【コードブロック】ChatGPTでマークダウン記法を利用できる?使い方・書き方を解説

この記事は12分で読めます

※ChatGPTのプラグインβ版は、2024年4月9日に機能を完全に停止します。本記事はプラグインが利用可能だったときの情報です。

マークダウン記法は、そのシンプルな構文と幅広い互換性で知られ、様々な文書作成において重宝されています。本文書では、マークダウンの基本から活用例、さらにChatGPTと組み合わせた使い方までを紹介します。見出しの活用、表の作成、画像やQRコードの挿入など、効率的かつ効果的な文書作成のためのコツを解説。マークダウン記法をマスターし、ChatGPTとの連携によって文書作成の新たな可能性を探求しましょう。

【コードブロック】ChatGPTにおけるマークダウン記法(書き方)とそのメリット

マークダウン記法は、Web上でテキストを書くためのシンプルなフォーマット方法です。この記法は、HTML(HyperText Markup Language)のより簡易版とも言えるマークアップ言語の一つであり、特に技術系の文章・ブログ・オンラインのドキュメント作成において広く採用されています。

・マークアップ言語の一つ|マークダウン記法とは

・メリット①理解しやすい

・メリット②他のCMSでそのまま利用できる

マークダウンの主な目的について詳しく見ていきましょう。

マークアップ言語の一つ|マークダウン記法とは

マークダウン記法(Markdown)は、Web上で文書を書くための軽量マークアップ言語です。2004年にジョン・グルーバーによって開発されたこの言語は、シンプルさと直感的な構文を備えており、テキストをHTMLに簡単に変換することができます。マークダウンの主な目的は、書き手が文書のフォーマットに気を取られることなく、コンテンツの作成に集中できるようにすることにあります。そのため、特に技術的なドキュメント・ブログ記事・フォーラムの投稿・READMEファイルなどで広く利用されています。

マークダウンの基本構文

マークダウンでは、テキストの一部を太字にしたり、斜体にするなど、簡単な記号を使って文書のスタイルを設定できます。例えば、# を使用して見出しを作成したり、-* を使用してリストを作成することができます。コードブロックはバッククオート(`)を使用して表現され、リンクや画像の挿入も簡単に行えます。

メリット①理解しやすい

マークダウン記法の最大のメリットの一つは、その理解しやすさにあります。プログラミング言語やHTMLに不慣れな人でも、基本的なマークダウンの文法を学ぶことで、効果的に文書を整形できるようになります。このシンプルさは、テキストベースのコミュニケーションが主流となっている現代において、より多くの人が情報を効率的に共有・配布できるようにする重要な要素です。

マークダウンが理解しやすい理由

  1. 直感的な記法: マークダウンの記法は、人が直感的に理解しやすい記号を使用しています。例えば、# で始まるテキストは見出しを意味し、* または - で始まるテキストはリスト項目を示します。このように、マークダウンでは通常のテキストを少し変更するだけで、意味のあるフォーマットが適用されます。
  2. プレーンテキストでの利用: マークダウンはプレーンテキストファイルとして書かれるため、特別なソフトウェアがなくても作成・編集が可能です。これにより、どんな環境でも容易に文書を扱うことができます。
  3. 学習曲線の緩やかさ: HTMLや他のマークアップ言語に比べて、マークダウンは学習曲線が非常に緩やかです。基本的なフォーマットは数分で学べるほど簡単で、一般的なテキストエディタだけでなく、専用のマークダウンエディタを使えば、さらに直感的に文書を作成できます。

マークダウン記法のこのような理解しやすさは、技術的な背景に関係なく、幅広いユーザーが文書を効果的に作成し、共有するための基盤を提供します。次のセクションでは、マークダウンがどのようにして様々なコンテンツマネジメントシステム(CMS)で利用されるのか、そのメリットをさらに掘り下げていきます。

メリット②他のCMSでそのまま利用できる

マークダウン記法のもう一つの大きなメリットは、その汎用性にあります。一度マークダウンで記述された文書は、さまざまなコンテンツマネジメントシステム(CMS)やウェブサイトで直接利用することができます。これは、マークダウンがHTMLに簡単に変換できるプレーンテキストベースの言語であるためです。この特性は、デジタルコンテンツの作成者にとって非常に価値があります。

