【最適化】SEO記事作成の手順!後の修正を大幅カットするコツとは

この記事は20分で読めます

「SEO記事作成の手順を把握して、メディア運営の質・スピードを飛躍的に高めたい」

「後々の工程で修正が膨大になってしまった…こんなことなら最初から正しいSEO記事作成手順をおさえておけば良かった…」

そんな方のため、この記事ではSEO記事作成の手順と、実際にSEO記事作成を進めるコツをご紹介します。

SEO記事作成の手順を把握していないままメディア運営を進めると、公開後に大がかりな修正が必要になるなど、リソース(時間・人員・労力など)を上手く活用できません。

反対にSEO記事作成の手順を参考にメディア運営を進めれば、リソースを最大限に活用して、より早くWebサイト運営の目的を達成できます。

最短距離でWebサイト運営の目的を達成し、より大きく成長できるよう、SEO記事作成手順をチェックしていきましょう。

「SEO記事作成手順が気になるけど、実はそれほど時間がない…」

「人員が足りないから、SEO記事作成手順をしっかりと実行していけるか不安…」

そんな時には当ブログの「SEOコンサル」「記事作成サポート」をご活用ください。

経験ゼロからWebライター・メディア運営のスキルをひとつずつ磨いてきた藤崎が、懇切丁寧にサポートしていきます。

今までにメディア運営のご経験がなく、ライター様への依頼方法がわからない場合などでも、状況にあわせて業務効率を改善するためのご提案をしていきますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

SEO記事作成の手順

以下の8ステップが「SEO記事作成手順」です。

【SEO記事作成手順】

  1. 企画の作成
  2. 情報収集
  3. 検索ニーズの把握
  4. ターゲティング
  5. 企画などの見直し
  6. 構成づくり
  7. 執筆
  8. 読み終えた後の行動喚起

SEO記事作成の手順を間違えると何度も手直しが必要となり、膨大な手間暇がかかってしまいます。

貴重な時間・エネルギーを効率良く使ってWebサイト運営の目的を達成できるよう、上記の「SEO記事作成手順を確認していきましょう。

※この記事でご紹介する「SEO記事作成手順」は絶対的な進め方ではありません。

運営方針などによってベストな進め方は異なるため、上記の「SEO記事作成手順」は基本的な進め方といった程度にとらえ、何度もSEO記事作成を重ねる中で、あなたにピッタリの手順を見つけていただくことをおすすめします。

(詳細は後述します)

SEO記事作成手順①企画の作成

SEO記事作成の手順①は「どんな情報を発信するのか」などを決める「企画」です。

企画をする際には、キーワードに沿って発信する内容を決めるケースが多いため、どのキーワードで上位表示を狙うのかを明確にしましょう。

※この記事では「SEO記事作成の手順」について解説しているため、インタビュー記事・アンケート結果のお知らせ記事などは一旦除外しています。

「キーワード」とは、Googleなどの検索エンジンで、ユーザーが何かの情報を調べる際に検索窓に入力する文字などのことです。

例えば、「主婦におすすめの仕事について知りたいな」と思った人は、検索窓に「主婦 仕事 おすすめ」などと入力すると考えられます。

このような「主婦 仕事 おすすめ」といったキーワードを意識してSEO記事作成をすると、ユーザー(読者様)が求める情報を提供でき、しっかりと読んでもらえる記事を公開しやすくなります。

「キーワードがなぜ大事なのか」

「具体的には、どうやってキーワードを選べばいいの?」

このように思った方は、以下の記事をお役立てくださいね。

WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

ということで、SEO記事作成手順の①としては「企画」があり、どのキーワードで上位表示を狙っていくのかを明確にする工程であることをおさえておきましょう。

SEO記事作成手順②情報収集

SEO記事作成の手順②は、狙ったキーワードの検索上位記事を調べる「情報収集」です。

情報収集をする際には、実際にGoogleの検索エンジンでキーワードを入力する方法があります。

例えば先ほどの例のように、「主婦 仕事 おすすめ」というキーワードでSEO記事作成をする場合、Googleの検索窓に「主婦 仕事 おすすめ」と入力して検索してみるということです。

「主婦 仕事 おすすめ」の検索結果は、「Googleが高く評価している記事の順番」と考えられるため、検索で上位に表示された記事を参考にすればいいんだな」とアタリをつけられます。

具体的には、「これからSEO記事作成をするにあたって、主婦におすすめの職種や扶養関連の記事を解説すればいいのか」などという発見が得られるわけですね。

このようにしてキーワードをもとにして、これから作成する記事で解説する内容を大まかに把握する工程が、SEO記事作成の手順②の「情報収集」となります。

SEO記事作成手順③検索ニーズの把握

SEO記事作成の手順③は、キーワードの検索結果から得た情報から、検索ニーズを把握することです。

この「検索ニーズを把握する」というステップでは、「集めた情報を使って、読者様が知りたい内容を羅列する」という工程を行います。

具体的には検索上位に書かれている内容を箇条書きにする方法がおすすめです。

例えば先ほどのキーワード「主婦 仕事 おすすめ」で言うと、以下のような検索ニーズが挙げられます。

  • 大手サイトが主婦におすすめする仕事ランキング
  • 職種別に見る主婦におすすめの仕事・業務内容
  • 主婦が仕事をする際におさえておきたい「扶養」について
  • 主婦におすすめの仕事探しのコツ

