【未経験・週1】在宅で始める副業にはWebライターがおすすめ!始め方・稼ぐコツなど

この記事は15分で読めます

在宅・週1・未経験で副業をお探しの方は、Webライターを始めてみてはいかがでしょうか?

Webライターとは、ネット記事を書く仕事です。

パソコンと通信環境を用意すれば、案件探しから納品まで全てネット上で行えるので、外出する必要もありません。

ライティングスキルを身に着ければ、正社員への転職も見込めます。

ここでは、副業Webライターの仕事を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

在宅での副業におすすめなWebライターとは

Webライターとは、Web上に掲載される記事を執筆する仕事です。

Webライターになるために、特別な資格は必要ありません。

「パソコンが使える」「文章を書くことができる」、この2点をクリアしていれば誰にでも始められます。

時間や場所を問わず、内容も多岐に渡って選択できる仕事なので、副業や隙間時間を使って仕事をこなしている人も多くいます。

Webライターの仕事内容

では、実際にWebライターの仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

下記にWebライターの仕事をまとめてみました!

種類特徴有利なスキル副業向け
コピーライティング商品のキャッチコピーなどを執筆する。報酬は高いが、コンペに通らなければ収入¥0。
文字おこし動画などの音声を文字に起こす。単純作業。根気がいるのでコツコツ続けられる人向き。
Web記事作成Web上に掲載される記事を執筆する。収入に繋げやすいが、単価は様々。搾取案件に注意。SEOライティング
商品紹介記事特定の商品を紹介し、販売促進を促す記事を執筆する。商品をお勧めすることができる。
レビュー・レポート記事作成実際に使用した商品などを紹介する記事の執筆。新しいもの、お試し好きは有利。
シナリオライターYouTube動画などのシナリオを書く。記事ではなく、喋り口調の台本作成。
電子書籍Kindle等に公開する書籍の執筆。ゴーストライター案件もあり。文章、構成などを1から考える。単価が低め。
SNS投稿企業や店舗などのSNSへの代理投稿。スキルを意識せず行える案件が多い。ほぼ毎日、投稿する場合がある。
リライト他のライターやAIが書いた記事の修正や追加情報を記載し、記事を整える。訂正箇所が多いと、作業が増える。
LP(ランディングページ)ライティングユーザーがクリックして、最初に閲覧する縦長の購買に繋げるページの執筆。エッセイ、体験談の文体が多い。文字数が多い。セールスライティング
インタビュー記事作成対面でインタビューを行い、記事を執筆する。単価が高め。相手とスケジュール調整を行う。コミュニケーション

SEOライティングとは、Googleなどの検索エンジンを意識した執筆方法で、記事を検索結果の上位に表示させるためのライティングスキルです。

検索結果の上位に出る記事は、より多くのユーザーが閲覧するためクライアントはSEOライティングができるライターを必要としており、記事単価が高めになる傾向があります。

「Web記事作成」「商品紹介記事」「レビュー・レポート記事作成」「SNS投稿」は、未経験でも取り組みやすく、収入に繋げやすい案件が多いです。

Webライティングは仕事内容の多さも魅力の一つですが、未経験者にとっては何から手を付ければ良いのか混乱する場合があります。

案件探しで迷った時は、クラウドソーシング上でプロジェクト案件と記載されている案件から始めてみるのがおすすめです。

また、SEOライティングのようにスキルを身につけることで収入が増えるというのも、Webライターの魅力の一つ。

スキルを磨けば継続して案件を獲得でき、毎月の収入が安定します。

今後、Webライターとしての収入面を意識するならスキルアップを図っていく必要がありますが、仕事をスタートする時は通信環境と文章を書くことができれば問題ありません。

Webライティングの執筆内容は多岐に渡るので、ご自身の得意分野を生かしてすぐにでも副業を始めることができます。

Webライターを在宅でできる理由

Webライターの仕事は、全て在宅で行うことが可能です。

発注、作業、納品、支払いが全てWeb上で行われている案件が多く、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイト(仲介サイト)を利用すれば、仕事に関するやり取りも全てサイト上で行われます。