CMSでの利用のメリット

  1. プラットフォーム間の互換性: マークダウンで記述された文書は、異なるCMSやブログプラットフォーム間で容易に移動できます。これにより、ユーザーはコンテンツを再利用しやすくなり、プラットフォームを変更した際の移行コストが低減されます。
  2. 即時の公開準備: マークダウン形式で書かれたコンテンツは、ほとんどのCMSでサポートされているため、変換プロセスを経ることなく、即座に公開することが可能です。この効率性は、特にニュースサイトやブログで頻繁にコンテンツを更新する必要がある場合に重宝されます。
  3. 拡張性とカスタマイズ性: マークダウン記法はシンプルながらも、HTMLやCSSを使って拡張したり、特定のプラットフォームに合わせてカスタマイズすることが可能です。これにより、デザインや機能性を犠牲にすることなく、コンテンツの互換性を保つことができます。

実際の利用例

  • 技術文書の共有: GitHubやBitbucketなどの開発者向けプラットフォームでは、マークダウンがプロジェクトのドキュメンテーションやREADMEファイルの標準形式として採用されています。これにより、開発者はコードと同様に文書もバージョン管理し、共有することが容易になります。
  • オンライン教育資料: オンラインの教育プラットフォームやコースでは、マークダウンを使用して教材を作成し、学習者に提供しています。シンプルなフォーマットが、様々なデバイスやブラウザでの互換性を保ちます。
  • 企業の内部文書: 企業内の知識共有ツールやWikiでは、マークダウン形式で情報を整理し、従業員間で共有することが一般的です。これにより、情報のアクセシビリティが向上し、チームワークが促進されます。

マークダウン記法のこのような汎用性と拡張性は、コンテンツの作成者がより広い範囲で作品を共有し、管理することを可能にします。さらにマークダウンのサポートが広がるにつれて、その適用範囲は今後も広がっていくことが期待されます。

マークダウン記法で回答させる入力プロンプト

マークダウン記法を活用してChatGPTに回答させる際の入力プロンプトは、ユーザーが求める出力の精度を高めるために非常に重要です。シンプルなプロンプトから具体的なプロンプトまで、入力の仕方一つで得られる回答の質が大きく変わります。このセクションでは、マークダウン記法を用いたプロンプトの作成方法と、それによってChatGPTの回答を最適化する方法について掘り下げていきます。

シンプルなプロンプト

シンプルなプロンプトは、マークダウン記法で情報を整理しやすくするための効果的な手段です。ChatGPTを使ってマークダウン形式での回答を得る場合、明確で簡潔なプロンプトを設定することが重要です。このアプローチにより、ユーザーは特に詳細な指示を出さずとも、ChatGPTが提供する情報をマークダウン記法を用いて整理し、読みやすい形で提示してくれることを期待できます。

シンプルなプロンプトの例

  • 「次のトピックについて、マークダウン形式で簡潔な要約を提供してください。」
  • 「以下の質問にマークダウンを使用して回答してください。」

このようなプロンプトは、ChatGPTに対して特定の形式での回答を求める場合に有効です。例えば、ユーザーが技術的なドキュメント、ブログ投稿、学術的な報告書などを作成している場合に役立ちます。

シンプルなプロンプトを使用することで、ChatGPTはマークダウン記法を利用して、構造化された形で情報を提供します。これにより、最終的な文書のクオリティが向上し、ユーザーの作業効率が大幅に改善されます。

シンプルながらも効果的なプロンプトの設計は、ChatGPTを使用する際の情報整理と提供の質を高めるための鍵です。次に、より具体的なプロンプトの作成方法について探究していきましょう。