上記はほんの一例ですので、実際に検索ニーズを把握しようと思った際には、もっとたくさんの検索ニーズがあることに気付くでしょう。

検索ニーズを把握する際には、網羅性に注意することが重要です。

「網羅性」とは、様々な検索ニーズを満たすための情報が網羅されていることを意味します。

具体的には上記のキーワード「主婦 仕事 おすすめ」の検索ニーズをリストアップする際、「扶養」に関する情報がないと、読者様の疑問を十分に解消できない可能性があります。

そうすると、「この記事よりも、扶養のことも解説してくれている記事の方が役に立つ」と思われ、読んでもらう機会が減ると考えられます。

逆に検索ニーズをしっかりと満たせるよう、網羅性を高めておくと、読者様は、「そういわれてみると、こんな情報も役立つかも」※などの気付きを得られるかもしれません。

※こういう検索ニーズは、「潜在ニーズ」などと呼ばれます。

(逆に、読者様自身が、「こういう情報を知りたいんだよね」と自身で認識できている検索ニーズは、「顕在ニーズ」などと呼ばれます)

このように網羅性の高いサイトは読者様の役に立つ可能性をグッと高めやすいと言えます。

Googleはユーザーにとって役立つ記事を、検索結果の上位に表示したいと考えているため、SEO記事作成の際に検索ニーズをしっかり把握して、網羅性を高めることが重要なんですね。

SEO記事作成手順④ターゲティング

SEO記事作成の手順④は、検索ニーズを網羅することでつかめてきた「読者像」を明確化する「ターゲティング」です。

どのような人に読んでもらいたいかを明確化する「ターゲティング」は、しっかりと読んでもらうために役立ちます。

例えばキーワード「主婦 仕事 おすすめ」でSEO記事作成する際、冒頭(最初の文章)で以下のいずれかを使うケースを想定してみてください。

  1. この記事では、「みんなに人気のあるおすすめの仕事が知りたいな」という方に役立つ情報を解説します。
  2. この記事では、「主婦におすすめの仕事」や「主婦が仕事を始める際に役立つ、賢い探し方・扶養などをふまえた働き方」を解説します。

キーワード「主婦 仕事 おすすめ」でSEO記事作成する際、上記2つの文章から一方を選ぶとすると、「2.」がおすすめです。

その理由は、主婦の方に向けた文章になっているからです。

反対に「1.」の文章だと、「主婦だけでなく、色んな人におすすめの仕事」という風に読み取れます。

具体的には、男性・高校生・大学生・定年後など、様々な観点から見て「おすすめの仕事」が解説されていると見えるわけですね。

そのため主婦の方に読んで欲しいと考えた場合には、「1.」より「2.」の文章がおすすめです。

そして、「2.」のような文章を書くためには、「ターゲティング」をしておくことが重要です。

「ターゲティング」をして、どんな読者様に読んでもらうのかをイメージしておけば、「1.」のようなぼんやりとした文章(ターゲティングができていない文章)を避けやすくなります。

反対に「ターゲティング」をしておかないと、以下のような文章が記事内に紛れ込んでしまうかもしれません。

「クラウドソーシングの仕事をおすすめする理由は、いつでも好きな時に取り組めるので、学校やサークルなどの合間にも取り組めます」

上記のような文章がキーワード「主婦 仕事 おすすめ」でSEO記事作成する際に紛れ込んでしまうと、読者様は、「あれっ、この記事、学生のために書かれているのかも…」と思い、一気に興味がなくなってしまうかもしれません。

このようにターゲティングをしていないと、読者様の興味関心をなくしてしまう可能性が高まります。

※中級者のライター様になってもターゲティングができていないことが散見されるので、SEO記事作成の執筆を依頼する際には、ターゲットを明文化して執筆を担当するライター様に伝えておくことが重要です。

「そういえば、いつもSEO記事作成の執筆をしてもらっているライターさん、微妙なんだよな…」と思った場合、以下の記事をご覧ください。

もしかしたら恐ろしく低レベルな「やばいWebライター」であり、支払っている執筆費用が高すぎる(コスパが低すぎる)と気付けるかもしれません。

【ゴミ】Webライターのクズ記事とは?低質ページの特徴&記事質アップのコツ

SEO記事作成手順⑤企画などの見直し

SEO記事作成の手順⑤は、ワンランク・ツーランク上の記事を作成するために役立つ「企画などの見直し」です。

具体的には、ここまでにお伝えしてきた「SEO記事作成の手順①~④」を振り返り、より質の高い記事を作成できないかと見直すことステップがSEO記事作成の手順⑤「企画などを見直す」という段階になります。

