ご近所さんとBBQをして思ったことは、楽しみよりも安全が大事だということ

この記事は2分で読めます




いやぁ、夏ですね。

 

夏といったらバーベキューってことで、
ご近所さんからお誘いいただき、子ども連れでバーベキューに行ってきました。

ご近所さんはとても良くしてくださるんですが、
藤崎家がいつもい慌ただしくしているので、交流は少なかったんですね。

 

なので、もっと仲良くしたいなぁと思っていた矢先にお誘いいただいたので、
まさに「渡りに船」でした。

ご近所さんは子どもの年齢が近い方もチラホラいるので、
何かと話が合うんですよね。

 

で、近所の人が知っている
バーベキュー場に行ってきました。

曇りだったので、そんなに構える必要はないかなぁと、
タカをくくっていたら、暑い暑い。

 

っていうか、BBQしてるわけなので、余計暑くなりますよね。

 

で、
「BBQってことはビールでしょ」
って感じなんですけど、場の流れを読んで、
アルコールなしのフリードリンクに。

 

結構飲む人が多かったので、
シラフでしっかり働く人がいないといけないかなぁと思ったのと、
日頃お世話になっているので、
藤崎が焼くしかないかなぁという責任感から、アルコールはパスしました。

当然と言えば当然なんですが、それがミスでしたね。

 

こんなに蒸し暑くなるとは予想もしていなかったので。

ビールがムチャクチャ美味しそう。

しかも酔ってる人が多いから、全然気を遣わずにバクバク食べるんですよね。

藤崎は焼く係に徹したので、開始1時間半は食べ物を口にできず・・・

 

14:00頃にようやく一口食べれたことを皮切りに、
藤崎の時間帯がやってきました。

最初にバクバク食べてた人たちのペースが落ちてきたのです。

 

しかも、この時間帯からメインディッシュが出てきたので、
結果的には藤崎の勝利です(笑)

バーベキューの料理(お肉・とうもろこし・焼きそばなど)

と言っても、酔ってる人がまったりしだしてからは満腹の状態で、
走り回る子どもたちの面倒をみるハメになるのですが・・・

まぁ、インドアの藤崎には、
たまにはこういうアクティブな時間も必要だということでしょう。

そんな機会をくれたご近所さんに感謝感謝です。

今回は公園内のバーベキュー場でしたので、そこまで心配はなかったですが、
自然の中で遊ぶ時は特に注意しないといけません。

つい昨日、yahooニュースでも、
バーベキュー中にママが亡くなったって記事がありましたから。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-00000064-asahi-soci

 

川・海・山って本当に危ないですよね。

自然をナメてかかるといけません。

ちょっとした油断が取り返しのつかないことになりますからね。

 

友達なんかと一緒にいくと、ついおしゃべりや料理に夢中になってしまいますが、
親という立場の方は、今一度、自分の責任というか、
義務みたいなものを明確に意識する必要があると思います。

これは自分自身への戒めを込めて言っているのですが。

いつも完璧に注意を払えることはないですが、
意識を高めておくことで大きな事故は防げるはずなので。

 

本当は周りの友達なんかもそういうところの意識が高ければ良いんでしょうけど、
なかなか難しいのが現状だと思います。

 

「数分くらいなら子どもから目を離したって大丈夫」という親は多いですから。

口では言いませんが、態度を見てると明らかです。

藤崎のご近所さんも、そういう方が少なからずいらっしゃいます。

他のご家庭のことなので、細かいことを言うことはできませんが、
結構、ヒヤッとする場面があるんです。

 

なので、月並みになってしまいますが、安全第一で楽しみましょう。

遊びに行って命を落とすなんて、こんな悲惨なことはありませんので。

 

安全よりも楽しみをとってしまったら、
「後悔してもしきれない」
ということになりかねませんから。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 慶應義塾横浜初等部の一次試験は11月 イメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。