具体的なプロンプト

具体的なプロンプトの使用は、ChatGPTによるマークダウン形式での回答を最大限に活用する上で非常に有効です。このアプローチでは、ユーザーが特定のマークダウン要素(例えば、リスト、見出し、コードブロック)を使用して情報を整理するようChatGPTに明示的に指示します。これにより、得られる回答の構造と形式をより細かくコントロールでき、ユーザーのニーズに合わせた、より具体的で使いやすいコンテンツを作成することが可能になります。

具体的なプロンプトの例

  • 「以下のポイントを、リスト形式でマークダウンを使って提供してください。」
  • 「このトピックについて、マークダウン形式でH2見出しを含む詳細な説明をしてください。」
  • 「コード例を含む説明を、マークダウンのコードブロックを使って記述してください。」

このような具体的なプロンプトは、特定の情報が特定のフォーマットで必要とされる場合に特に有効です。例えば技術文書・教育資料・プレゼンテーションのスライド・ブログ投稿など、多様な用途に対応します。

【使い方】ChatGPT内外の拡張機能(プラグイン)を使ったマークダウン出力方法

ChatGPTと連携してマークダウン出力を拡張するためのプラグインやツールは、効率的にマークダウン文書を作成、管理する上で非常に役立ちます。これらの拡張機能を利用することで、ChatGPTの機能をさらに強化し、マークダウンフォーマットでの出力を最適化することが可能になります。以下では、いくつかの主要なプラグインについて紹介します。

ChatGPT to Markdown

「ChatGPT to Markdown」は、ChatGPTで生成されたテキストをマークダウン形式に変換するためのGoogle Chrome拡張機能です。このツールを活用することで、ユーザーはChatGPTの出力を瞬時にマークダウンファイルとして抽出し、さらにそれをブログ投稿、技術ドキュメント、教育資料などに活用することができます。この拡張機能は特に、コンテンツ作成の効率化を図りたいユーザーにとって有用です。

主な特徴と利用方法

  • 自動変換: ChatGPTで作成されたテキストは、ユーザーの追加操作なしで直接マークダウン形式に変換されます。これにより、文書のフォーマットにかかる時間を大幅に削減できます。
  • 簡単な操作性: Chromeブラウザに拡張機能として追加するだけで、すぐに使用を開始できます。特別な設定や複雑な手順は不要です。
  • 幅広い用途: 生成されたマークダウンファイルは、GitHub、ブログプラットフォーム、Wikiなど、マークダウンをサポートするさまざまなプラットフォームで使用することができます。
  • コンテンツの保存と共有: 変換されたマークダウン文書は、ローカルストレージに保存したり、オンラインで他のユーザーと共有したりすることが可能です。

利用目的

  1. ブログ記事の草稿作成: ChatGPTを使用してアイデアを形にし、それを「ChatGPT to Markdown」でマークダウン形式に変換。その後、ブログプラットフォームに直接貼り付けて編集を行います。
  2. 技術ドキュメントの作成: ソフトウェア開発プロジェクトで必要なドキュメントをChatGPTで作成し、「ChatGPT to Markdown」でフォーマット。GitHubなどのプラットフォームで共有します。
  3. 教育資料の整理: 授業のレクチャーノートをChatGPTでまとめ、「ChatGPT to Markdown」を使ってマークダウン形式で整理。生徒や学生に配布する資料として活用します。

「ChatGPT to Markdown」は、コンテンツ作成のプロセスを簡素化し、時間を節約しながらも質の高いマークダウン文書を生成するための強力なツールです。この拡張機能を活用することで、様々な分野のプロフェッショナルやクリエイターが効率的に作業を進めることが可能になります。

ChatGPT – MarkDown変換くん

「ChatGPT – MarkDown変換くん」は、ChatGPTからの出力をリアルタイムでマークダウンに変換するWebベースのツールです。このツールは、ユーザーがChatGPTとの対話を行いながら、同時にその応答をマークダウン形式で見ることができるように設計されています。特にWeb開発者、コンテンツクリエイター、学生など、マークダウンを頻繁に使用するユーザーにとって有用なツールとなっています。