企画などを見直すと、新たな発見・漏れなどを確認できることがあるため、より良いSEO記事を作成できる可能性を高められます。

例えば、SEO記事作成の手順「企画」の段階で、「どのキーワードで上位表示を狙うのか」に関する工程を見直した際、「別のキーワードと組み合わせたSEO記事を作成することで、より効率良く、体系的に情報を発信できるかもしれない」などの気付きが得られることがあります。

先ほどのキーワード「主婦 仕事 おすすめ」を例に挙げると、SEO記事作成の手順①「企画」で、キーワード「主婦 パート おすすめ」も今後、記事作成の候補になる可能性などが考えられます。

キーワード「主婦 仕事 おすすめ」の検索ニーズと、キーワード「主婦 パート おすすめ」の検索ニーズがほぼ同じであることがわかった場合、2つの記事を1つにまとめられます。

※仕事を探している主婦さんが検索する際、パートを探すという意図で、「主婦 仕事 おすすめ」と検索するケースは珍しくありません。

これは、「重複コンテンツ」を回避できることにもなり、SEO記事作成の効果を高めてくれます。

また、見直しをしないことによって2記事を作成する労力・時間を考えると、よりSEO記事作成の効率を高められるとも言えます。

「企画を見直したから、2つのキーワードを1記事にまとめられたうえ、重複コンテンツのリスクも避けられた!」

SEO記事作成の手順⑤「企画などを見直す」を実践することで、このようなメリットを感じられる可能性があるため、しっかりと見直すことが重要です。

※「重複コンテンツ」については、後ほど「似た記事がないかどうか確認する」の項目で解説します。

その一方、SEO記事作成の手順④の「ターゲティング」が終わった段階で、「ここまで工程を進められたから、見直しなんて面倒」と思う方も結構多いです。

もしSEO記事作成の手順⑤「企画などを見直す」の工程が面倒だと感じた場合、なぜ見直しが重要なのかをここでおさえておきましょう。

ずばり、SEO記事作成の手順⑤「企画などを見直す」が重要な理由は、後々大きな負担が生じかねないからです。

先ほどのキーワード「主婦 仕事 おすすめ」「主婦 パート おすすめ」を例に挙げると、後々、以下のような後悔をするかもしれません。

  • せっかく2つの記事(「主婦 仕事 おすすめ」と「主婦 パート おすすめ」)を頑張って作成したのに、Googleから低評価を受けてしまった…
  • 2つの記事を公開した後、分析した時間・労力がかかった他、2つの記事を1つにまとめる作業が必要になり、本来ならもっと多くの記事を作成できるリソースを失ってしまった…

このように、見直しなしで次の工程に進むと、時間が経過するほど効率の低下が懸念されます。

次のステップでは構成を作ることになりますが、構成を作ってから、別のキーワードの検索ニーズをふまえて作り直すことは、多大な労力・時間を必要とします。

もしあなたが執筆後・記事の公開後に、もっと良い方法があると気付いていた場合、「あの時、企画や情報収集の工程を見直していたら、これからしなければいけない大掛かりな修正がごっそりカットできたのに…」と思うはずです。

効率良くメディアを運営し、着実に目的を達成していけるよう、SEO記事作成の手順⑤「企画などを見直す」を甘く見ないようにしましょう。

なお、SEO記事作成の手順⑤「企画などを見直す」に取り掛かる際は、翌日など、気分をリフレッシュさせて取り組むことをおすすめします。

その理由は、一日の途中など、疲れが見え始めている段階で見直しをしても、十分な高価が得られないケースが多いからです。

基本的に人間は睡眠時に脳の情報を整理すると言われています。

そのため、朝が最もリフレッシュした状態と考えられるんですね。

つまり朝一で「見直し」をすることで、より注意力が研ぎ澄まされ、疲れてきた時には気付かなかった発見が得られるケースが多いです。

※初心者~中級者のライターさんも記事の見直し精度が非常に甘く、多くの場合が疲れてきた段階で作業している要因が考えられます。

(このあたりは叩き上げでスキルを磨いてきた藤崎だから見えている部分かと思います)