ライティングのみを行うのであれば、基本的に打ち合わせなどに参加することもありません。

仮に打ち合わせへの参加があった場合でも、zoomやチャットワークなどのコミュニケーションツールを使用することが多いので、パソコンと通信環境があればどこにいても参加が可能です。

また、ライター側が仕事内容を選ぶことができます。

在宅で完了する仕事も、インタビュー記事など外で行う仕事も、その時の自分のライフスタイルに合った仕事を選択できるのもWebライターの強みです。

現在Webライターは、完全在宅で手軽に始められる仕事として、子育て中などで外で働くことが難しい方々も多く活躍しています。

【在宅】副業Webライターの業務フロー

ここでは、Webライターが主にプロジェクト案件(仕事)を受注した場合の基本的な仕事の進め方を紹介します。

クライアントによっては、マニュアルを用意してくれている場合もあるので、その際はクライアントの指示に従って作業を進めましょう。

①Webブラウザ上位記事のリサーチと分析

クライアントが提示したKW(キーワード)で検索をかけ、上位10記事程に目を通します。

検索結果で上位に出てくる記事は、検索エンジンがユーザーにとって有益であると判断した記事であり、検索上位にある記事はユーザーによる閲覧回数が多くなります。

そのため、Webライターは検索エンジンに質の良い記事と判断される執筆を行う必要があり、これをSEOライティングと言います。

SEO記事を作成するためには、指定したKWでどのような記事が世の中で読まれているのかを確認し、ユーザーが必要としている情報をリサーチします。

リサーチを行う際は、以下のことを意識するとやりやすいので参考にしてみてください。

  • 上位10記事の内容
  • 必要な情報
  • 不足している情報
  • 見やすい表記(表や箇条書きなど)

これらの情報に注目しながら、上位の記事を読み進めていきましょう。

②記事の構成を作る

本文を執筆する前には、構成案が必要です。

構成案はWebサイトを構築する言語・HTML方式の見出しタグで表記します。

hタグを使って見出しを表記することで、クライアントにもわかりやすく構成案を提示することが可能です。

見出しは<h1>から<h6>まで表記でき、数が小さくなるほど階層が高く、内容も深堀りしたものになります。

構成案の例【例】この記事の場合
<h1>タイトル<h1> <h2>大見出し<h2>  <h3>中見出し<h3>   <h4>小見出し<h4><h1>【未経験・週1】在宅で始める副業にはWebライターがおすすめ!始め方・稼ぐコツなど<h1> <h2>在宅での副業におすすめなWebライターとは<h2>  <h3>Webライターの仕事内容<h3>

構成案をクライアントに提出することで、クライアントの要望を確認することができます。

まずは、クライアントが何を求めているのかを意識し、リサーチした結果を盛り込んで構成案を考えましょう。

また、Googleで検索をかけたときに知りたい情報が全て一つの記事に記載されていたら、ユーザーとしても楽ですよね。

構成案を作るときは、以下のことを意識しましょう。

  • クライアントの求めていることを把握する
  • ユーザーが必要としている情報を網羅する

クライアントとユーザーが求めていることを意識して、構成案を作成しましょう!