主な特徴と利用方法

  • リアルタイム変換: ChatGPTの応答を即座にマークダウン形式で表示します。これにより、ユーザーは変換結果をリアルタイムで確認しながら、必要に応じて調整を行うことができます。
  • シームレスな操作: Webインターフェースを介して簡単にアクセスでき、特別な設定やインストールは不要です。ChatGPTの対話を行いながら、同じ画面でマークダウン形式の出力を得ることができます。
  • 幅広い互換性: 変換されたマークダウンテキストは、GitHub、Markdown対応のブログプラットフォーム、Wikiシステムなど、様々な場所で使用することができます。
  • コンテンツの編集と保存: ユーザーは変換されたマークダウンテキストを直接編集し、自分のデバイスにファイルとして保存することが可能です。

利用シナリオ

  1. ドキュメントの作成: ChatGPTを使って技術文書やFAQセクションを作成し、「ChatGPT – MarkDown変換くん」でその内容をマークダウン形式に変換。その後、プロジェクトのWikiやドキュメントサイトに追加します。
  2. ブログ記事の草稿: 新しい記事のアイディアをChatGPTで整理し、「ChatGPT – MarkDown変換くん」を使用してマークダウン形式の草稿を作成。そのままブログのエディタにコピー&ペーストして公開準備を行います。
  3. 学習ノートの整理: 学習した内容をChatGPTで要約し、「ChatGPT – MarkDown変換くん」でマークダウン形式に変換。整理されたノートをオンラインで共有したり、個人的な学習資料として保存します。

「ChatGPT – MarkDown変換くん」は、特にコンテンツの迅速な作成と整理を行いたいユーザーにとって、時間の節約と作業効率の向上を実現するツールです。このツールを活用することで、マークダウン形式でのドキュメント作成がより手軽に、そして効率的に行えるようになります。

ChatGPT Exporter(保存必須)

「ChatGPT Exporter」は、ChatGPTで生成された会話をマークダウンファイルとしてエクスポートし、保存することができるツールです。このツールを利用することで、ユーザーは重要な会話や情報を簡単に文書化し、後で参照することが可能になります。特に、研究ノートの整理、プロジェクトのドキュメンテーション、学習資料の作成などに役立ちます。

主な特徴

  • 簡単なエクスポート: ChatGPTとの対話を、マークダウン形式のファイルとして一括でエクスポートできます。これにより、コンテンツの後処理や管理が容易になります。
  • 文書の整理と保存: エクスポートしたマークダウンファイルは、ローカルストレージに保存することができ、オフラインでのアクセスや、他のプラットフォームへのインポートが可能になります。
  • 幅広い用途: 保存されたマークダウンファイルは、技術ドキュメント、学習資料、プロジェクトのメモなど、さまざまな目的で再利用できます。

利用目的

  1. 研究ノートの整理: 研究プロジェクトや学術的な探求の過程で、ChatGPTとの対話を通じて得られた知見やアイデアを「ChatGPT Exporter」を使用してマークダウンファイルとして保存。これにより、研究資料の整理と参照が容易になります。
  2. プロジェクトドキュメンテーション: ソフトウェア開発プロジェクトやビジネスプロジェクトでの会話を「ChatGPT Exporter」でエクスポートし、プロジェクトのWikiやドキュメントリポジトリに追加。プロジェクトチーム全体での情報共有と知識の蓄積を促進します。
  3. 学習資料の作成: 新しいトピックやスキルの学習過程でChatGPTを使用し、その対話を「ChatGPT Exporter」で保存。後での復習や、他の学習者との知識共有に役立てます。

「ChatGPT Exporter」は、ChatGPTとの対話内容を継続的に文書化し、整理することを可能にするツールです。このような機能は研究者・学生などさまざまな分野のユーザーにとって非常に価値が高いと言えるでしょう。

ChatGPTにおけるマークダウンの活用例

マークダウン記法は、そのシンプルさと柔軟性から、ChatGPTを含む様々な文書作成の場面で広く利用されています。

・h2・h3タグのついた記事

・表

・画像の表示

・QRコード画像の作成

ここでは、ChatGPTを使用した際にマークダウン記法をどのように活用できるか、いくつかの具体的な例を紹介します。

h2・h3タグのついた記事

マークダウン記法を使用してh2やh3のような見出しタグを付けた記事を作成することは、読者にとって非常に理解しやすい文書構造を提供します。見出しを使用することで、コンテンツの主要なポイントやセクションを明確に区別でき、全体の流れを追いやすくなります。ここでは、マークダウン記法で見出しを使った記事の書き方について説明します。

