化も達成できます。さらにエクセルは広く普及していますので、どのような業種でも導入が容易であり、操作方法もすぐに習得することが可能です。

自分に合った方法を選択しよう

以上、オンラインの青色申告ソフトとエクセルのそれぞれのメリットを挙げてきましたが、最終的にどちらを選ぶかはご自身の事業内容・好み・スキルによるところが大きいです。青色申告の場合一度選定した方法を長期間続けることが期待されますので、じっくりと比較・検討を行い、最適な方法を選びましょう。エクセルや青色申告ソフト以外にもクラウド会計ソフトやスプレッドシートなども利用できるため、色々なツールを活用してより効率的な経理業務を目指すことも大切です。

【無料あり】青色申告ソフトの評価ポイント

個人事業主や小規模事業者の方々にとって、青色申告は大きな税務上のメリットを享受できる制度です。しかし、その一方で帳簿の作成や申告書類の整備など、手間と時間がかかる作業も伴います。そこで役立つのが、青色申告のためのソフトウェアです。本節では、これらのソフトウェアの中から無料のものを中心にピックアップし、各ソフトの評価とランキングについて詳しく見ていきます。

各無料ソフトの機能比較

多くの無料の青色申告ソフトが存在しますが、その機能は一様ではありません。例えば、一部のソフトは基本的な帳簿作成機能のみを保有し、電子申告への対応などは行っていないものもあります。また、クラウド型のソフトだと領収書をデジタル化して保存できる、スマホで操作できるといったメリットも享受できますが、ネット環境が必要です。とはいえ決算書を自動的に作成したり、税金を計算するといった機能を有しています。これらを比較して、自分の状況に最適なソフトを選ぶことが重要です。

サポート体制の比較

無料のソフトでもサポート体制は非常に重要なポイントです。税務の知識がない初心者や、ソフトの操作に詳しくない方々にとっては、トラブルが発生した際のサポートは心強いです。そのため、導入するならサポート体制の整っている青色申告ソフトを選ぶことを強く推奨します。FAQやヘルプページが整備されているソフト、電話やメールでのサポートがあるソフトなど、状況に応じたサポート体制が提供されているかを調査することが大切です。

ユーザーの評価・評判を考察

無料の青色申告ソフトは数多く存在しますが、最終的にその価値を示すのは利用者の評価や評判です。ユーザーからの評価は、ソフトの実際の使い勝手や機能性を判断する上で重要な参考になります。口コミやレビューを参考に、各ソフトのユーザー評価を比較・分析します。また、どのソフトが高評価であるかだけでなく、その理由も深掘りします。具体的な使用感や便利な機能、利用者の声を通じて、無料の青色申告ソフトについて詳しく調査すると良いでしょう。

「どんな確定申告ソフトがあるのか詳しく把握しておきたい」
こんな方は、以下の記事をご覧ください。
freee・弥生会計・マネーフォワードクラウド確定申告の3大ソフトを比較して、おすすめできる人をご紹介しています。
さらに帳簿の基本的なつけ方も解説しているので、初めて確定申告に臨む方にもお役立ていただける内容です。
不安なく確定申告を行うためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

Webライター向けに帳簿のつけ方を解説!仕訳・勘定科目・借方・貸方とは?

【「確定申告」系関連記事】
2023|確定申告が必要な人・必要でない人とは?会社員・主婦・在宅ワーク・フリーランスなど
【2023】クラウドソーシングで確定申告しないとどうなる?主婦・学生のやり方は?
確定申告で間違えたらどうなる?間違い後に連絡くる?対処法・よくあるミス・罰則など
問題点|ブログを書くメリットデメリット!効果・リスク・得られるものとは
【無料あり】独学でWEBライターを始める方法は?おすすめ教材・選び方など
本業webライターの始め方!副業からブログで独立・起業を目指そう
【超高性能】ハイスペックなおすすめパソコン10選!最強スペックを引き出す周辺機器は?