③本文を執筆する

下記を意識して、実際に記事を作成します。

  • 読みやすい文章で、簡潔に(難しい言葉や専門用語を多用しない、長過ぎる文章はNG、など)。
  • ターゲットを絞り、KWを意識して執筆を行う。

Web記事は、簡潔でわかりやすい文章が好まれます。

多くのユーザーは、電車の中や空いた時間にWeb記事を読む場合が多いので、負担にならずにサクッと読める記事を意識します。

また、ターゲットを明確にし記事内にKWを多く盛り込むことでSEO的にも評価が高くなる傾向があるので、くどくなりすぎない程度にKWを散りばめましょう。

④ディレクターなどにチェックをもらう

書いた記事は、ディレクターやクライアントにチェックをしてもらいます。

文章が破綻している、言い回しがくどいなど、自分の悪いところは自分では気付きにくいものです。

第三者にチェックをもらうことで、自分のスキルアップにもつながります。

⑤クライアントに最終提出

完成した記事を、クライアントに納品します。

納品方法は、クライアントに指定された方法(Googleドキュメント、Word、WordPressなど)で行います。

納品が完了すると報酬が支払われ、契約は終了です。

その後、クライアントから声がかかると、継続的に案件を任せてもらえます。

【未経験・週1でも】在宅で副業Webライターを始めるメリット

ここでは、Webライターが副業に向いているといえるメリットをお伝えします。自分の求めている副業に当てはまるか見極める参考にしてみてください。

パソコンがあればできる

Webライティングの仕事は、パソコンと通信環境があれば開始できます。

パソコンの性能は追求すると良し悪しはありますが、現在使用しているパソコンでも十分に対応が可能です。

また、新しくパソコンの購入を考えている場合、6~10万円程度のパソコンで検討してみると良いでしょう。

柔軟に仕事を進められる

Webライターの仕事は全て在宅で行えるので、受注した案件の納期を守れば、自分のスケジュールで仕事を進められます。

また、「今月は忙しい」「今月は時間に余裕がある」など仕事の量も自分で調整できます。

自分のスキルと予定に合わせて、柔軟に対応していくことが可能です。

スキル・知識を深められる

記事を執筆する際にリサーチを行うので、自分の知らなかった知識を得ることができます。

また文章を書くことができる人は沢山いますが、良い文章を書くことができる人はそう多くありません。

ライティングスキルを上げることで、仕事も収入も増やすことができます。

未経験から在宅で副業Webライターを始めるデメリット

副業Webライターには、メリットがある反面、もちろんデメリットもあります。

Webライターを副業に考えている場合は、デメリットも理解し納得したうえで開始しましょう。

最初から稼げるわけではない

Webライターは、最初はあまり稼げません。

実績ができるまではなかなか案件を受注できないケースもあります。

また、初心者歓迎の案件は文字単価も低い場合が多く、Webライターとしての収入が月2万円以下という人も多いのが現状です。

Webライターの仕事に慣れるまでは、労力に対して数百円~数千円の報酬しか受け取れない場合もあります。

実績とスキルがなければ、別のアルバイトをした方が遥かに良かったりもするので、最初は実績作りと割り切ってタスク案件などをこなしつつ、クラウドソーシングサイトの使い方に慣れる時間と捉えることも大切です。

ブログを開設している人は、ブログ記事も実績として提出できるので、先にそちらを充実させるのも一つの方法です。

時間はかかりますが、続けていくことで収入も上がっていきます。

他の応募者に負ける可能性が高い

案件を獲得するには、選考を通過する必要があります。

Webライターは誰でも手軽に始められる分、ライバルも多いです。

また、好条件の案件は、未経験者が獲得するのが難しく、最初は文字単価の低い案件しか受注できない場合があります。

しかし、Webライターは書けば書くほど実績とスキルが身につくので、高単価案件の獲得まで長い目で見ることが大切です。

その時の自分に合った案件をこなしながらスキルアップに努め、高収入に繋げていきましょう。

時間的な余裕がなくなる

Webライターは、作業に慣れるまでは納品までに時間を要する仕事です。

リサーチに加え、タイピングの速さなどで作業時間は大きく異なり、Googleドキュメントやスプレッドシート、WordPressといった納品ツールを使ったことがない場合は、そのツールの使い方を覚えるのにも時間を要する場合もあります。