一般的に、記事は大見出し(h2タグ)で大きなセクションを分け、中見出し(h3タグ)でそれらのセクション内のサブトピックに分けます。この構造は、情報を整理しやすくするだけでなく、SEO(検索エンジン最適化)にも有効です。

## 大見出し:コンテンツの主要なセクション

ここにそのセクションの内容や導入部を記述します。読者が何について読むのか、概要を理解できるようにすることが重要です。

### 中見出し:セクション内のサブトピック

サブトピックに関する具体的な情報や説明を加えます。具体例を挙げたり、詳細なデータを提供したりすることで、読者の理解を深めます。

### 別の中見出し:別のサブトピック

異なる視点からの情報や、セクションの主題に関連する別のトピックについて記述します。このように分けることで、記事全体のカバレッジを広げることができます。

マークダウン記法での見出しの利用

  • ## は大見出し(h2タグ相当)を、### は中見出し(h3タグ相当)を意味します。
  • 見出しの後には、その見出しに関連する内容を記述します。コンテンツを段落に分け、リストや画像、リンクなどを使用して情報を豊かにすることができます。
  • 記事の最後には、まとめや結論を設けることが一般的です。これにより、読者に対して記事の主要なポイントを再確認させることができます。

マークダウン記法を利用した記事作成は構造化されたコンテンツを簡単に作成可能にします。h2やh3のような見出しを使うことで、記事の読みやすさを向上させることができるだけでなく、SEO効果も期待できます。

マークダウン記法を使用して表を作成することは、データを整理し、読者にとって理解しやすく提示する効果的な方法です。表を使うことで、比較、統計データ、スペックリストなど、多くの情報を簡潔かつ明瞭に表示できます。ここでは、マークダウン記法で表を作成する基本的な方法を説明します。

マークダウン記法での表の作成

マークダウンで表を作成するには、パイプ(|)とハイフン(-)を使用して列と行を定義します。表のヘッダーは、最初の行で定義され、ヘッダーとデータの行を区切るためにハイフンを使用して列のタイトルを分けます。

| ヘッダー1 | ヘッダー2 | ヘッダー3 |
|-----------|-----------|-----------|
| データ1    | データ2    | データ3    |
| データ4    | データ5    | データ6    |

例えば、異なる商品の価格と在庫状況を比較するための表は、以下のように作成できます。

| 商品名     | 価格  | 在庫数 |
|------------|-------|--------|
| 商品A      | ¥1,000 | 10     |
| 商品B      | ¥2,000 | 5      |
| 商品C      | ¥1,500 | 0      |

マークダウンで作成された表は基本的にシンプルですが、GitHubのマークダウンバージョンなど、一部の拡張機能を備えたプラットフォームでは、列の揃え方を指定することができます。

  • 右揃え:列のヘッダー下のハイフンの右側にコロン(:)を配置します。
  • 左揃え:列のヘッダー下のハイフンの左側にコロン(:)を配置します。
  • 中央揃え:ハイフンの両側にコロン(:)を配置します。

マークダウン記法での表作成は、情報を整理して視覚的に魅力的な方法で提示するのに役立ちます。記事やレポート、ドキュメント内でデータを比較する際に特に有効です。マークダウン記法を使用すれば、誰でも簡単に美しく整理された表を作成できます。

画像の表示

マークダウン記法を使用して文書や記事に画像を挿入することは、情報を視覚的に補強し、読者の理解を深めるための有効な手段です。画像を挿入することで、テキストだけでは伝わりにくい内容を明確に示すことができます。ここでは、マークダウン記法で画像を表示する方法を説明します。