このような点から、SEO記事作成の手順⑤「企画などを見直す」段階では、朝一に取り組みましょう。

※企画などを見直す際には、作業をする時間だけでなく、どこに着目するかも非常に重要です。

その一方で企画などを見直すコツは、ある程度経験値が高まってこないと、つかめないケースが多いです。

SEO記事作成の代行会社にお勤めの社員さんでも、先輩から「この企画を見直して」と言われた際、「誤字脱字がないかのチェックをされていた」というケースがありました。

このように、「見直し」とヒトコトで言っても、そのコツ・重要部分については経験値が高まってこないと見えてきません。

これらの点から、効率良くSEO記事作成を進めたい場合には、SEOのプロに相談して、見直しの精度を高めることをおすすめします。

なお藤崎の方でも企画の見直しサポートを行っています。

百戦錬磨の経験・スキルを持っている藤崎なら、プロの目線で、なおかつ第三者的な立場をとれるため、御社では思いもしなかった発見・提案ができるかもしれません。

※もちろん、検索ニーズ・ライバルチェックなどを含め、各キーワードの実情に即した最適なご提案をしていきます。

メディア運営の効率を劇的に高めたい場合には、お気軽に藤崎へご相談ください。

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

※参考

SEOコンサル

記事作成代行

SEO記事作成手順⑥構成づくり

SEO記事作成の手順⑥は、読者様にとって魅力的でわかりやすい記事を作成するために重要な「構成を作る」というステップです。

構成とは目次のことで、具体的には以下のような項目(※)の作成を意味します。

(※)この「項目」は、SEO記事作成において、「見出し」と言われるケースが多いです。

参考:http://ksdtu.com/2020/08/12/housewife-jobs-recommended/

上記のうち、大見出しをh2などと呼ぶことが多いです。

具体的な箇所などは以下の表をご覧ください。

項目の呼び方該当箇所
「大見出し」「h2」など【今後伸びる】子持ち主婦におすすめの仕事・パート(パート)ランキングTOP1~10
「中見出し」「h3」など第1位:クラウドソーシング(クラウドワークスなど)

上記をおさえておけば、ひとまず構成づくりを円滑に進められるでしょう。

※ライターさん、ディレクターさんとのやりとりで、「大見出しのひとつめを変更しましょうか?」などと言われた際、何を意味しているのか読み取りやすいかと。

なお構成を作る際には、「見出し名」や「見出しの順番」の他、親子関係(階層構造)にも注意することが重要です。

構成づくりのコツについては、以下の記事で詳細を解説していますので、SEO記事作成において質の高い構成をお作りになりたい場合には、ぜひお役立てください。

【構成案テンプレート】SEO記事の構成作りのコツ!手順・注意点など

SEO記事作成手順⑦執筆

SEO記事作成の手順⑦は、構成に沿って執筆することです。

ひとつ前のステップSEO記事作成の手順⑥で作った構成に沿って文章を書いていく「執筆」を終えれば、記事はほぼ完成します。

なおSEO記事作成の手順⑦「執筆する」の工程で注意すべきは、検索ニーズ・ターゲットを意識して書くということです。

検索ニーズやターゲットを意識して書かないと、的外れな記事になってしまうリスクが高まります。

例えば先ほどお伝えしたように、キーワード「主婦 仕事 おすすめ」という記事を作成するにも関わらず、以下のような意識がないと、良い記事には仕上げられません。

  • 仕事を探している主婦さんの多くが気になっている、「仕事探しのコツ」や「扶養」に関する解説がない
  • 「サークルで忙しくてもバイトできます」など、主婦さんに当てはまらないような文章が紛れてしまう

上記のようなミスは、ライティングやSEO対策の基本をかじっていればしないはずですが、実際問題、多くのライターさんができていません。

初心者ライターさんだけでなく、何年もWebライティングの仕事をしている中級者ライターさんでもできていないケースをチラホラ見るので、質の高いライターさん・基本がしっかりできているライターさんを選びましょう。

「そうは言っても、基本ができているライターさんをどうやって見分ければいいのかわからない…」

このように思った際には、当ブログの記事作成代行サポートをご利用ください。

当ブログを運営している藤崎は、多数のライターさんを育成してきており、しっかりと基本をマスターしている方ばかりですので、上記のような初歩的なスキルはバッチリ身に付けていらっしゃいます。

もちろん、より高品質な記事をお求めの場合には、藤崎自身が記事を作成することも可能です。

※藤崎は文字単価10円以上の案件を受注していたため、Webライティングの基本はもちろん、SEO施策・セールスライティングなどの面でもお役に立てるはずです。

藤崎の記事作成代行サポートが気になった際には、以下の記事で詳細をチェックしてみてくださいね。

記事作成代行

「まずは執筆時における基礎中の基礎だけ、サクッと把握しておきたいな」という場合は、以下の記事をご覧ください。

多くのメディアで採用されており、「この書き方、わかりやすいね」というWebライティング「PREP法」をサッとおさえられます。

【文章フレームワーク】仕事で使えるPREP法とは?例文・悪い例

SEO記事作成手順⑧読み終えた後の行動喚起

SEO記事作成の手順⑧は、読者様に読み終えた後の行動を促すことです。

例えばキーワード「主婦 仕事 おすすめ」でSEO記事作成をした場合、以下のような行動を促すことで、メディアの利益につなげやすくなります。

【行動を促す際の例】

  1. 主婦におすすめの仕事「●●」に応募してみましょう。
  2. 仕事探しを成功させるために役立つ、選考通過のコツに関する記事を確認してみましょう。

上記のように、作成したSEO記事を読み終わった後、読者様を行動に駆り立てることで、サイトの利益は伸びていきます。

このように読者様を読了後の行動に駆り立てることを「CTA」と呼ぶ人がいます。

CTAとはCall To Action(行動喚起)のことで、記事を読んだ人に行動してもらうための工夫を指します。

例えば上記の「行動を促す際の例1.主婦におすすめの仕事「●●」に応募してみましょう。」の場合、あなたが提携している求人サイトでの仕事探しを提案することで、利益につなげやすくなります。