無料ソフトを活用した経費管理のポイント

経費管理は個人事業主や、スモールビジネスオーナーにとって重要な課題の一つといえるでしょう。しかし、経費管理を効率よく行うための方法はたくさんあり、その中で今回注目したいのが「無料ソフトを活用した経費管理」です。経済的な負担を抑えつつ、効率的な経費管理をするためのツールとしてすでに多くの方が導入しています。また強力な機能と共に、使い方のポイントを押さえることで、経費管理が一層スムーズに進むでしょう。

領収書の管理方法

経費管理における重要な一つといえば領収書の管理です。領収書はその経費の証拠となりますから、きちんと管理しなければなりません。その一方で領収書の管理は手間となりがちです。一つの方法として無料ソフトを活用した領収書管理が考えられます。これにより、レシートをスキャンしてデータ化することで、紛失のリスクを軽減し、管理が一元化されます。そして、それぞれのデータには日付や金額、経費の内容といった基本的な情報だけでなく、画像データも一緒に保存されるため、後から確認する際も非常に便利です。

はじめての経費管理

はじめて経費管理を行う方にとって、多くの項目やデータ、領収書などをどのように管理すれば良いのか、戸惑ってしまうかもしれません。しかし、無料ソフトを活用すれば、これらの課題を軽減することができます。例えば、データの入力や整理、分析までを一元管理できるソフトを選ぶことで、初めてでもスムーズに経費管理ができるでしょう。また、視覚的に経費を確認できるチャート表示機能なども、直感的に理解しやすいという利点があります。

経費削減の方法

経費管理を行う目的の一つが経費の削減です。経費を適切に管理し、無駄な支出を見つけ出すことで、ビジネスの利益を高めることが可能となります。特に無料ソフトを使うことで、継続的に経費をチェックし、経費の傾向や問題点を見つけ出すことが可能になります。例えば、月ごとや項目別に経費を分析すれば適切な節約策を練ることが可能となり、経費の見直しや削減がよりシステマティックに行えるでしょう。

「そもそもどんな費用を経費として計上できるのか知りたいな」
こんな方は、下記の記事が参考になるかもしれません。
経費にできる支出・できない支出や、経費計上時に知っておきたい按分などを解説しています。
青色申告だけでなく白色申告を行おうとする方にも役立つ内容なので、ぜひご覧くださいね。
※記事ではWebライターを例に解説していますが、他の事業でも考え方は同じです。

Webライターの経費とは?賢く節税して収入をMAXに!按分のやり方は?

【「経費・節税」系関連記事】
Webライターの税金は何税がかかる?節税方法・確定申告の手順など
【裏ワザぶっちゃけ】個人事業主の節税方法!経費計上のコツ・青色申告など
副業サラリーマンにおすすめの節税方法!赤字の確定申告・注意点など
確定申告で間違えたらどうなる?間違い後に連絡くる?対処法・よくあるミス・罰則など
Webライター向けに帳簿のつけ方を解説!仕訳・勘定科目・借方・貸方とは?
【副業】webライターの確定申告!青色・白色申告や所得基準は?

青色申告ができるエクセルの基本的なセットアップ法

青色申告は、日々の収支や経費管理から年間の所得税計算まで、事業主やフリーランスなどの個人事業主にとって大変重要な税務処理の一部です。しかし、紙ベースでの書類作成や計算は手間がかかり、時間をかけてしまうことが多いです。そこで、現代の税務処理には情報技術を活用する動きが広がってきています。コンピューターソフトウェアをうまく利用すれば、日々の収支管理から年間の税金計算まで、簡単に行うことができます。特にエクセルは、表形式のデータを簡単に編集でき、シートのコピー、貼り付け、関数の活用などで高度な計算も可能になります。

エクセルの基本操作

エクセルは多機能であるために初心者には難しく感じるかもしれないので、まずはエクセルの基本操作から学んでいきましょう。まず、エクセルを開いたときに現れる「新規ブック」から始めます。新規ブックを選択すると、真っ白なシートが現れます。この上に、青色申告に必要な項目をどんどん入力していきます。次にメニューバーの「ファイル」を開き、「名前を付けて保存」を選択します。初めて保存するときには、保存場所とファイル名をきちんと決めておくことが大切です。次に、エクセルのセルを選択し、そこに直接数字や文字を入力することができます。セルを選択した状態で入力した数字や文字は、そのセルの中に保存されます。エクセルのメリットは何と言ってもその計算機能です。