しかし、言い換えれば、慣れてしまえば作業効率が上がるということです。

リサーチやタイピングの速度を上げ、ツールが問題なく使えるようになれば、一つの案件にかける時間も短縮されます。

最初は収入に繋げるために数をこなさなければと思うかもしれませんが、体を壊してしまっては本末転倒です。

睡眠時間はしっかり確保することをおすすめします。

最初は焦らず、余裕を持って案件を獲得し、慣れてきたら案件を増やしていきましょう。

未経験者が在宅で副業Webライターの仕事を見つける方法

在宅でWebライターの仕事を見つけるには、いくつか方法があります。まずは、未経験者でも案件を獲得しやすい方法からはじめて、徐々にステップアップを図りましょう。

クラウドソーシングサイトに登録する

Webライターの副業を始める場合、クラウドソーシングサイトに登録する人が多くいます。

クラウドソーシングサイトとは、仕事を発注するクライアントと受注するワーカーを仲介するサイトです。

ライター以外にも、プログラミングやWebデザインなど多岐にわたる案件が投稿されています。

下記のサイトは利用者が多く案件も多いので、Webライターを始めた際に登録しておくのがおすすめです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

求人サイトから応募する

Webライターの求人募集は、Indeedやタウンワークなどの大手求人サイトでも探すことができます。

求人サイトで応募する場合は、時給制と出来高制の業務委託の2つのパターンがあり、副業の場合は出来高制の業務委託の案件への応募がおすすめです。

時給制の求人は最低勤務日数が決められている場合があるので、応募の際は注意しましょう。

未経験から在宅で副業Webライターを始める手順

Webライターの仕事を始める手順や、揃えておくべき物などを紹介します。Webライターの仕事は、効率よく進めることで収入を増やすことができるので、参考にしてみてください。

①パソコンとネット環境を整備する

Webライターにとって必須となるパソコンですが、ハイスペックな物は必要ありません。

新しくパソコンを購入する場合は、作業効率を考え下記の使用やスペックを目安に検討してみるといいでしょう。

ノートパソコン・外出先でも作業ができる・家の中でも場所を問わず執筆が可能
デスクトップ・ノートパソコンよりも価格が低い傾向がある・周辺機器の増設がしやすい
ノートPCサイズ特徴
14インチ以下・軽い
15インチ以上・作業しやすい・目が疲れにくい
特性スペック特徴
CPUPCの頭脳ともいえる中心パーツ制御や演算を司るCore i 5(Intel)Ryzen5(ADAH)以上※ライティングに関してはメーカーに大差はない・世代により作業スピードに違いが出てくる
メモリー作業机にも例えられるPCの作業スペース同時に行える作業量に違いが出る8GB以上・容量が不足するとPCの動きが鈍くなる
ストレージ(SSD)データを記憶する容量256GB以上・仕事の特性上、データを保存しておく場合が多いので、ある程度の容量があると作業がしやすい

デスクトップかノートパソコンで迷ったときは、持ち運ぶかどうかと価格に注目してみましょう。

一般的に14インチ以下のノートパソコンが外出向きですが、検索をかけながら執筆することが多いWebライターの仕事は、画面が大きい方が作業がしやすいと言われています。

タブレットやスマートフォンだけでの作業は、効率が下がり画面が小さい分、目の疲れも出やすくなるのであまりおすすめしません。

OSはWindows、Macどちらでも問題なく作業できます。

2つのOSの違いとして、下記の様なことが挙げられるので参考にしてみてください。

WindowsMac
・Microsoft Officeが元々入っている製品がある・Windowsを使っている人が多く、パソコン操作などの不明点を検索しやすい・他のApple社の製品と連携、同期しやすくAppleユーザーは作業がしやすい傾向がある・買い替え時の下取り価格が他社製品より高くなる可能性がある