※提携先の企業から報酬をもらえる確率がアップするからです。

また上記の「行動を促す際の例2.仕事探しを成功させるために役立つ、選考通過のコツに関する記事を確認してみましょう。」を選んだ場合、既に公開している記事を読んでみましょうとの提案になるケースが多いです。

この場合、自社メディア内での滞在時間が長くなるため、SEOで高評価を得やすくなると考えられ、やはりメディアの利益アップにつながります。

これらのCTA(読者様を行動に駆り立てる工夫)は、読者様にも利益をもたらすケースが多いです。

上記の例で言えば、1.で実際に主婦におすすめの仕事を探し、良い仕事に就けた場合、収入源を得られて生き生きとした毎日を過ごせるかもしれません。

また上記2.を選んだ場合、他の関連記事でより役立つ情報を提供することで、読者様が自身に合う適切な選択肢を見つけやすくなると考えられます。

このようにCTA(読者様を行動に駆り立てること)は、自社の利益だけでなく、読者様の利益アップにもつながるので、SEO記事作成後は、積極的に読み終えた後の行動を促しましょう。

「なんとなく言ってることはわかるけど、実際にSEO記事作成をした時に、うまく読者さんに行動してもらえるかな…」と思った場合でも、全く心配することはありません。

SEO記事作成は回数をこなすことで着実に知識・経験値がアップしてきて、「あの時、横浜の子育てパパブログで言ってたのは、こういうことだったのか!」と腑に落ちる時がきます。

※これは初心者ライターさんにも何度となくお伝えしていることですが、知識や経験が不十分な状況においては、藤崎の言葉を完全に理解することは難しいです。

しかし、回数をこなすうちに、SEO記事作成の知識や経験が積み重なり、ある時急に視界がクリアになったような感覚になり、「あっ、あの時、CTAを設置するコツって、こういう意味で、こんな風に応用していけるんだ!」と気付けますのでご安心ください。

もちろん、藤崎の記事作成サポートやコンサルサポートをご利用の場合、それぞれの状況において、「どのようなCTAがおすすめなのか」「その理由はなぜか」「今後の記事ではどのようにCTAを設置すると良いのか」などを具体的かつ丁寧にお伝えしますので、スルスルとSEO記事作成に関する理解が深まります。

結果として何百時間・何十記事ものSEO記事作成に費やすべきはずだったリソースを節約できることになるので、ぜひ藤崎の記事作成サポート・SEOコンサルをフル活用なさってくださいね。

※藤崎のサポートはかなり丁寧ですので、既に他社様からご依頼いただいており、手がふさがっている状態の場合はご容赦いただけますと幸いです。

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

SEO記事作成手順を実行する際のコツ

ここまでにご紹介した「SEO記事作成手順」を実行していく際には、以下の4点をおさえておきましょう。

  1. 読者にとって役立つ情報を紹介する
  2. マニュアルをチェックする
  3. 似た記事がないかどうか確認する
  4. 運営方針・社内の体制などをふまえた最適化方法を模索する

次の項目からは上記4つの「SEO記事作成手順を実行する際のコツ」を、順番に解説していきます。

読者にとって役立つ情報を紹介する

SEO記事を作成する際に最も重要となるコツは、読者に役立つ情報を届けて記事の評価を高めていくことです。

Googleは読者に役立つ情報を発信している記事を高く評価するので、記事作成の際には、以下のような点を意識すると良いでしょう。

読者に役立つ情報を届けるコツ

  1. どんな読者に向けた記事なのかを明確にする
  2. その読者が、どんな思いで検索するのかを具体的に文字で表す
  3. 記事全体の構成をわかりやすく組み立てる
  4. 過不足なく、簡潔に書く