マークダウンで画像を挿入するには、以下のフォーマットを使用します。

![代替テキスト](画像のURL "オプションのタイトル")
  • ![代替テキスト]は画像が表示されない場合に表示されるテキストです。画像の内容を簡潔に説明することが推奨されます。
  • (画像のURL)には、画像へのリンクを挿入します。これはWeb上の画像である必要があります。
  • "オプションのタイトル"はマウスカーソルを画像上に置いたときに表示されるテキストです。この部分は省略可能です。

以下の例では、”OpenAIのロゴ”という代替テキストと共に、指定したURLから画像を読み込みます。オプションのタイトルとして”OpenAI Logo”が指定されており、マウスカーソルを画像上に置いたときに表示されます。

![OpenAIのロゴ](https://example.com/openai_logo.jpg "OpenAI Logo")

画像挿入のヒント

  • 画像のサイズ調整: マークダウン自体には画像サイズを直接調整する機能はありませんが、画像をアップロードするサービスでサイズを調整するか、HTMLタグを使用する方法があります。
  • ローカルファイルの使用: ローカルファイルを直接マークダウン文書に挿入することはできません。画像をWeb上にアップロードし、そのURLを使用する必要があります。
  • セキュリティ: 公開されている文書で画像を使用する場合は、画像のURLが安全であることを確認してください。また、著作権に注意し、許可された画像のみを使用してください。

画像を適切に使用することでマークダウン文書の視覚的な魅力を高めます。情報の視覚的な補強は、読者の関心を引きつけ、理解を助ける重要な手段となります。

QRコード画像の作成

マークダウン記法を使用して文書や記事にQRコード画像を挿入することは、読者に対してWebサイトへのアクセスや特定の情報への直接的なリンクを提供する効果的な方法です。QRコードは、スマートフォンを利用して簡単に情報を取得できるため、イベントの案内、製品情報の提供、オンラインリソースへの誘導など、多岐にわたる用途に活用されています。ここでは、マークダウン記法でQRコード画像を表示する方法について説明します。

QRコード画像をマークダウン文書に挿入するには、まずQRコードを生成し、その画像URLを利用します。QRコード生成は、オンラインのQRコード生成サービスを使用して行うことができます。

![QRコードの説明](QRコード画像のURL "オプションのタイトル")
  • ![QRコードの説明]は、QRコード画像が表示されない場合に表示される代替テキストです。このテキストは、QRコードが何についてのものかを説明します。
  • (QRコード画像のURL)には、生成したQRコードの画像へのリンクを挿入します。
  • "オプションのタイトル"はマウスカーソルを画像上に置いたときに表示されるテキストで、これは省略可能です。

QRコード生成の例

オンラインのQRコード生成ツール(例えば、「https://example.com/qr-code-generator」)を使用して、特定のURLやテキストに対するQRコードを生成します。生成されたQRコード画像のURLをマークダウン記法で文書に挿入します。

![OpenAI公式サイトへのリンクQRコード](https://example.com/path/to/qr-code.png "OpenAI QR Code")

この例では、”OpenAI公式サイトへのリンクQRコード”という説明と共に、生成したQRコード画像が文書に挿入されています。

QRコードを文書に挿入することで、読者は迅速かつ簡単に関連情報にアクセスできるようになります。この方法は、情報の共有をより効果的にするための優れた手段です。

【まとめ】ChatGPTでマークダウンを使いこなそう

マークダウン記法は、そのシンプルさと直感的なフォーマットが特徴であり、技術文書、ブログ記事、学術論文など、様々なタイプの文書作成に適しています。ChatGPTと組み合わせることで、マークダウン記法のポテンシャルをさらに引き出し、効率的かつ効果的な文書作成プロセスを実現することができます。

マークダウン記法をマスターすることで、あらゆるタイプの文書をより速く、より効果的に作成できるようになります。ChatGPTを活用することで、このプロセスをさらに強化し、文書作成の新たな可能性を開拓することができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Webライターおすすめのスマホアプリアイキャッチ
  2. 写真 イラスト化 アニメ化 サイト アプリ 無料 アイキャッチ
  3. webライター講座 ウェブタスの口コミ評判