納品時にWordを指定されるクライアントもいるので、Microsoft Officeを入れておくと仕事の幅が広がります。

入っていない場合は、後から購入して入れることも可能です。

国内、海外のメーカーで迷った時は、お好きなメーカーのパソコンで問題ありません。

海外メーカーのパソコンの方が安価なことが多いですが、冊子の説明書がついていない場合が多いので、冊子が必要な方は事前に確認が必要です。

タイピングのしやすさなど、使用感に関する事柄は、家電量販店などで実際に触ってみると良いでしょう。

これらを総合的に判断し、自分が作業しやすいパソコンを使いましょう。

②Webライターに打ち込める環境を作る

最近では、自宅にネット回線を設置しているご家庭も多いと思います。

外での作業が多い場合は、ポータブルWi-fiを使うのも良いでしょう。

パソコンと通信環境が整えば、第一段階はクリアです。

続いて、作業環境を整えます。

  • 作業時間を確保する
  • 椅子とデスクを用意する
  • 集中できる環境を作る
  • パソコンスキルを向上させる
  • ライティングスキルを取得する

副業でWebライターを行う場合、作業時間の確保が課題となる場合が多いので、時間の融通がきかない場合は周囲の人との調整が必要です。

パソコン作業で体に負担がかかる人は、作業する椅子やデスクを見直すことで効率が上がる場合もあるので自分が作業しやすい環境を整えましょう。

Webライターは独学で行うことも可能ですが、ライティングスキルの取得などは独学よりもスクール等を利用したほうが早い場合もあります。

早めのスキル取得は早めの収入アップにも繋がるので、必要に応じてライティングの勉強を取り入れて収入アップに繋げるのもおすすめです。

③案件を探して受注する

準備が整ったら、さっそく案件探しに取り掛かりましょう!

案件を探すには、主に下記の方法があります。

  • クラウドソーシングサイトに登録する。

   クラウドワークス・ランサーズなどに掲載されている案件に応募する。

  • 求人情報を探す。

   ライターとしての案件は多くはありませんが、Indeedなどの求人サイトでライターを募集している場合があります。

  • スキルシェアサービスを利用する。

    ココナラなどスキルを売買できるサイトで、ライターとしてのスキルを出品し、依頼を待つ(応募することも可能です)。

案件には主に3つの種類があります。

タスクレビューや口コミなど、単発、短時間作業で完了する案件。クライアントとの契約は行わず、低単価の案件が多い。
プロジェクトWeb記事や書籍の作成。テストライティングを行い、採用されれば案件を獲得できる。クライアントと契約を交わし、期日までに納品を行う。
コンペキャッチコピーや商品名等の提案。単価は高いが、採用されなければ報酬は¥0。

副業として収入面を考えるのであれば、プロジェクト案件に応募しましょう。

とはいえ、初心者が案件を獲得するのは難しいので、初めはタスク案件など選考不要の案件から実績を積み上げつつプロジェクト案件にも積極的に応募していくのがおすすめです。