上記4つのコツを意識すれば、読者にとって役立つ情報を発信できるので、Googleの評価が高まり、質の高いSEO記事を作成できます。

その一方で「読者に役立つ情報を届けるコツ」は、一朝一夕にできることではありません。

「これから作る記事を読む人がどんな人か、全くイメージできないから、何を考えて検索するのかなんてサッパリわからない…」

「具体的に、どうすればわかりやすい構成を作って、簡潔に情報を伝えられるんだろう…」

このように感じるのは当然です。

しかし正しい手順をふみ、慣れてくれば、読者に役立つ情報を届けるコツをサクッとおさえて、高く評価されるSEO記事を作成できます。

この点については、以下の記事でわかりやすく解説しているので、効率良く、質の高いSEO記事を作成するためにも、ぜひご活用ください。

【構成案テンプレート】SEO記事の構成作りのコツ!手順・注意点など

「読者に役立つ情報を届けるコツを動画でサクッと把握したい」という方は、以下の動画をご覧ください。

読者像や検索する人の意図をふまえたうえで、高く評価されるSEO記事を作るコツを解説してくれています。

マニュアルをチェックする

SEO記事作成手順を実行する前には、まずマニュアルがあるかどうかを確認しましょう。

これまでに社内で別のメディアを運営していた場合などには、利用できるマニュアルがあるかもしれません。

「既存のマニュアルを踏襲することで、新しくマニュアルを作る手間暇を省けた」

「社内のコンセンサスをとってマニュアルを作るのが大変だと思ってたけど、そんな労力は不要だと気付いて助かった」

「どんな感じでSEO記事を作成していけばいいかサクッとわかった」

SEO記事作成手順を実行する前にマニュアルの存在をチェックしておくことで、上記のようなメリットを感じるかもしれません。

もしあなたの社内にマニュアルがある場合には、記事作成を始める前にマニュアルを読んでおきましょう。

反対にマニュアルがない場合は、予め作成することをおすすめします。

その理由はマニュアルがなければ書き方がバラバラになり、メディア全体の統一感を出しづらくなるからです。

複数のディレクター・ライターさんによって記事作成を進める場合はもちろん、一人で記事作成を進める場合であっても、書き方が統一できていないメディアはあります。

マニュアルなしでSEO記事作成手順を実行していった場合、例えば、以下のような状況になる恐れがあります。

  • 最初の数年は体言止めを禁止していたのに、ある時から急に体言止めを使いだして、メディア全体の統一感がなくなってきた
  • 「一人ひとり」と表記している記事もあれば、「一人一人」と表記している記事もあり、なんだか読みづらい
  • ライターのAさんは重要箇所を単語だけ太文字にするが、ライターBさんは一文全体を黄色のマーカーで装飾している

上記以外にも、マニュアルがないことでメディア全体の統一感を損なうケースは多々あります。

メディア全体の書き方に統一感がないと、毎回の記事で違う人から解説されているような気分になり、「説得力に欠ける」と感じたり、「毎回違う書き方だからわかりづらい」と感じたりすることがあります。

反対にマニュアルを作っておけば、上記のようなバラバラな書き方を避け、メディア全体に統一感を出しやすいです。

「この記事だけ、いつもの感じと違って、なんだか読みづらい…」

「メディア全体として書き方がバラバラだから、いまいち信用性に欠ける…」

このように思われてしまわないよう、マニュアルを用意して、メディア全体の統一感を出せるように努めましょう。

似た記事がないかどうか確認する

SEO記事作成手順を実行していく前には、似た記事が既に公開されていたり、近い将来に記事作成予定の記事に加えられていたりするかどうかを確認しておきましょう。

既に似た記事がある場合、統合することでより良いメディア運営にできる可能性があります。

「似た記事」とは、今回作成しようとしている記事で取り上げる内容が似ているかどうかを意味します。

例えばあなたが「Webライターとして稼ぐコツ」を解説する場合、以下のような「似た記事」が既にあるかもしれません。

  • Webライターが文字単価2円になるまでの道のり
  • 月収50万円Webライターになる方法など

上記の要領で、似ている記事が見つかった場合には、ひとつの記事にまとめられないかどうかを検討しましょう。

「ひとつの記事にまとめられないかどうか」の検討が大切な理由は、SEO的に低評価とされてしまうことを避けるためです。

似た記事を複数公開すると、Googleなどの検索エンジンから、「重複コンテンツ」とみなされる可能性が高まります。

重複コンテンツとは、同じ内容・似た内容を複数の記事に渡って掲載することです。

SEO対策において、重複コンテンツはマイナス評価を受けるとの考えがあるため、似た記事を公開する際には注意が必要です。

その一方で、「この記事とこの記事は似ているけど、重複コンテンツに該当するの?」と思う方は珍しくありません。

それは当然のことです。

なぜならSEOはブラックボックスと言われており、Googleなどは各記事・各メディアを評価する基準(アルゴリズム)を公開していないからです。

そのため、「この記事とこの記事は、重複コンテンツに該当する?」と思った場合、以下の方法があります。

  1. 自身で公開してみてSEOの影響を確認する
  2. SEOのプロに相談する

上記1.は、コストがかからない反面、多くの時間・労力を要します。

「本当に、この記事とこの記事が重複コンテンツとみなされていないのだろうか」と判断するためには、別の事例を確認するなどの作業も必要になるケースが多いです。

そのため1.の「自身で公開してみてSEOの影響を確認する」を選んだ場合、検証結果にある程度の自信を持てるようになるまでには、半年~1年程度は必要となるでしょう。

一方、2.を選んだ場合にはコンサル料などのコストがかかるものの、「重複コンテンツかどうか」の判断は、比較的サクッと自信を持てるようになるでしょう。

SEOのプロは様々な事例を見て、分析してきた結果をもとに、「この程度なら重複コンテンツとみなされない」などの基準を持っているケースが多いです。

また経験豊富なプロに相談すれば、「この記事のままだと重複コンテンツになるリスクが高いけど、この要素を入れると別記事をみなされるはずだ」など、より良い施策を提案してくれるはずです。