ソフトのダウンロードから設定までの手順

エクセルは、一部の機能を無料で使うことができます。ダウンロードはご利用のデバイス(PCやスマホ)のOSに応じたマイクロソフト公式サイトから行い、必要な情報を入力して手順に従うだけで完了します。セットアップが完了した後は、エクセルの基本操作について学ぶことをおすすめします。

トラブルシューティングとサポート情報

さて、エクセルを使いこなすことは初心者にとっては難しいかもしれません。その時には、インターネットに多数公開されているチュートリアルや、マイクロソフトから提供されているサポート情報を活用しましょう。もしエクセルで困ったことがあれば、まずは問題をインターネットで検索してみます。それでも解決しない場合には、マイクロソフトの公式サポートページを訪れてみましょう。ここには、よくある問題とその解決策が紹介されています。また、エクセルは世界中で使われているため、各言語でのサポートも充実しています。

実際に青色申告を楽にするエクセルの使い方

私たちの多くは、エクセルの基本的な機能を使ったことがあるでしょう。しかし、エクセルはその表計算機能だけでなく、会計処理や税務申告などの複雑な作業を効率化するためのツールとしても優れています。特に、個人事業主や中小企業のオーナーにとっては、エクセルを使った青色申告の管理は手間とコストを大幅に削減することができるのです。しかし、エクセルを青色申告のために使う場合、ただデータを入力するだけではなく、使用するための基本的なスキルや知識が必要となります。

スプレッドシートの活用方法

エクセルのスプレッドシートは、データの整理や分析に非常に効率的なツールです。青色申告では、収入や経費、税金などの複数の項目を管理する必要があるため、スプレッドシートを上手に利用することでこれらのデータを一元化し、見やすく整理することができます。また、エクセルには自動計算機能も搭載されているため、正確な金額の計算も簡単に行うことができます。ただし、エクセルの使い方はあくまで手段であり、重要なのはどのデータをどのように管理するかという観点から青色申告を行うことです。

エクセルを活用する場合の節税ポイント

エクセルを用いて青色申告を行う際の節税ポイントは、まず収入と経費の管理をしっかりと行うことです。入力したデータを基に自動で経費を計算し、必要な税額を算出することができます。また、抜け漏れなく経費を記録すれば節税効果を最大限に引き出すことが可能になります。さらに、項目ごとに色を付けるなどして視覚的に分かりやすくすることで、データの把握も容易となるでしょう。これらの機能を活用することで、エクセルを使った青色申告のスキルを磨くことが可能になります。

エクセルでの青色申告まとめ

最後に、無料でも可能なエクセル帳簿を使った青色申告の方法をまとめます。まずはスプレッドシートを活用し、データの整理と管理を行いましょう。次に、節税ポイントをきちんと押さえ、収入と経費をしっかりと管理します。そして、エクセルの自動計算機能を利用し、正確な経費計算と税額の算出を行います。最後に、分かりやすいレイアウトと色分けをするなどしてデータの見やすさを重視して帳簿をつくり上げます。これらを全て行うことで、エクセル帳簿を使った青色申告はより効率的で簡単になるのです。

【まとめ】エクセルや無料ソフトを使って青色申告の準備ができる

エクセルや無料ソフトを使った青色申告について、最後に重要ポイントをまとめておきます。
–当記事の重要ポイント–
●青色申告を行うと、10万円〜65万円の控除が受けられる
●エクセルを主要簿や補助簿に使う場合、テンプレートを利用すると便利
●無料ソフトを利用すれば、会計やエクセルの知識がなくても簡単に青色申告の準備ができる

青色申告は準備が大変だからと敬遠しがちな方も、この記事をご参考いただくと手軽に環境を整えられるでしょう。
ご自身に合った方法で青色申告をし、節税効果を最大限まで高めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 名古屋でおすすめのWebライター講座
  2. クラウドワークスに実在したやばい悪徳業者のイメージ画像

目次