プロジェクト案件は長期契約や継続案件、タスク案件よりも単価の高いものが多いので、メインの収入源がプロジェクト案件に安定してくると収入も安定してきます。

無理のない範囲で、進めていきましょう。

未経験者が在宅の副業Webライターで稼ぐコツ

初心者Webライターが、案件を獲得しやすくするためにいくつかのポイントがあります。案件獲得に難航した際は、下記の事柄を見直してみてください。

充実した自己PRを書く

自己PRは、履歴書の役割を果たすので、充実しているに越したことはありません。

自分の得意分野を明記しておくと、相手にもわかりやすく、本業や前職の経験も優位に働く場合があります。

可能な限り下記項目は記載しておくといいでしょう。

  • 年齢
  • 得意分野(職業、趣味など)
  • 保有資格
  • 経歴

ブログを開設してポートフォリオにする

自己紹介と同様、自分のアピール材料となるのがポートフォリオという自分の作品集です。

Webライターを始めて案件を獲得するのが困難な場合は、ブログが役立ちます。

ブログ記事はポートフォリオとして利用することができるので、早めに実績が作りたい場合におすすめです。

ブログ開設のメリットは

  • 実績になる
  • 執筆練習になる
  • 専門性を高め、ブランディングすることができる

一方下記のようなデメリットもあります。

  • 個人情報の流失の危険性
  • 悪質なコメントの投稿をされる場合がある
  • 更新や結果が出るまで時間がかかる

Webライターの仕事は、ポートフォリオが無くても始められますが、自分をアピールする材料の一つとして用意しておくと有利に働きます。

数をこなす

Webライターは、数をこなしてリサーチ能力、タイピング速度などのパソコンスキルを上げることで一つの案件にかかる作業時間を短縮でき、実績を増やせます。

また、多くのクライアントは修正を行ってくれるので案件数をこなし、その分のフィードバックがもらえれば自分の癖や苦手な箇所を客観的に知ることができます。

ライター登録会社・企業のライター募集ページからも応募してみる

Webライターとして活躍する方法の一つが、ライター登録会社や企業のライター募集に応募する方法です。

登録や採用には審査がありますが、編集部を介在することで搾取案件トラブルなどに発展しにくく、自分の条件に合った案件を紹介してもらえるので案件獲得までの時間と手間を減らせます。

ここで、おすすめのライター登録会社を三社、紹介します。

  • 株式会社EXIDEA
  • Webライターズバンク
  • 株式会社YOSCA

上記の中には、Webディレクターを同時に募集している会社もあるので、ライターから着実にスキルアップを図ることも可能です。

得意なテーマを確立する

副業でWebライターを始める際、自分が執筆しやすいテーマを確立しておくと効率よく案件をこなせるでしょう。

テーマを確立することで、その分野の知識が増えリサーチに時間を割かずに執筆ができるようになります。

また、Web記事において専門家監修の記事などは信憑性が高いと評価されるため、本業などで専門知識を持ち合わせていれば、好条件の案件獲得に有利です。

在宅の副業Webライターを行う際に注意すること

副業Webライターを行う際は、いくつかの注意点があります。社会人としてのマナーに関わってくる部分でもあるので、しっかりと確認しましょう。

納期は必ず守る

Webライターの仕事には、納期が設けられている場合が多いです。

クライアントはチームで動いている場合もあり、納品が遅れることでチームの仕事の遅延に繋がります。

納期に遅れそうな場合は社会人のマナーとして、必ず先方に報告を入れましょう。

著作権侵害は厳禁

Webライターが最も注意すべき点は、著作権の侵害です。

他人の書いた記事をコピペ(コピー&ペースト)して利用するといった行為は著作権の侵害に当たり、ライターとクライアント双方に罰則が課せられる可能性があります。

多くのクライアントは納品後コピペチェックを行いますが、無料で使えるコピペチェックツールもあるので、案件を納品する前に自分でもチェックすると安心です。

他人の作品の盗用は、絶対に行わないようにしましょう。

会社に副業禁止規定があれば注意

例え、少額の収入でも、本業で副業が禁止されている場合は会社に確認してから行動しましょう。

どんな形でも所得が発生すると、住民税の納付義務が発生します。

会社に黙って始めたとしても住民税の通知は会社に届くので、住民税の金額が上がり雇い主に副業を気付かれるリスクがあります。

会社の副業禁止規定に反すると、会社で処分を受ける場合もあるので注意が必要です。

副業は認められているが、Webライターとして活動していることを隠したいのであれば、以下の方法で周知される状況を回避できる可能性があります。

  • 住民税の支払い方法を「普通徴収」にする。
  • ペンネームで活動する。
  • 本業から離れ、別の分野で記事執筆を行う。

副業所得が「給与所得」以外であれば、副業分の住民税を「普通徴収」にすることで自宅に納付所が届き、自分で納付することができます。

基本的に個人で活動するWebライターの収入は「雑所得」に分類されますが、Webライターとして会社に所属するなど「給与所得」となる場合は、住民税の納付は「普通徴収」を選択できないので注意が必要です。