※少なくとも藤崎なら、より良い施策・ベストと思われる施策を提案します。

このような点から、おすすめは2.の「SEOのプロに相談する」です。

その一方で、「どのSEOのプロに相談すれば良いの?」と思う方は少なくありません。

SEOのプロといっても、本物のプロもいれば、「自称レベル」(趣味でブログを運営している程度)の人もいます。

またSEOコンサルで有名な企業に相談しても、以下のように「カモ」にされてしまうこともあるので、SEOのプロにコンサルする際には注意が必要です。

<blockquote class=”twitter-tweet”><p lang=”ja” dir=”ltr”>こうやって何度もコンサルして稼いでるのかと<br>初期費用だけで100万円を超えることもある会社だから業界の常識がわからないって怖すぎ<br><br>世間話があるなど、生産性・進行効率も微妙<br>このコンサルに10人近く参加してたことを考えると<br>「もっと賢く運営できるのに…可哀そう」<br>って思わざるを得なかった <a href=”https://t.co/jldodhhFZo”>https://t.co/jldodhhFZo</a></p>&mdash; 藤崎 遊|月90万WEBライター/ディレクター|スキルUP情報お届けアカ (@fujisakiyu_ww) <a href=”https://twitter.com/fujisakiyu_ww/status/1690329709576663040?ref_src=twsrc%5Etfw”>August 12, 2023</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

「最短距離でメディア運営を成功させようと思ったのに、ぼったくられて時間も労力もロスしてしまった…」と後悔したくない場合、当ブログのSEOコンサルサービスをご検討ください。

藤崎は経験ゼロから地道に努力し、様々な業務をひとつずつマスターした結果、月収90万以上を達成したメディア運営のプロです。

ライティング・ディレクション・SEO施策・メルマガ運営など、様々なスキル・知識があるので、何かしらのお役に立てるはずです。

当ブログのSEOコンサルサービスをご利用いただく場合には、予めご相談内容や状況などをお伺いして、「コンサルをしてもらったのに、全く役に立たなかった」ということがないようにしています。

もしコンサルの価値がない場合には、料金をいただきませんのでご安心くださいね。

当ブログのSEOコンサルサービスが気になった方は、以下で詳細をご覧いただければと思います。

SEOコンサル

運営方針・社内の体制などをふまえた最適化方法を模索する

SEO記事作成手順を実行していく際には、常により良い進め方を模索することが重要です。

この記事でお伝えしたSEO記事作成手順は、あくまでも基本的な手順となるからです。

実際にSEO記事作成手順に沿って工程を進めていくと、「当社の場合、企画作成時にターゲティングをしておいた方が、効率良く進められるかも」など、気付くことがあります。

※販売する商品が決まっており、ターゲティングがしやすい・ターゲティングの重要度が高い場合など。

他にもキーワードの情報収集から始め、検索ニーズを把握してから企画を作成する方法も、ひとつの手です。

※こちらは集客メインの場合など、検索ニーズ重視のSEO記事を作成するなどの場合に有効です。

このようにWebサイト運営には、様々なアプローチ法があることも頭の片隅に置いておいてください。

「この進め方がベストだ」と思い込んでしまうと、より良い進め方を見落としてしまうかもしれないからです。

この記事でお伝えしたSEO記事作成手順が絶対的なものではない点をふまえ、運営経験を積み重ねることで業務効率化を図っていきましょう。

「そうは言っても、あまり悠長なことを言ってられないから、1日でも早く自社にピッタリのやり方を見つけて、SEO記事作成の質・スピードを最大化したい」

「それぞれの人材の強みを、どうやって生かしていけるのか、よくわからない…」

そんな時には当ブログの「SEOコンサル」「記事作成サポート」をご活用ください。

藤崎は完全未経験からWebライター・メディア運営をスタートし、ひとつずつのスキルを着実に磨いてきたため、それぞれの担当者さんのスキルレベルや知識感、得手不得手を見抜く力を持っています。

この力を生かせば、あなたのWebサイト運営効率をググっと押し上げ、より早く目的の達成にエスコートできるはずです。

SEOコンサルの場合は基本的にご相談・ご提案のみとなり、記事作成サポートの場合は、あなたのWebサイト運営に関わりながらわかりやすく業務効率アップのご提案を差し上げます。

藤崎へのご質問などはお気軽になさってくださいね。

迷っている時間がもったいないので、サクッとお問い合わせいただき、どんどん最善策の検討を進めていただければと思っています。

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

SEO記事作成手順に関するよくある質問

SEO記事作成の手順に関するよくある質問は、以下をご覧ください。

  • 自社に記事を作成できる人がいない場合、どうすればいい?
  • おすすめのスマホ用SEO記事作成アプリは?