所得が20万円を超えると確定申告の必要がある

副業Webライターの年間所得が20万円を超えると、確定申告が必要となります。

また、所得が20万円以下であっても、確定申告をした方が良い場合を以下にまとめました。

  • クライアントから源泉徴収をされた場合

確定申告をすることで、必要以上に納めた税金が戻ってくる可能性があります。

  • Webライターの仕事をする中で経費が発生した場合

調査費や交通費など経費として計上できるものを申告することで、課税対象の所得金額を抑えることができます。

確定申告を怠ると損をする、あるいは脱税とみなされてしまう場合もあるので、自分が申告が必要かは必ず確認しましょう。

【クラウドワークスより】在宅でできる副業Webライターの案件・求人例

では、実際にクラウドワークス上には、どのような案件が公募されているのでしょうか?

ここでは、その一例を紹介します。

夫婦の浮気問題についての記事作成

https://crowdworks.jp/public/jobs/9758373
契約金額4,000円(文字単価0.5円)/1記事
文字数8,000文字/1記事
執筆ジャンル住まい・生活
求める人物・恋愛、結婚に関する執筆経験がある方・恋愛、結婚に関する相談を受け、答えられる方・人に説明するのが得意な方・調べる事が好きな方・文章を書くのが好きな方
納期2週間程度

金融・美容などのライティング

https://crowdworks.jp/public/jobs/9740987

↓変更

【ママさんワーカー・駆け出しの方も歓迎!】8割以上ママさんワーカーのチームで記事の構成(見出し案)を作成いただける方を募集のお仕事(オウンドメディア・ブログ記事作成) | 在宅ワーク・副業するなら【クラウドワークス】 [ID:10060100] (crowdworks.jp)

契約金額 1,500円/1記事
文字数 1,500文字
執筆ジャンル 美容・コスメ
求める人物 ・週5本以上納品可能な方・論理的に見出しを組み立てられる方・不明点を自分で調べ、事実に基づいた執筆ができる方
納期 先方に要確認

カードローンに関する記事作成

https://crowdworks.jp/public/jobs/9729693

契約金額 文字単価5.0円
文字数 10,000~30,000文字
執筆ジャンル 金融
求める人物 ・SEO記事の執筆が可能な方・カードローンに関する知識が豊富な方・カードローンに関する記事執筆の経験者・丁寧かつ詳細に執筆できる方・その他マネー系記事の執筆経験が2年以上の方
納期 先方に要確認

在宅の副業Webライターに関してよくある質問

初めてWebライターを行う際、疑問点が多いかと思います。疑問がある場合は解決し、自分が納得した上で仕事を開始すると、スムーズに作業を行うことができます。

副業Webライターをやってみた人の口コミ評判は?

副業でWebライターを始めた人たちの口コミ評判はどうなっているでしょうか?

投稿された良い点と悪い点をそれぞれまとめてみました。

良い点

  • 誰にでも始められる
  • スキルアップが見込める
  • 本業にも良い影響がある
  • 執筆した分だけ収入に繋がる

悪い点

  • 最初はコスパが悪い
  • プライベートの時間が無くなる
  • 悪質なクライアントがいる
  • 継続案件を受注するのが難しい

本業でもコスパを意識したり、プレゼンや書類作成が上手くなるなどの成果がある人も多いようです。

副業でWebライターを始める場合、執筆時間の確保が難しいですが、作業に慣れて文字単価を上げていくことで短時間で高収入を得ることもできます。

Webライターは簡単に始められる分、成果を出すには諦めずに続けることが大切です。

Webライターに向いているのはどんな人?

自分はWebライターに向いているかわからず一歩踏み出せない人もいますよね。

Webライターに向いているであろう人の特徴を下記にまとめたので、参考にしてみてください。

  • 文章を書くのが好きで自分の執筆に責任が持てる人
  • 在宅や場所を選ばず仕事がしたい人
  • 一人で黙々と作業するのが好きな人
  • 時間に融通が利く副業がしたい人
  • 自分のスケジュールや税金の管理ができる人
  • オンライン上で人とコミュニケーションがとれる人
  • Web掲載に抵抗がない人
  • 時間が拘束されることに対し、周囲の理解が得られる人
  • 収入に繋がるまで、長い目でみることができる人
  • PC作業が苦にならない人
  • 幅広く新しい知識を得たい、検索が好きな人

Webライターとして稼げるようになるには、長期的に取り組む必要があります。

また、最初は選考に落ちて気を落とす方もいるかもしれませんが、次へと切り替えられるメンタルも必要です。

Webライターをやめておけと言われるのはなぜ?

Webライターをやめておけと言われるのは下記のような理由が考えられます。

  • 低単価案件が多い
  • 時間がかかる
  • テストライティングに通らず、仕事が得られない
  • スケジュール管理が大変
  • ライティングスキルの学習が必要

Webライターをやめておけと言われる一番の理由は、収入面かと思います。

Webライター初心者の場合、低単価で時間がかかる案件しか受注できない可能性があり、労力に対して雀の涙ほどの報酬しか得られずに辞退する人も少なくありません。

また、自分の執筆に自信が持てず一つの案件に時間を割きすぎたり、自分でスケジュールを管理するのに慣れておらず納期に追われる人もいます。

確かにWebライターは、収入が安定してくるまで苦労する人が多い傾向があります。

しかし、大変な時期を乗り越えてWebライターの収入だけで月に100万円以上など大きな金額を稼いでいる人がいるのも事実です。

副業Webライターとして、月1~5万円ほどを稼いでいる人が多いので、根気よく続けていけば無理なく本業+αの収入を増やせる可能性があります。

Webライターは大学生でも始められる?

Webライターは誰にでもできるので、応募条件を満たせば大学生でも始められます。

手順は今まで紹介した方法と変わりませんが、親の扶養に入っている場合は注意が必要です。

Webライターの収入は「報酬」、つまり「雑所得」となるため、扶養から外れてしまう年間所得が「給与所得」の場合と異なります。

一般的なアルバイトなどの収入給与所得 Webライターなど報酬収入雑所得
扶養範囲内 年間所得 ~103万円 年間所得 ~48万円

上記の金額を超えると扶養から外れて、税金の納付義務が発生します。

また、個人事業主であるWebライターは、年間所得が20万円を超えると確定申告が必要です。

大学生や主婦の方で、扶養の範囲内で働きたい場合や確定申告を回避したい場合は、一般的なアルバイトに比べて収入が大幅に減るのでよく考えてから行動しましょう。

しかし、Webライターとして活躍すると税金のことがわかり、PCスキルや社会人になってから役立つノウハウが習得できるメリットもあります。

また、時間に余裕がある学生のうちにWebライターとしての実績を作り、卒業後に副業として続けることも可能です。

在宅のWebライターから正社員に転職できる?

正社員としてWebライターを募集している企業もあります。

数は少ないですが、未経験可の正社員募集を行っている企業もあるので、転職サイトなどから応募してみると正社員への道が開ける可能性もあります。

【まとめ】在宅でできる副業としてWebライターをやってみよう

今回は副業におすすめのWebライターに関して簡単にまとめてみました。

パソコンと通信環境があれば、いつでもどこでも始められるWebライターは作業の自由度が高く、スキルアップを図る楽しさもあります。

正直、最初は辛いです。

筆者自身、姿勢の悪化や寝不足で体を壊すのではと思いましたし、家族にも作業時間確保のために協力してもらいました。

未だその状況が変わったわけではありませんが、自分のペースを守り少しづつ続けて来たことで、駆け出しの2か月よりは書き方なども何か掴めてきた気がします。

Webライターのメリットとデメリットを知り、長期的な目で仕事の収入と幅を広げていける人はぜひ、副業としてWebライターをやってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大阪勤務が可能な未経験可のWebライター求人など
  2. 主婦のWebライター収入アップのコツのアイキャッチ画像
  3. webライター講座 SHElikesの口コミ評判

目次