上記の「よくある質問」をチェックしておくと、より効率良くSEO記事を作成する方法が見えてくるケースがあるので、サクサクっと確認しておきましょう。

自社に記事を作成できる人がいない場合、どうすればいい?

「SEO記事の作成方法について、ある程度わかったけど、手が空いている社員がいない…」という場合には、記事作成の外注を検討しましょう。

記事作成を外注することのメリットは、以下をご覧ください。

  • プロの力を借り、短時間で高品質の記事を大量に公開できる
  • 自社の希望をふまえたうえで、高く評価されるSEO記事を作ってくれる

SEO記事の作成が得意な人に外注すれば、自社の社員が対応しなくて済むので、非常に効率良くメディアを運営していけます。

「これからSEO記事を作成するコツを勉強して、1記事ずつ書いていくと、目標の100記事を作り終えるのに1年以上かかりそうだ…」

「素人なりに頑張ってみたところで、プロが書いたSEO記事には到底かなわないって聞いたから不安…」

そんな場合には、迷わずSEO記事の作成を外注するべきです。

なぜならSEO記事の作成は予想以上に難易度が高いと感じる方が多く、甘く見ていると大失敗するからです。

著者はSEO記事の作成を甘く見ているつもりはありませんでしたが、今思えば、非常に甘い空想を思い描いていました。

このように言うだけではイメージしづらいと思うので、以下のツイートをご覧ください。

こんな風に、素人が思い描くSEOの難易度と、プロが実感する難易度は全然違います。

Web業界では、「SEO記事の作成やブログ運営かんたん」「数ヶ月でものにできる」という情報が多くありますが、個人的には到底無理だと感じている藤崎。

※藤崎は不器用なタイプで、ひとつひとつのスキルを愚直に学んでいくタイプだからかもしれませんが。

なお藤崎は初心者ライターさんにスキルアップ・報酬アップを実現するための個別指導をしているのですが、今のところ100%の初心者ライターさんは、認識が甘いと感じています。

だからこそ挫折する方が非常に多く、SEO記事作成の難しさをかなり正確に把握できているのではないかと思っています。

なので、SEO記事の作成で失敗したくないと思った場合には、藤崎にご相談ください。

状況に応じて最善の策をご提案しながら、盤石の体制でSEO記事の作成を進めていく方法をお伝えします。

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

おすすめのスマホ用SEO記事作成アプリは?

外出先などでも取り組みやすい、おすすめのスマホ用SEO記事作成アプリは、以下の通りです。

SEO記事作成アプリ特徴公式サイト
Googleドキュメント・複数人で記事を作成できる・無料で利用可能Google ドキュメント – Google Play のアプリ「Google ドキュメント: 同期、編集、共有」をApp Storeで (apple.com)
Word・PCと似た使い方で記事を作成できる・メールでWordファイルをやりとりできる「Microsoft Word」をApp Storeで (apple.com)Microsoft Word: Edit Documents – Google Play のアプリ
Evernote・PCやタブレットなど、複数の端末と連携可能・「手書き」「音声」などの入力ができる・スケジュールやToDoリストなど、機能が豊富Evernote を無料ダウンロード | Evernote

スマホ用のSEO記事作成アプリを活用すれば、移動中に急ぎの対応ができるなど、より柔軟にメディア運営を進められます。

より効率良く執筆や校正を進めるコツは、普段使っている記事作成ツールと連携可能なSEO記事作成アプリ選ぶことです。

SEO記事作成手順のまとめ

SEO記事作成手順は8つに分けられ、取り掛かる順序にも注意が必要です。

「各手順でやるべきこと」「どの順番で進めるか」の両方を最適化しないと、余計な手間暇が生じてしまいます。

「見直しをしなかったから、公開済みの記事との兼ね合いを調整するのに1週間もロスしてしまった…」

このようなことがないよう、正しいSEO記事作成手順を意識しましょう。

なおSEO記事作成手順は、運営方針や社内体制などによって変わってくる場合がある点にも注意が必要です。

状況に応じて最適な取り組み方を見つけられれば、時間・人員を賢く使っていち早くWebサイト運営のゴールに到達できる点を忘れないでくださいね。

「最短距離でWebサイト運営の目的を達成したい」

「Webサイト運営の経験値を地道に高めていくための時間・エネルギーを別のことにまわしたい」

そんな場合には、当ブログの「SEOコンサル」「記事作成サポート」をフル活用なさってください。

経験ゼロから叩き上げで磨いたスキルと、非常に人当たりの良い対応の藤崎なら、ストレスフリーで前向きにメディア運営を進められるようサポートできます。

「まだライターさんへの依頼方法もよくわからないんだよね」など、Webサイト運営の進め方がよくわからない場合などにもお気軽にご相談くださいね。

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Webライター未経験者のためのブログの始め方
  2. webライター講座 SHElikesの口コミ評判
  3. クラウドワークス発注方法コツのアイキャッチ画像